1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【大阪メンバーインタビュー】吉田有希(大阪) 〜 本気のサークル集団のインターン?!大学3年生にとっての「クライアントファースト」と は?! 〜


今年の5月末に大阪支社に入社して、

入社5ヶ月目で組織の文化に貢献する役職に就任した大学3年の吉田有希さんにインタビュー!

アッドラストに入社してみての発見したことや、今後アッドラストでの野望などを語ってもらいました!

今回の内容は、、

・入社の経緯

・アッドラストで働いてみて

・東西のメンバーについて

・今後の目標

など盛り沢山の内容です!!


Q1. アッドラストに入る前にどのようなことをされていたんですか?

私は大学から使い終わった教科書を通して途上国の学生を支援するSTUDY FOR TWOという学生団体に所属していました。その団体で支部長を務めていました!

支部長を務めているとき、後輩にやや怖がられたりして上手くまとめられなかったんですよね。笑

目の前のことに集中して周りが見えなくなっていたことが原因かもしれないです。

また、約1年間留学していました。

昨年は、ベトナムに3ヶ月、オーストラリアに7ヶ月いました!

ちなみに、ベトナムに行った目的は海外でのインターン経験を積みたかったことで、

オーストラリアに行った目的は語学留学です。


Q2. とってもアクティブですね!吉田さんがアッドラストでインターンをはじめようと思ったきっかけはなんですか?

STUDY FOR TWOを立ち上げた尊敬している先輩が別の長期インターンをしていて、

とてもかっこいいと思っていました!

また、大学3回生になり授業も減って、

緊急事態宣言が終わりそうというタイミングで、

何か新しいことに挑戦したいとうずうずしていたんです!

そんな時、登録していた長期インターンサイト経由でアッドラストからオファーを頂いたんです!

アッドラストのtwitterやインスタグラムの投稿を見てとっても楽しそうなインターンだと感じ、惹かれました。

そして、就活にも繋がるかなと少し思いましたね。笑

社会人になる前にインターンを経験したら何かしら自分の糧になるんじゃないかと!




Q3. アッドラストで実際に働いてみてどうですか?


自分の理想の社会人に近づくための糧になっています!

最近はリーダーのような役割の役職に就任して周りを見ることが増えました!

ただ新メンバーが馴染みやすいかだけではなく、

新メンバーがクライアントから信頼される仕事をできているかまでを考え行動しています。

例えば、新メンバーの業務報告にも目を向けます。

そして大阪メンバーがとにかく大好きです!

みんなが支え合っていて、みんながみんなを気にかけて声かける環境が本当に魅力的なんです。

新しく入社したメンバーの小さな成果を喜んだり、

昇格を意気込むメンバー手厚いサポートをしたり、

この上なくあったかいんです!

そして、勝負事には熱いです!!

本気のサークル集団という雰囲気が自分に合っています。


Q4. アッドラストには東京にもオフィスがありますね。東京メンバーと関わりはありますか?

東京メンバーからもたくさん刺激を受けています!

アッドラストは東京と大阪で成績を競う東西対決というものがあるんです。

だからこそ、東京メンバーのテレマの成績を見て焦ることもあります!

自分を奮い立たせてくれる存在です。

尊敬する対象でもあり、いい意味で「ライバル」でもあるんです。笑

社内行事であるAPOで東京メンバーに会えることも楽しみです!!

東京メンバーがいることで、よりハイレベルな競い合いができていると思うと、

こんな環境を作ってくださった社長はすごいなとも思います!


Q5. 吉田さんは入社6ヶ月目ですが、アッドラストでの今後の目標はありますか?


私は「クライアントファースト」でありたいです。

クライアントのことを第一に考え、クライアントに喜んでいただける仕事をしたいです。

どれだけリードを獲得できても、その質が悪かったりミスがあれば、

クライアントに迷惑をかけることになり、会社自体の信用も下げてしまうことになります。

信頼、信用は崩すことは簡単だけど、積み上げていくのは時間も労力もかかります。

今こうして長い付き合いができている企業さん(クライアント)は、

私たちの先輩方が作ってくれた信頼を元に成り立っていると思います。

だからこそ、私たちもその信頼を崩すことなく、また後の世代にも繋げられるようにと思って、クライアントのことは大事にしたいです。

また、これを継続していくことで、私たちのマーケティングの質も自ずと上がっていくと考えています。


Q6. Free Style Ticketも本格スタートして、これからアッドラストに興味を持ってくれる大学生が増えると思います!

今後入社を考えている大学生にメッセージはありますか?

アッドラストでは頑張った分だけ、昇給や昇格といった形で自分に返ってきます。

なので、「どれだけ自分が本気になれるか」が大事だと思っています。

また、リアルに社会人と変わらない経験をできるので、自分が社会に出る前に社会人レベルを上げることができます。

けれど最終的に、「アッドラストが好き」「とにかく楽しい」ということに落ち着きます。

onとoffの切り替えができ、休みの日にはメンバー同士で遊びに行ったりするくらい仲が良いので、

尊敬できる仲間と共に高みを目指して本気で楽しく働きたい、という人にはぴったりなのかなと思います。



最後に

いかがでしたか?

吉田さんの「クライアントファースト」という考え方に刺激を受けた方も多いのではないでしょうか。

吉田さんの本気で楽しみながら働く姿勢、とても素敵ですね!

株式会社アッドラストでは一緒に働く仲間を募集しています!

大学1、2年生も大歓迎です!

是非ご応募ください!オフィスの見学も大歓迎です。

株式会社アッドラストでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう