1
/
5

【社員インタビューvol3】やりたいことを後押しできる環境を。経営企画室長が大事にしていていることとは

社員インタビューvol3の今回は、経営企画室・室長の丸山さん!ボールドライトの組織づくりにも力を入れている丸山さん、普段の業務内容からボールドライトで実現したいことなど伺いました。

― 普段、どのような仕事をしているのですか?

管理部業務や、予算など事業の中長期計画策定、アライアンス関連、親会社の上場準備業務、採用面接など幅広く担当しています。また最近は、福利厚生の充実など従業員が働き続けたいと思えるような組織づくりにも力を入れています。

― ボールドライトに入社したきっかけは何ですか?

M&Aアドバイザーをしていた時からボールドライトの創業メンバーとは認識がありました。その後僕自身はブロックチェーンを開発する企業で働いていたのですが、会社のサービスとしてそのサービスを利用する人々が目に見える自社サービスがある企業で仕事がしたいと思い、ボールドライトに入社しました。― 丸山さんが考えるボールドライトの魅力は何ですか?

個々のカラーを尊重する環境

仕事を含め人生経験豊富な人が多く、個々のカラーを尊重する雰囲気だと思います。経営層との距離も近く、会社としても挑戦していきたい人を後押しするような姿勢を持っているので、自分のやりたいことを提案・実現していけるチャンスがあるのも魅力だと感じます。

現在のお仕事のやりがいは何ですか?

今は、幅広い業務に携われることがやりがいに繋がっています。幅広いからこそ、計画的に進めなくてはならないプレッシャーはありますが、自分が今まで経験してこなかった取り組みなど様々なことに関われることは楽しいですね。

やりたいことを後押しできる環境に

― 経営企画室の仕事で特に大事にしていることは何ですか?

管理側の業務だけでなく、営業側としての業務も発生するため、双方の業務に合わせたスケジュール調整を意識しています。当たり前のことではありますが、ボールドライトが会社として機能するような事業を拡大していくためにも、メンバーの動きに目を配り、他の人が手が回っていない時にサポートするなど、積極的に動くことは大事にしています。



― 今後のキャリアプランやボールドライトで実現したいことは何ですか?

会社としてこれからどんどん新しいことを進めていく段階なので、いつでも新しいことができる環境の基盤づくりをしていきたいです。収益も安定し、中長期的に見ても成長できる基盤をつくることで、新しい人が入社した時もやりたいことを後押しできる環境にしていきたいなと思います。

― 最後に、どんな人にボールドライトの仲間になってほしいですか?

これがしたいという思いを持っている人や、前の会社で叶わなかったことをボールドライトで叶えるんだと前向きにチャレンジする姿勢を持った人が入ってくれたら嬉しいです。

ボールドライト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう