1
/
5

【社員インタビューvol2】ずっとプログラマーであり続けたい。開発ユニットリーダーの思い

社員インタビューvol2は、開発ユニットリーダーの原田さん!キャリアに対する思いや、ボールドライトで働くことの魅力などを伺いました。

― 普段どのような仕事をしているのですか?

プラチナマップやスタンプラリーなど自社サービスの開発を行なっています。プラチナマップに関する開発が9割程度ですが、合わせて委託開発(依頼されたサービスやアプリの開発)を行なっています。

ー 原田さんはボールドライト前身からのメンバーですが、当時はどのような思いで転職を決められたのですか?

そうですね。これまで約20年間プログラミングに携わってきましたが、そのうち15年間程はお客様の依頼に沿った開発業務がメインでした。けれど、もっと自社サービスの開発に携わりたいと思ったことを機に転職を始め、2017年にボールドライト株式会社の前身であるDeaps Technologiesに入社しました。

― ボールドライトは創業から約2年経ちましたが、この2年間でボールドライトはどのように変化したと思いますか?

変わったことと言うと難しいですね。良い意味で、今も変わらないのは社員同士の交流やコミュニケーションを大事にする雰囲気ですかね。最近はなかなかできていないですけど、コロナ禍前は社員全員で伊豆にワーケーションをしに行ったりしていました。最近ではオフィスの一角に駄菓子コーナーを作ったりと社員同士がコミュニケーションを取れる空間は変わらずあると思います。

作るだけでなく、自らサービス改善に関われる

― ボールドライトだからこそできることや、働く上での魅力は何ですか?

会社として規模が大きくなっていく段階なので、常に新しいことに挑戦できる会社だと感じますね。エンジニアで言えば、フロントエンドからバックエンドまで任せられるだけでなく、アプリもwebもサイネージもloTも何でもやれるし、やってもらう環境です(笑)

あとは、プラチナマップといった自社サービスを持っているからこそ、サービスを作り上げていく楽しさは感じることができると思います。言われることをやるだけの雰囲気ではないので、作っていく中でサービスの改善点があれば提案することもできますし、より自分の物としてサービスを作ることができるところはボールドライトの強みであり魅力だと思います。

― 仕事をする上で、大事にしていることは何ですか?

一番はミスをしないということです。そのためにも、コミュニケーション不足がないようにしっかりと伝えることを意識しています。また、何かしらのプログラム処理を行なった場合は、第三者がみてもわかるように、なぜその処理を行なったかという理由を記すようにしています。

プログラマーであり続けたい

― 今後実現したいことや、理想のキャリアプランは?

自分のキャリアとしてはずっとプラグラマーであり、常に手を動かして楽しいものを作っていきたいです。ボールドライトで実現したいことと言うと、プラチナマップをベースとしたサービスを展開してきて、徐々にお客様も増えてきたので、今後はよりサービスの質を上げるための性能改善を行い、お客様に満足していただけるサービスにしていきたいです。会社が大きくなるにつれ人数も増えていきます。それにともない「まとめ役」を求められているので、これについてもしっかりできるようになりたいです。


― 最後に、どんな人にボールドライトの仲間になって欲しいですか?

真面目に仕事をするというよりも、妙なこだわりがある人や、探究心がある人、お互いが刺激になるような人と働きたいです。言うなれば、ちょっと変態な人(笑)何も刻印がないキーボードを好んで使う人とか、気になることがあればすぐ調べて何か作っちゃう人とかと一緒に働きたいなと思いますね。

ボールドライト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう