1
/
5

【IA People #33】インフィニティエージェントに惚れました

みなさんこんにちは!人事の藤田です!

インフィニティエージェントで働くメンバーのインタビューをお届けしていきます!

今回は、新卒4期生としてフィンテック事業部にジョインした中島さん。熱意あるメンバーが多く揃うフィンテック事業部の中でも一際熱く、同期を引っ張る頼もしい存在です。

そんな中島さんが思い描くインフィニティエージェントの将来像とは…?

ー中島さんの学生時代はどんな学生でしたか?またインフィニティエージェントに入社を決めた理由を教えてください。

中島 僕は小学校から大学までひたすらサッカーをしているサッカー馬鹿でした(笑)生活の中心にはサッカーがあり、部活に行くことが楽しみでしょうがない、そんな学生でした!

大好きなサッカーでお金をもらえる程の実力はなかったので、就活をして、サッカーと同じ熱量で働ける会社を探していました。その中で僕がインフィニティエージェントに入社した理由は、説明会でお会いした社員さんたちが他社では感じられなかったあるものを持っていたからです。自社に対する「誇り」です。

正直、就活をしている中で成長できる会社や抽象的な表現になりますが、キラキラしている会社はありました。ただ「ここに入社したい!」と決定付ける何かが足りず、就活を続けていました。そんな中インフィニティエージェントの説明会に参加した時に、社員さんが本当に楽しそうに自社の魅力を話す姿や自信に満ち溢れた表情に完全に心を奪われました。それが決定打となり、自分の直感が「ここしかない」と感じました。

僕は直感で選択して進んだ道に後悔したことが一度もありません。その直感を信じて、インフィニティエージェントに入社を決めました。

ー入社してからどんなことが大変でしたか?またやりがいを感じたことや良かったことを教えてください。

中島 僕はフィンテック事業部で営業と採用活動の2つの業務を主に行っています。入社当初は1から学ぶことが多すぎてなかなか自信を持って働くことができず、当時は正直働くのは大変なことだと感じていました。

ただ、お世話になっている先輩が「思考は現実化する」と、自信をなくしている自分に心強いお言葉を毎日のようにかけてくださいました。その言葉を胸に業務に取り組むと不思議と上手く行ったんですよね。「思考は現実化する」その言葉を行動に移すことができれば、営業や採用活動でも目標を達成できます。その瞬間はやりがいを感じられます。

ー今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?ご自身のキャリアプランなど教えてください。

中島 生意気だと思われると思いますが、管理職になります。営業の成績はもちろんですが、当たり前のことを徹底して行動できる見本となる働き方をしていきたいです。

会社の方々に「あいつになら任せられる」と満場一致で認められるような社員になります!

ーインフィニティエージェントをどんな会社にしていきたいですか?

中島 「協調性」と「競争」が両立した環境を「楽しい」と思える会社にしていきたいと思います。ただの仲良しチームになってしまうのも良くないですし、個人の結果だけを追う自分勝手なチームになるのも良くないです。利他の心を持ってチーム全体で目標を追う中で、切磋琢磨して社員同士が競争意識がある中で仕事に取り組める会社にしていきたいです。その日常を心から「楽しい」と思える職場にしていきたいです。

ー最後にインフィニティエージェントを一言で表すなら何ですか?

中島 大好きな会社です!入社してから毎日この気持ちが増していくばかりです。一緒に働く仲間や先輩方、そして会社の雰囲気など全てが大好きです。充実した毎日を送れていることに感謝をして、会社に貢献できるよう精進していきます!

今回はフィンテック事業部の中島さんのインタビューをお届けしました。次回もお楽しみに!

株式会社インフィニティエージェントでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング