1
/
5

【IA People #19】何をやるかではなく誰とやるか

みなさんこんにちは!人事の藤田です!

インフィニティエージェントで働くメンバーのインタビューをお届けしていきます!

今回は、中途として営業チームへ入社してから毎日アポイント取得に猛進していた外丸さん。最近はお客様への丁寧な対応から、信頼の厚い営業マンへと急成長し、既存チームを引っ張る存在へ。今後がますます楽しみなメンバーです。

そんな外丸さんが営業という仕事を通して感じることとは…?

ー外丸さんの学生時代はどんな学生でしたか?また、インフィニティエージェントに入社を決めた理由を教えてください。

外丸 都内の大学を卒業後、新卒で地元の商社に勤務をしておりました。インフィニティエージェントに入社を決めた理由は、やはり人」です。

はじめは、急成長を続けるベンチャー企業と事業部自体に興味を持ったことがきっかけでしたが、インフィニティエージェントについて調べていく中で、代表をはじめ、個性豊かな社員の方々が働いていることを知り、「この人たちと仕事ができたら楽しそう」という単純な思いが、いつの間にか現実になっていました。

ー入社してからどんなことが大変でしたか?またやりがいを感じたことや良かったことを教えてください。

外丸 やりがいは常に感じています。営業という「伝える」仕事が好きなのはもちろんですが、目標達成に向けて、メンバーが鼓舞し合う社内の雰囲気がたまらなく好きです。

結果を出して嬉しい時も、結果が出なくて辛い時も、必ず誰かが声を掛けてくれる。僕がインフィニティエージェントに入って最初に感じた「やりがい」は今も変わらずここにあります。良かったことは数えきれません。ありすぎて、ありがとうでは伝えきれない程です。

ー今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?ご自身のキャリアプランなど教えてください。

外丸 会社を作ることです。入社してからは有り難いことに、働きやすい環境で仕事をさせて頂いています。おかげ様で、日々新しいことにチャレンジすることができるので、会社を創りあげてきた先輩方には本当に感謝しています。

今は与えられてばかりの毎日ですが、先輩方のように今後はチームを牽引し、プロジェクトの立ち上げにも携わることで、インフィニティエージェントに新たな変化を巻き起こすことができたら、と密かに夢見ています。

僕には「ドラえもんのような営業マンになる」という夢もあるので、やることは山積みです。

ーインフィニティエージェントをどんな会社にしていきたいですか?

外丸 「変化を恐れず新しいことにチャレンジし続け、社会に価値を人に感動を提供する企業」です。会社のビジョンそのものですが、僕自身もこの言葉が一番しっくりくると思います。

「社会に価値を人に感動を提供する企業」については、インフィニティエージェントの良さが多くの方々に広がるよう、社員として、営業マンとして伝え続けていきたいです。

ー最後にインフィニティエージェントを一言で表すなら何ですか?

外丸 青春というイメージが強いですね。社員の方々が比較的若いのも理由ですが、皆さん個性的でとにかく“熱い”です。家族よりも長い時間を過ごす仲間ということもあり、時には厳しい言葉を交わすこともありますが、それもメンバー全員が仲間や会社、お客様を思いやる「利他の心」を持っているからこそだと思います。

僕自身も本気で相手のことを思って素直に行動できる人になれるように、これからも精進していきます!

今回は営業チームの外丸さんのインタビューをお届けしました。次回もお楽しみに!

株式会社インフィニティエージェントでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう