1
/
5

【IA People #1】営業という仕事を通して感じること

みなさんこんにちは!人事の藤田です!

今回からインフィニティエージェントで働くメンバーのインタビューをお届けしていきます!

記念すべき1人目は、インフィニティエージェントの新卒1期生として大学3年生からインターンにジョイン、現在は営業チームのマネージャーとして大活躍な匂坂さん。誰よりもパワフルかつストイックに毎日の業務をこなし、社内でも一目置かれる存在です。

そんな匂坂さんが営業という仕事を通して感じることとは…?

ーまずはじめに、匂坂さんがインフィニティエージェントに入社した理由を教えてください!

匂坂 率直に様々なことが学べると思ったからですね!あとは面接の時に「起業したいです」って話した僕のことを代表が快く迎えてくれたことも大きかったです(笑)

ーなぜ「起業したい」と考えていたのにインフィニティエージェントに入社したんですか?

匂坂 そもそもあまり言ってないんですが目標がありまして、、将来は地元に貢献したいと思ってます。これは大学在籍中に小学校からの同級生である友人と決めたものです。

地元が静岡県の菊川市という人口が5万人にも満たないとても小さな町で、今後子供数の減少と高齢率の高さはさらに顕著になると思います。別に地方創生とかに興味があるわけではないんですが、単純に「100年後もこの町だけは残ってほしい」と思っているからです。

結構、地方出身でこう考える人は多いと思うのですが、なかなか行動できる人は少ないので、僕も口だけにならないようにしないといけないです。このような背景があり、「起業したいです!」と就活の時は浅はかに言ってましたね(笑)

ー初耳です(笑)将来地元で何かしたいことはありますか?

匂坂 今は少し考え方が変わってきて、貢献する方法が地元に帰って会社を作ることだけではないと思っているので模索中です。

僕の地元はお茶が有名なのですが、農家をやろうとは思ってないですし、市議会議員とかもやりたいと思わないですね。やはり町を動かすのは政治家ではなく、ビジネスだと思うのでそこで貢献したいですね。仲間を募集中です!

ーでは、インフィニティエージェントに入って良かったことはなんですか?

匂坂 いろいろやらせてもらえること、あとは学ぶことがとても多いです。

僕は営業をやっているのですが、もともと営業と聞くと、下っ端の仕事とかあくまで上に行くための通過点なんだろうなと思っていました。今ではその考え方が180°変わりましたね(笑)どんな仕事でもこの営業という力が必要なのだと感じます。あとは、営業に対する考え方がもしかしたら他の会社とは違っていて、面白いなと思います。

ーインフィニティエージェントの好きなところはどこですか?

匂坂 社員のおもしろさレベルの高さですかね。先輩社員からは毎日学ぶことばかりで、様々なことを時間を使って教えてくださるので感謝しております。

また、僕は1期生なのですが、正直後輩たちの方が自分たちのもともと持っている能力より高いですね(笑)現在は5期生まで後輩がいますが、今後の成長が楽しみですし、僕も負けないように頑張ります。

ーそんな匂坂さんはどんな人とこの会社で働きたいですか?

匂坂 何でもいいので目標を持っている人ですね。単純に会社を大きくしたいとかでもいいですし、たくさん学んで将来金持ちになりたいとかでも、自分が行き詰まった時に頑張る動機がある人は強いと思います。

ー確かに。。では、最後にメッセージをお願いします!

匂坂 僕自身働いていてとても楽しいのですが、恩を結果で返すことを今後もっと突き詰めないといけないと思っています。やはり、自分の力だけで決められる案件ってないんですよ。一緒に行くプランナーの力や営業メンバーの力、はたまた代表の力を借りたりと、、周りへの感謝恩返しになるような結果を出すこと、この気持ちを持ち続けながら今後も仕事に取り組みたいと思います。

ーありがとうございました!

今回は営業チームのマネージャー、匂坂さんのインタビューをお届けしました。次回もお楽しみに!




株式会社インフィニティエージェントでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう