1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

三菱商事→新規事業の「精神と時の部屋」へ

2020年4月からCookpadTVに参画してます、事業開発部長の杉山です。三菱商事㈱からの出向で、CookpadTVでは新規事業開発を担当しています。まだ参画して間もないですが、僕が感じているCookpadTVをシェアできればと思います。

「精神と時の部屋」への入室

漫画「ドラゴンボール」に出てくる「精神と時の部屋」をご存知でしょうか?
「精神と時の部屋」は、1日で1年分の時が流れており、主人公の孫悟空をはじめ登場人物たちが特別な修行をする場所になっています。もしリアル版「精神と時の部屋」があるとしたら間違いなくCookpadTVのような場所だなと日々思いを強くして働いてます。

1週間でLiveコマースを

CookpadTVに参画してすぐのGW直前、突然、社長から1週間後にLiveコマースのトライアルをやりたいとの指令が。これまで準備を進めていたプロジェクトかと思い、詳細を聞いてみると、販売する商品、番組の内容などまだ全く決まっていない0からスタート。新卒からいわゆる大企業で育った僕にとっては、到底理解できない短いスケジュールで、これがベンチャー系の冗談なのかと意味不明な解釈で自分を納得させ、ニヤニヤしてその場をやり過ごそうとしました。しかし、各メンバーがどんどん自分たちのやるべきことやアイディアを出し始めると、本当に1週間で実現しようとしていることをすぐに痛感します。
それからは、販売商品の営業、出演番組の制作、サイトの立ち上げなどの準備をジェットコースターのように進めていきます。

「為せば成る」を実感

準備を進めている時に思ったのが、サービスを作るために必要なリソースを内製化していることの強みです。CookpadTVは、エンジニア・デザイナー・キャスティング・番組制作ディレクター・調理スタッフなどのメンバーが揃っており、各メンバーがスケジュール短縮やより良いものを提供すべく、色々な工夫をしてくれます。最初は絶望的に思えたLiveコマースにおいても、各メンバーのスピード感のある対応と連携によって、無事1週間後にはリリースを行うことができました。
プロジェクトの最中は、「こんなの絶対できっこない」とか「色々やることが多くて大変」だとか思う時もありましたが、リリースをしてみると、意外となんとかなるものだなと思え、自分が一皮向けた感覚を手に入れることができました。

新規事業は失敗も多く、苦難の連続ではありますが、「猛烈なスピード感」と「確かな成長実感」を体感したい人をCookpadTVでは絶賛募集中です。7月1日には、事業開発体験プログラムのMeet upを開催しますので、お気軽にご参加ください。

ぜひ一緒に「精神と時の部屋」に入室しましょう!

CookpadTV株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう