1
/
5

フリーランスエンジニアになるのが不安…。フリーランスに向いている人ってどんな人?

会社員からフリーランスを考えるとき、様々な不安があるかと思います。
今回は、フリーランスになる際のハードルと、実際はどうなのかということについてお話ししていきたいと思います!

フリーランスとしての不安

今よりももっと自由な時間を増やしたい!今よりも収入を増やしたい!ということでフリーランスへの転身を考えられている皆さん。

  • 収入に対する不安
  • 一人でやっていくことへの不安
  • 案件が取れるかの不安

このような不安感を感じる方も多いのではないでしょうか。

ネットで検索をしてみると、フリーランスってかなり大変そう。意外とメリット少ないのかな・・と思われている方もいるかもしれません。

確かにフリーランスに転身すると毎月決まった額の給与を貰える確証はなくなりますし、自分で営業も税務も納品も全て行っていかなければならないため、大変なこともたくさんあります。

では実際のところ、フリーランスってどうなのでしょうか。
それを少しお話しできればと思います。

フリーランスの実情

まず、フリーランスの魅力としては報酬や時間のチャンスが高いということがあげられます。実際に同じ案件に参画するとしたとしても、間に会社が入っていない分給与は上がりますし、自分で仕事を選択するので時間を自由にしようと思えばすることができる働き方です。

一方で忘れてはいけないのが、安易にフリーランス=完全自由ではないということ。
良いとこ取りの仕事をしたり、自分の好きな時だけ働けばいい働き方ではありません。

良い仕事をすればいい案件を貰え、良い案件に入ればしっかりとスキルアップしていける。
スキルアップをすれば更に給与を上げることができて、給与を上げることができたら自分の使えるお金や時間が増える。

こういった意味ではフリーランスは自由と言えます。

自分が頑張れば頑張っただけ評価される。
提供すればするほど自分のメリットとなって還元される。
フリーランスは一人のプロとして真摯に仕事に向き合える方にはとても向いている働き方です。

フリーランスはやめとけ!や、フリーランスは稼げる!など、世の中にはフリーランスのたくさんのメリット・デメリットで溢れていますが、

「プロとして仕事に真摯に向き合う」ことが出来れば、問題点ではありません。

最後に・・・

私たちダンテックは本当に仕事が続く、稼げるフリーランスエンジニアを輩出すべく、営業やサポートはもちろんのこと、フリーランスとしての生き方を皆さんに伝授します。

フリーランス業界で長く生きてきた代表竹内のノウハウ、ぜひ皆さんご相談に来てみてください!

株式会社暖では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう