1
/
5

「これからのWebマーケターに必要なのは、高い視座」急速に変化する業界で求められ続ける存在であるために

■プロフィール
高尾 徹(たかお とおる)
執行役員COO。Webサイトディレクション、インターネット広告運用、オウンドメディアマーケティングと幅広いWeb業務を経験し、さらなる高みを目指してFORCE-Rに入社。現在Webマーケティングのコンサルティングに携わるとともに、人材育成にも注力中。

1. ご経歴について

Q. FORCE-Rに入社されるまでのご経歴をお聞かせください。

新卒の会社では、ネット事業部門でECサイト運営を担当し、制作ディレクションや広告運用に携わっていました。
ですが、それなりの規模の会社だったこともあり完全な縦割り業務でなかなかボトムアップができる体制ではなかったんです。

Web業界でキャリアを積んでいく為には、マーケティング全般の幅広い業務範囲をこなす必要があると感じていたので、ボトムアップ型の会社を探し、そこに転職しました。

もっと裁量権を持った働き方ができる環境を求めたということでしょうか?

はい、その通りです。1社目に比べると、人数も売上もコンパクトな会社への転職となりましたが、そもそも安定性はまったく意識していなかったです。
自ら裁量権を持って仕事をするからこそ大きく成長できると感じていましたし、今も感じています。

実際、その会社ではプロジェクトの立ち上げから関わるという貴重な体験ができました。
その後FORCE-Rへと移り、現在はコンサルティング事業の統括を務めています。

Q. どういった経緯でFORCE-Rへ入社されたのでしょうか?


裁量権を求めて移った先の前職は、本当にいろんなことにチャレンジさせていただき、インプットとアウトプットを積み重ねることで様々な知見や経験を得ることができました。

今度はその経験を別の環境で活かそうと副業でコンサルティングを始めたところ、徐々に副業のウェイトが大きくなっていきました。

フリーランスとして活動していた時もすごく楽しかったのですが、さらに案件の規模を大きくしたいと思った時に、フリーランスで自分のスキルを切り売りしているだけでは、なかなかレバレッジが効かないという感覚が強くなっていきました。

その壁にぶつかって悩んでいたときに、もともとバンド仲間で同業の事業を展開していた弊社代表の飯塚から声がかかり、FORCE-Rに入社することにしました。

入社の決め手となったのは何でしたか?


飯塚の考えていることのスケール感の大きさに感銘を受けましたし、事業拡大までのしっかりとした裏付けがあるとも感じられたことでしょうか。
それに、当時のFORCE-Rは今よりもずっと小規模だったこともあり、いわゆるスタートアップ感がすごかったんです。

挑戦したかった私にとっては、その点が魅力だったというのもありますね。

当時は独立も視野に入れていたのですが、単純に今いるメンバーと会社を大きくしていくのが面白そうと思い、入社を決めました。

2. 現在のお仕事内容について

Q. 現在携わっているお仕事について教えてください。

Webマーケティングを駆使して、クライアントの売上拡大を目標としたコンサルティング事業を行っています。僕自身はプレイヤー兼マネジメントをする立場です。

前職と同じような感じですか?

いえ、前職も前々職も事業会社でしたので、受託・コンサルティング業をメインとする業務はフリーランスを除けば初めてですね。

マネジメント経験はあったのですが、部下の育成サポートの難易度は上がったと思います。

一括りにWebマーケティングコンサルといっても、各人によってWebリテラシーの領域が全然違ってきますから、なかなかすんなりとは行きません。
ですが、最もそこがやり甲斐を感じている部分でもあります。

人を育てていくことの手応えを感じているという意味ですか?

詳細に言うと、スキルの言語化や手順化が難しい分野でも、一定の基準を設けて目標達成に向け取り組めているという実感です。

そもそもコンサルティングとは、労働集約型のビジネスモデルです。

要は属人的な部分が大きくて、誰がやるかでどうしても成果に差が出るのですが、誰が担当しても成果を出せるというところにまで持っていきたいと考えているんです。

「各々自分が得意としている領域はあるけど、全ての領域で誰でも合格点は目指せる」というのを基準として、Webマーケターとしてのスキルの平準化を試みています。

3. Webマーケターという存在について思うこと


Q. 確かにシンプルな実務とは違って、明確な方法論が確立されていない職種という印象です。

そんなWebマーケティングに携わることで得られるスキルとは、どういったものなのでしょうか?

大前提、成長産業で活躍していける能力を得られるのが最大のメリットですね。

IT・Web業界が伸びているということや、コロナによるDX推進が話題になっていることはご存知だと思います。

また、デザインや記事作成、広告運用が出来る人は比較的多いのですが、クライアントの事業戦略から入り、売上にコミットできるコンサルタントは希少価値が高いです。

ですので当社では、レイヤーを上げることを社員にも意識してもらっています。

レイヤーというのは?

たとえば、現在はいわば手作業で調整を行っている広告運用ですが、あと何年かすれば自動で最適化されるようになっている可能性は高いです。

またWebサイト制作についても、制作単価はどんどん下がっていますし、デザインのみでのキャリアアップは難しくなってくると思っています。

そうなったとき、Webマーケティングのどのレイヤーで仕事をしているのかが大事になってくると思うんです。

厳しい言い方になりますが、広告運用の管理画面をいじっているだけ、記事を書くだけ、LPをデザインするだけといった「作業」を担当するだけの人材は、自動化が進むにつれ淘汰されていくでしょう。

残っていくのは上位レイヤー、つまりクライアントの戦略を考え、課題を解決したり、「売れるクリエイティブとはなんだろう?」と思考を深めデザイン設計ができる人達だと思っています。

自動化が進んでも、コンサル的な存在は生き残っていくということですね?

はい、より抽象的なスキルが求められる分野ですから、人間がやらなければできない仕事のはずです。

もちろん実務の知識はベースとして必要ですから、スタートは実行部隊でいいんです。

でも、この業界で生き残っていくためには、そこに留まるのではなくレイヤーを上げる意識を持って取り組んでいくべきだと思いますね。

Q. Webマーケターに向くのはどういった人だと思いますか?

インターネット、Webが好き!というよりは、そもそもの人間性として知的好奇心が強いタイプの人が向いているように思います。一見華やかな業界にも見えますが、実際は地道な業務がほとんどだったりしますしね。

全ての結果が数字で返ってくる世界なので、飽くなき知的好奇心を持つ方であれば、仮説・実行・検証を回し続けて気持ちよくなれるはずです笑。

その上で、先ほどお話ししたような上のレイヤーを目指していこうという高い視座を持てるような人であれば、活躍していけるのではないでしょうか。


FORCE-Rとしてもそういった人物を求めているのでしょうか?

そうですね!先ほどの通り、Webマーケティングの仕事では、自分が行った結果が数字として返ってきます。
ですから、そもそも出てきた数字に対して興味が持てないと厳しいと思うんです。

デザインに関しても、よりクリックされやすいデザインを追究するとか。

そういった意味で、デザインやコーディングなどの知識やスキルはもちろん大歓迎ですが、それ以上に探究心を重視しますね!

4. 今後の展望について


Q. 今後の展望や目標があれば教えてください。

会社の売上は残念ながら、まだ目標には届いていません。
コンサルティングの質を上げると同時に、さらに事業を大きくしていきたいと考えています。

すごく個人的な目標としては、FORCE-Rに属しているという立場を活かして、もっと影響力を持ちたいと思っています。

最後に、求職者へメッセージをお願いします!

スタートアップ企業とひと口に言っても、任されることになる仕事の種類や範囲はさまざまです。
チャレンジできる範囲が限定されてしまう場合もあるでしょう。

その点、FORCE-Rはチャレンジが制限されない、本人次第でどうとでもなる環境です。

チャレンジングな気持ちを持っていて、若いうちにビジネスパーソンとして猛烈に成長したいと考えている人にはベストな環境だと思います!

一緒に成長していきましょう。


FORCE-R株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

FORCE-R株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング