1
/
5

\ネタもとカルチャーvol.4/ネタもとトップ営業マンが教える、勝負スーツの選び方3選!

こんにちは!ネタもと人事部の加藤です。

突然ですが、皆さん。

営業マンの魅力って、スーツで5割り増しされると思いませんか?

そこで今回は、ネタもとが誇るトップ営業マンたちの「勝負スーツの選び方」 について、ご紹介!

就活生の皆さんは、ぜひ、今後のぜひ参考にしてみてくださいね!


◯ 寺尾くんの勝負スーツ!

まずは、入社2年目でカスタマーサクセス部の寺尾くんです!


今年の8月にカスタマーサクセス部へと異動になった寺尾くん。

「これからは俺が部署を引っ張っていくぞ! 」 とやる気に満ち溢れています。

趣味はカラオケとアニメ鑑賞。

そんな寺尾くんの勝負スーツがこちら!


寺尾くんの着用しているのは、GUのセットアップ

GUで買ったとは思えないクオリティで、生地の厚さもちょうどよく、夏場の訪問でも、ジャケットを脱がなくて大丈夫なくらい涼しいそうです。

「安いスーツでも、着る人次第では安く見えないんですよ! 」 とドヤ顔(笑)。

でもすごく似合っていますよね!

なんとこのセットアップ。上下で約5000円とのこと。

レパートリーに1つ、加えておくといいのではないでしょうか。


◯ 関根くんの勝負スーツ!

続いて紹介するのは、入社2年目。

ビジネスプロデュース部に所属する関根君です。


現在はインサイドセールスセクションで活躍中の関根くん。

チャーミングで、とっても面白い一面も併せ持つ、素敵男子です。

そんな関根くんの勝負スーツはこちら!


オーダーメイドのスーツで、グレーと青のチェック模様がポイントです。生地の光沢感にもこだわっており、「安っぽく見えないようにオーダーしました! 」 と教えてくれました。

また裏地には、赤のコモン柄を入れており、漢字フルネームで名前の刺繍を入れていました。

新卒2年目には見えない貫禄ですよね!


◯ 佐藤くんの勝負スーツ!

最後に紹介するのは、入社2年目、同じくインサイドセールスセクションに所属する佐藤くんです。


ネタもとイケメン担当の彼ですが、社内でもファンが多いんですよ!(笑)

そんな佐藤くんのこだわりのスーツがこちらです!


オーダーメイドスーツで、完全デザインで決めたとのこと。

グレー地に、ブラウンのチェックが細く入っていて、大人っぽい仕上がりになっています。

また、スーツ選びでは生地も大事なようで、「サラサラしている素材を選び抜いた」 とのことでした。

ズボンは、敢えて細めの寸法にしたことで、脚長効果を演出。細かいこだわりがとても伝わってきました!


まとめ

「一見、スーツはどれも同じなのでは? 」 と思ってしまいそうになるのですが、ネタもと男性社員は、それぞれのこだわりを大切に、スーツを選んでいることが分かりました。

スーツ選びに困っている方は、ぜひ、参考にしてみてください!


ネタもとでは人材を募集しています!

まずは話聞きたいひと!
圧倒的に成長できる港区のPRベンチャーって?サクッと聞いてみませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
マーケティング・PR
いろんな仕事を幅広くできて、爆速成長できる会社の話聞いてみませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
都心でキャリアアップ
成長意欲とやる気がある方ならOK!超成長中のPRベンチャーに挑戦したい人
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
株式会社ネタもとでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう