1
/
5

ネタもとの企業文化が丸裸に! 弊社社員がよく使う「ネタもと語録」 第8選

こんにちは、ネタもと人事部の加藤です!
企業文化の1つに、その会社でよく使われる「用語」 という存在があります。


学生間でも、サークルや部活の仲間内で使われる用語ってありませんか?
それに近いのが、この「用語」 です。

今回は、ネタもとでよく使われている企業用語を語録にしてまとめてみました!
「普段よく使ってるな〜」 と思う用語を集めてみたのですが、企業文化が丸裸に…(笑)
この記事を通して、私たちの「日常」 を知ってもらえると嬉しいです!

それでは、ネタもと語録、スタートです!

◯ 全員営業

まずはじめに紹介するのはこちらの用語…「全員営業」 。
ネタもとでは、営業マインドをとても大切にしているので、新規開拓を行う営業部以外の部署でも、全員が営業を行う意識で働いています。

もちろん私も、「人事の仕事も営業」 だという意識で働いていますよ!
学生に対して自社の魅力を伝え、自社を好きになってもらう。

これは、営業の本質に繋がっています。

またこのほか、カスタマーサクセスでも、広報担当でも、営業力は必要だと思うので、全員で営業に臨み、営業力を身につけようと日々切磋琢磨しています!

◯ 大志

ネタもとが掲げる「11の行動指針」 はご存知ですか?

その1つ目である「大志」 は、弊社代表も含め、ネタもと社員はとても大切にしています。
大志を持つことを社員全員が意識して仕事をしているのです。

その証拠にネタもとでは、直近5年後、10年後の大志を書き、代表に提出したりもしているんですよ。自分の大志を実現する上で、なぜネタもとで働くのか、目的意識をしっかりと持って自分の仕事に臨めるよう、代表と1対1でミーティングも検討中です。

まだ明確に見つけられていなくても大丈夫。この会社で一緒に大志を見つけていきましょう!

◯ コミット

ネタもとは営業会社なので、何事も「結果にコミットすること」 を1番大切にしています。毎日の目標、月の目標、すべてにコミット!

その分、振り返ってみたときに何段階も上の自分に成長していることを実感できるのがやりがいになると思います。

「この目標にコミットするために、どうすれば良いか?」

全社員がそう考えているので、成長したいという強い気持ちを持っている学生は、ぜひ「結果にコミット」 を意識してみてくださいね!

◯ 激アツ

いい商談ができたときや、
クライアントの感触がいい時に
使うのがこの言葉! 「激アツ」 !
最上級の褒め言葉ですね。

良さげなアポが取れたら激アツ!
感度が良好だったら激アツ!

営業活動は辛いことも多いですが、
その分いいことがあったときは
みんなで盛り上げて、
辛いこともみんなで乗り越えています。

だから、褒め言葉の意味でこの「激アツ」 を使っているんですよ。
ネタもとのオフィスではそこら中からこの激アツが聞こえています(笑)。

◯ もっくん

ネタもとでは、18時(定時)を過ぎると、代表のことを「もっくん」 と呼んでいい文化があります(笑)。

これはいつも代表から提案があるのですが、達成会などで飲みに行くと「今からは無礼講! 社長じゃなくてもっくんでいいから」 と。

社長と社員の距離感が近い会社なので初めは新入社員も驚いていましたが、それほど仲がいい会社です!

◯ 刺さった

これは、自分の提案や言葉が相手に響いた時に使う用語です。

「この提案が刺さって契約が決まった」
「そのアドバイス刺さったよ」

などなど。

自分の言葉が相手に、相手の言葉が自分に影響を与えた時にぜひ使ってみてください!

◯ 見込み

営業をしていると、商談の結果を社内で共有することがあるのですが、その時に使われるのがこの言葉です。

ネタもとでは、契約の角度が高い順に、A見込み、B見込み、C見込み、のように用語を使い分けています。ちなみにこの見込み…恋愛トークでもよく使うんですよ(笑)。

ネタもとは、女性社員が多いので、終業後によく女子会をする機会があるのですが、そこでこの見込みが使われるのです!

「今、デートしている人がいるんだけど…多分A見込み」 など。

ネタもと用語を恋話に使うのが面白くて、よく社員同士でふざけあっています(笑)。


◯ NOGO

最後に紹介するのがこちらの用語! 「NOGO」 です。こちらも営業用語なのですが、現場ではこんな風に使われています。

「この案件、しっかりNOGOをつけよう」

意味はわかりましたか?

営業にとって大事なのはクライアントと共通の認識を図ること

商談をフンワリと終わらせてしまうと、次回の商談や契約に繋がらないからです。そこでネタもと営業マンは、その場その場でしっかりとクライアントの思いを把握するよう徹底しています。

この共通認識を図るために必要なのが「NOGO」 です。

このクライアントは今後一緒にやっていく見込みはあるのか、「NO」 か「GO」 をしっかりとつけてもらうというわけです。そうすることによって、共通認識を図った上でその後の商談を進めていくことが可能になります。ネタもとには、こういった営業のノウハウがたくさん存在します。

営業力がしっかりと身に付けられるのは、こういった細かなアドバイスがいくつもあるからだなと、営業時代を振り返ると感じますね。


まとめ

今回は、ネタもとでよく使われている「ネタもと語録」 の特集をお送りいたしました。弊社の雰囲気を少しでも感じていただけましたでしょうか?

ノリの良い社員が多いので、きっと入社後も楽しく働くことができるはず。ぜひあなたのご応募をお待ちしています!


ネタもとでは人材を募集しています!

マーケティング・PR
経験はなくても大丈夫!1から広報・PRスキル学びませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
納得内定取りたい人!
まだまだ就活・転職中の方!キャリアについて人事に相談してみませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
都心でキャリアアップ
周りと圧倒的差をつけてスキルアップ!人気PRベンチャーで働いてみたい人
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
株式会社ネタもとでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう