1
/
5

\ネタもとカルチャーvol.1/社員の誕生日はみんなで!メンバー1人ひとりを大切にする文化とは?

こんにちは! ネタもと人事部の加藤です。

突然ですがネタもとには、「社員のお誕生日をみんなでお祝いする文化」 があります!

何歳になっても、誕生日祝いは嬉しいものですよね! 今回は、ネタもと流のお祝いの仕方をご紹介しますよ。

基本的に私たちは誕生日の当日に、会社でお祝いをします!

昼休みにケーキやプレゼントを内緒で買いに行き、終業後に、会議室を飾り付けして、サプライズで呼び出します。

メンバーを呼ぶときはいつも、「真剣な話がある」 と言って誘い出すのですが、ほとんどバレバレなのでそこもまた面白いポイントです。(笑)

■誕生日祝いカルチャーのきっかけ

実はこの文化を一番最初に始めたのは、これを書いている私加藤なんです!(笑)

これまで、個人で社員のお祝いをしたりはありましたが、会社全体で行う文化はありませんでした。

しかし私が入社して1年目の時、当時の上司(現営業部長の久壽米木)を喜ばせたくて、内緒でケーキを買って部屋に呼び出し、皆でお祝いしたことが始まりです。

こうしたイベントは社員同士が交流するきっかけにもなりますし、何より「仲が深まっていいよね!」 という声が広がり、そこから会社のカルチャーとして定着するようになったのです。

既存のカルチャーを大切にすることはもちろんですが、このように時流に合わせて新しいことも積極的に受け入れ生み出していく。ネタもとはそんな会社です。


この文化を作り出した私もしっかり祝ってもらいましたよ!(笑)

それではここから、

過去のバースデー写真を大公開!

関根(中央、カバンを持っている男性)の誕生日の様子。サプライズがあると分かっていたので、昼間からずっとソワソワしてたようです。笑

(中央、ケーキ後ろ)のお祝いです。家庭的な女性になることが目標、とのことです、女磨き頑張ろうね!
彼女のインタビューもUPしていますので、ぜひ読んでください!



そして最後は、代表・本村の誕生日! なんと、社員みんなで屋形船でお祝いをしました!プレゼントで社員から、ゴルフバッグと、ヘッドカバーをプレゼント! とても喜んでくれて嬉しかったですね。

以上、ネタもとのカルチャー紹介第1弾でした。みなさん、いかがでしたか?

「社員1人ひとりを大切にする会社で、頑張りたい! 」
「私も祝ってもらいたい~!(笑) 」

など思った方、ぜひエントリーしてくださいね。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております!

ネタもとは仲間を募集しています!

カジュアル面談
コロナ禍でも爆速成長の秘密、教えます!まずはカジュアルに話しませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
圧倒的成長が欲しい人
港区の人気PRベンチャー!ゼロから広報にチャレンジできる環境用意しました!
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
圧倒的成長が欲しい人
完全人柄 × ポテンシャル採用!やる気だけは負けない人、人事が会います!
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
株式会社ネタもとでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう