1
/
5

ベンチャーだからこそ味わえる0→1の楽しさ。未経験入社3年で最速リードエンジニアに(ZIQCOM株式会社・久保谷淳貴)

こんにちは!
ZIQCOM採用広報です!

今回は当社のリードエンジニアとしてZIQCOMを引っ張っている久保谷さんをお招きし、入社した決め手や当初のこと、現在のお仕事についてお話を伺いました。
是非とも最後までご一読いただけますと嬉しいです!

久保谷 淳貴 ATSUKI KUBOTANI
ZIQCOM株式会社
兵庫県神戸市出身。

1.ZIQCOM入社まで

ーーエンジニアになるまでのストーリー

学生時代からエンジニアを目指されるまでのストーリーを教えてください!

こんにちは、改めましてZIQCOMの久保谷です。
学生時代は地元の神戸でごく普通の学生生活を送っていました。運動が好きで、中学時代はテニス部、高校ではハンドボール部に入っていました。 大学では軽音部に所属したのですが、ハンドボールは結構極めていて、ムササビシュートに近い技が出来るレベルまで頑張りましたね(笑)

大学受験はすごい頑張って、大阪大学の基礎工学部のシステム科学科へ入学しました。

就職活動では、システムづくりや開発が出来るIT業界を軸に就活しました。
大学では力学のことをメインで勉強しており、機械をいじることも多かったので周りの学生はメーカーに就職することが多かったですね。
力学もいい学問だなと思っていたのですが、一からシステムの基礎を考えて構築することの方ほうが面白いなと感じていたので、就活ではITのエンジニアを目指しました。

無事に就職活動が終わり、東京の大手IT企業へ入社しました。入社してからは主に保守運用メインの業務が多かったですね。大手企業だったので任せてもらえる仕事は、とても裁量権が大きくてやりがいはありました。ただ、保守運用だったので自分の考えが、コードに反映されないもどかしさはありましたね。

1年半働いたのですが、やはり学生の時から考えていた、自分でシステム構築自体に携わりたい!という夢を諦めきれなくて転職することを決意しました。

ーー新卒からZIQCOMへ

そういった経緯があったんですね。
ZIQCOMさんへ入社された経緯を教えてください!

そうですね。早速、開発が出来る企業を軸に転職活動を始めました。個人的に関東にあまり馴染まなかったということもあって、大阪に戻りました(笑)。
いろんな求人広告を見ている中でZIQCOMの求人を見つけて、自分が好きなことが出来そうと感じ応募しました。志岐社長と面談して、未経験でも開発にチャレンジができるという点と、0→1のフェーズを経験できそうだなというイメージが膨らみ入社を決めましたね。

親会社にシティーコム(http://www.citycom.co.jp/)という大きな会社がいたので研修はしっかりしているという点も大きなポイントです。

ちなみに、志岐社長印象はどうでしたか?

裏表がない、フランクなおじさんって感じですね(笑)。経歴を見てもすごい方なのに、実際に話すと物腰柔らかでとても接し易かったです。 入る前も今もイメージは変わらず、ずっとドシッとしていて頼りがいがある存在ですね。今では2人で飲みに行かせてもらうこともありますし、わがままが言い合えるような関係性ですごい仕事がやりやすいです。

2.ZIQCOM入社後

ーー入社当時のエピソード

実際に入社してみてどうでしたか?

親会社のシティ・コム含めて若手が多い会社だなあと一番に感じました。
経営陣がどんどん若手を前へ押してくれるような環境で、成長を喜んでくれる風土があったのは、1社目にはなかったところだったので、まず雰囲気が好きになりましたね。
経営陣の方は仕事中以外でもフランクに話しかけてきてくれて、期待されてる感じがすごい伝わってきて、頑張ろう!と思いました。

期待されるのはすごい嬉しいですよね!
チームリーダーまではどのようになられたのですか?

リーダーになれたのは、成長できる環境が一番大きいですね。
入社して、最初はグループ会社シティ・コムの持ち帰り案件に1年間入れてもらいました。その案件はシティ・コムの中でもかなりの大型案件で、開発してるメンバーは若くてレベルの高い人しかいなかったです。
未経験で入社して、2~3週間でその環境でコーディングを任してもらえたのは、すごい成長につながりましたね。やはり最初は大変でしたが、先輩方の開発工程がとてもしっかりしていて、理解しやすかった点とすごく熱心に指導していただいたこともあり、無事乗り越えることが出来ました。

振り返ってみてもこの1年間、本当に得ることばっかりで、一度も「なんでこんなことしてるんだろう」と、思わなかったです。全部吸収しようと一生懸命でした。この経験があって飛躍的に成長することが出来ました。

そのあとにZIQCOMで新しい案件が立ち上がり、その際リーダーとして任命してもらいました。

3年でリーダーになれたのはそういった要因があったんですね。  
ZIQCOMのいいところを教えてください!

自分が裁量を持ってやりたい方向にベクトル照準を合わせることができるところですよね。大きな会社だと、個人の意見で方向性が決まることは少ないと思うのですが、ZIQCOMでは人数が少なく、社員の意見を尊重してくれるので、時代の流れやニーズにスピード感をもって柔軟に対応することが出来ます。

もちろん小さな会社なので、経営に対する不安感もあるのは確かですが、グループ会社にシティ・コムがついて基盤は盤石なので安心していますね。

もう一点は、未経験でもエンジニアに挑戦できるところですね。

先ほどもお伝えしたようにシティ・コムの存在が大きいかもしれないですね。シティ・コムの若手に対するサポート体制はとても充実しておりZIQCOMも同じ研修を受けられるんです。一人前になるまで優秀な先輩社員に教えてもらえる環境がZIQCOMのいいところだと思います。


今後のビジョンを教えてください!

日々、コツコツとお客様の信頼を得ること。そして、クライアントとのコネクションを確立し続けることが主目標です。開発の粒度も濃くしていきつつ、チームとしても折角やるなら楽しみながら案件を進めていきたいですよね。

あとは、会社の規模を大きくして、まずは100名を目指していきたいですね!今は25名と少数精鋭の中でやっていますが、3桁になってくると組織の形も大きく変わってくると思ってます。開発方面は僕ともう一人がリーダーとして動いている現状ですが、今いるメンバーが今後、マネージャーとして成長してチームの一派が徐々に増えていったら面白そうだなと感じています。
あと、プライベートな目標のところで言うと、「タワーマンションに住むこと」ですね!(笑)

どんな人と働いてみたいですか?

大前提として、自分の成果物や仕事に対して責任をもって仕事をする姿勢は必要ですね。プラスアルファで、協調性を大事にされている方がいいですね。個の力を体現するのではなく、チームで和気あいあいと働けることをやりがいにしてくれる方がいいなと個人的には思っています。
社員も謙虚な人が多いし、代表も物腰柔らかなタイプなので、そういった風土に合う方がいいですね。

最後に、求職者の方にメッセージをお願いします!

裁量権の大きな仕事に携わることが、成長スピードに大きく関わると思います。
向上心のある方、自分をおもむろに表現したいという思いがある方はぜひ一緒にお仕事しましょう!

先ほどもお伝えした通り、経営陣も私たちと同じ目線で接してくれて、本当に仕事のしやすい環境です。
チームで一緒にいいものを作っていきたい!という想いのある方ご応募お待ちしています!



株式会社ZIQCOMでは一緒に働く仲間を募集しています




























株式会社ZIQCOMでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう