1
/
5

ぶっちゃけインターンと学業の両立はできる?リモート授業だからこそ、できたこと。

どうも、GeekHash の福田です。

この記事ではみなさんが一度は不安に思う、もしくは現在進行形で思っているであろう

「インターンと学生生活の両立って本当にできるの?」

という永遠のテーマについて、福田自身の経験を書いてみようと思います。みなさんの参考にしていただければ幸いです!

・・・とその前に「福田ってだれ?」という方が99%だと思います。ざっくりいうと

「GeekHash でフルタイムで働きながら、大学院生をやっている人」です。

(福田自身はインターンではないですが、「学業との両立が不安...」と思いつつインターンを考えている人にとって参考にはなると思います)

そうすると当然、「授業はどうしてるの?単位は?研究は?ちゃんとやってないだろ!」と懐疑的になる方がいると思います。懐疑的になることはいいことです。ということで、「学業と仕事を両立してるのか?」について書いていきます、本邦初公開!

「授業はどうしてるの?単位は?ゼミ・研究は?」

【授業・単位について】

授業は全て「フルオンデマンド型の講義」を履修しています。好きなときに視聴可能な授業ですね。新型コロナウイルスの影響により、このような授業の数が飛躍的に増えました。このような授業から興味のある授業を履修することで、日中に授業を受けなければいけない縛りから解放されました。こう書くと、「フルオンデマンド型の講義に絞って履修するというのは本来学生のあるべき姿ではないよね」というもっともなお声が聞こえそうです。しかし、これは「仕事と学業」という2変数から得られる効用を最適化して結果だと受け取ってください。人生は多変数関数の最適化問題です。

なお、私は授業がこのような形式で配信されていなかったら GeekHash で働けていませんでした。まさに「人間万事塞翁が馬」ですね〜

そんなこんなで「仕事と大学院」の両輪をグリグリ回していた秋学期は「日中(10時~18時)は働いて、平日の夜(20時 ~ 24 or 25時)に授業と課題、休日に課題と研究に頭を使う」という生活習慣でした。そこそこ忙しくてあっという間でした。

コロナの影響なのか、福田自身のコミュ力の問題なのかは定かではありませんが、大学院には片手で十分に数えられる数の友人しかいません。しかし、数少ない友人には恵まれ、なんとか乗り切れました(感謝です)。単位は問題なく取れていましたし、実は成績評価も概ねAかA+です(隙自語)。

【ゼミ・研究について】

ゼミは毎週平日の決まった時間にあるため、その時間だけ仕事を抜けさせてもらって、ゼミに参加しています(ここら辺は柔軟に対応いたしますのでご相談ください!)。研究に関しても土日に近所の早稲田大学図書館等を利用しながら、学部時代の友人たちと議論をしつつ楽しんでいます。大学院は早稲田ではないのですが、いろいろあって今も結構行ってます。学会の特濃しか勝たん。

また、福田は「応用計量経済学」という経済学の一分野に首を突っ込んでいるので、研究にはネット環境があれば十分なのも良いです。加えて、インターン生にも計量経済学徒が数名在籍しています。だから、ときにはわからないことを聞き合ったり、議論をしたりすることもあります。GeekHash は迷える計量経済学徒を応援します。

両立って、ぶっちゃけ大変じゃない?

「ぶっちゃけてしまうと大変です。でも、できないことはないと思います。」ー これが本記事の結論です。やりたいことを優秀で面白いメンバーとともにできている。これってなかなか楽しいんですよ。また、「強い」自分になる為に選んだ道でもありますから、大変なのは当たり前かなとも思います。楽して「強く」はなれません(ふくだの「強さ」に関してはこちらの記事を見てみてください、興味のある方は!)。

また、所属でいうと、学部が文系で大学院は理系という若干特殊なルートを辿っています。なので、大学院の講義は結構大変でした。また、これまで学業ばかりに目を向けていた自分がいきなりビジネスの世界に入ったものですから、0から色々学び取って行くのもまた大変でした(今も大変です)。

しかし、大変ですが、日々とても楽しいです。

これはなんといいますか、「生きている実感を伴って生きていられている感」というか。これは組織がまだ発展途上で、かつ事業を任せられるスタートアップだからこそ「自らが変化を生み出せる主体であれる」ことがこの実感をもたらしているような気がします。

新型コロナウイルスは私たちの生活様式を一変させ、これまで享受できていた多くの選択肢を無くしました。しかし、ネガティブな面ばかりを嘆いても仕方がありません。なぜなら、状況はおおよそ等しく人類に降りかかっているからです。そして、目玉をかっぽじって色々探してみると、このパンデミックは私たちに新たな選択肢を提示している場合も往々にしてあります。だから、そんな中で何ができるのか、調べ、考え、様々な選択肢を検討してみましょう。

そして、あわよくば、GeekHash でのインターンもあなたの選択肢の一つに入れてみてください笑 皆さんの学生生活を彩りあるものにするお手伝いをさせていただければと思います。

「募集への応募はまだわからないけど、話だけでも聞きたい!」という方も歓迎いたします。

ぜひ躊躇いなく「話を聞きに行きたい」ボタンを押してみてください!

それでは、また!

ーー

会社概要ページはこちら: 👉 https://www.wantedly.com/companies/company_6461376
他のストーリーはこちら: 👉 https://www.wantedly.com/companies/company_6461376/feed

株式会社ギークハッシュでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング