1
/
5

やりたいのは単なる営業代行ではなく、未来に希望を持てる人を増やすこと

こんにちは!
株式会社figfigの共同創業者の花川です。

例年10月ってこんなに暑かったでしたっけ?
最近仕事以外は筋トレかサウナに行くというミーハーな生活をしています!
あと呪術廻戦にはまってます。

figfigを立ち上げました

そんなことはさておき、
4月に気心の知れた仲間とfigfigという会社を立ち上げて、apotoss(アポトス)というITを使用した営業活動の代行や、コンサルのサービスを運営しております。
この6ヶ月会社を経営してきての振り返りや、なぜこの事業をやるに至ったかについてお話ししたいと思います。


事業を通して未来に希望を持てる人を増やしたい

自論ですが、未来に希望を持ち目標に向かって進んでいく過程が人生の醍醐味だと思っています!

まずは人生の大半を占める仕事の領域で、未来に希望を持てる人を増やしたい

最近学生さんと話す機会が多いのですが、
「ワークライフバランス」という言葉をよく耳にします。

今更ですが、ワークライフバランスってなんなのでしょう?
政府広報オンラインによると、
働くすべての方々が、『仕事』と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった『仕事以外の生活』との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方
とのことです。

要は”仕事が充実している”こともワークライフバランスが成り立つ上での前提なんですね。
にも関わらず、
「定時で上がれるって聞いたから」「大手だし潰れることはないから」「親に大手に行きなさいと言われている」
の様な理由のみで仕事や会社に向き合っていいのでしょうか。

また、社会人に関してもIndeed 社が2016年に1000万社を対象に行った調査によると、35カ国のうち最もやりがいが高い国はコロンビアで、最も低い国は日本だったらしいのです。
多くの人が1日8時間以上働いているのにも関わらず、
やりがいを感じず金銭のために働いている状況があります。

そのため、アポトスを通じて仕事に関して希望を持てる人を増やしたいと考えています。

ステイクホルダーに提供したい価値

仕事を通して提供したい価値は、

クライアント:タスクや営業活動を弊社が請け合い効率化することで、よりやりがいのある仕事に専念してもらい会社の成長に貢献する。
クライアントのサービスユーザー:クライアントのサービスを使用することで、社内の課題の解決や効率化を行い会社の成長に貢献する。
共に働いてくれる仲間:未来に希望を持てる人を増やしたいという目標に向かって全力で働くことで、仕事にやりがいを感じ楽しいと思える。

サービスを始めてから今まで

会社を立ち上げてサービスを開始し始めてから6ヶ月で、
紹介ベースで数十社の様々な業界の企業様の支援をさせていただいております。

僕が誰よりもやりがいを感じて楽しく仕事をしている自信があります。笑
これからもより多くのクライアントに多くの価値を提供することで、
社会を少しでもよくできる一端になれるよう全力で仕事に取り組んでまいります。

切実な願い

そこでより多くの企業様に、より多くの価値を届けていくのに
あなたの力を貸していただきたいです!
少しでもfigfigの思いに共感していただける方、
カジュアルにお話しさせてください。。。

よろしくお願いします!

株式会社figfigでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう