1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【エンジニアかつフリーランス営業】異業種の組み合わせだからこそできるチャレンジ

これまでITエンジニアとしてのキャリアを積み、現在は独立し活動する鈴木さん。エンジニアでもある鈴木さんはフリーランス営業の集まるヴァンテージポイントの中でも変わった経歴の持ち主です。

“新しいことに屈せず、飛び込む力が大切”
営業が専門ではない鈴木さんが、ヴァンテージポイントに所属しフリーランス営業として活躍しているのには熱い思いが隠されていました。今回は鈴木さんにヴァンテージポイントに所属した理由、またその後成し遂げたいことに付いてお話を伺いました。

プロジェクトマネージャーから採用支援まで手がける

まず始めに鈴木さんの経歴を教えてください。

最初のキャリアは福祉関係の仕事からスタートしました。そこからイベント会社に転職し、その次にIT会社に入社しエンジニアとしての経験を積みました。その後に独立し、大手会社のプロジェクトマネージャーを始めITエンジニアの採用支援を行うなど、割と幅広いことをやってきたんじゃないかと思っています。

今までのご経歴で営業も経験されていたんですか?

現在は独立して3年目になりますが、最初の1年目で知り合いのIT会社の営業を手伝っていたことがあります。ITエンジニアの採用支援をするようになってからも、自分で営業をするようにしていました。


ヴァンテージポイントを知ったきっかけ

鈴木さんがヴァンテージポイントを知ったきっかけをお伺いしたいです。

私は、直近まで大手会社のプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトにアサインされていたのですが、時間と場所が拘束されて、他にやりたいことがなかなかできない状況だったんですよね。もっと効率良く仕事をするため、フルリモートでできる仕事がないか調べていた時にヴァンテージポイントを知りました。

初めてヴァンテージポイントを知ったときの印象はどのようなものでしたか?

フリーランス営業という言葉が新しく感じたので「話を聞いてみたい」とすぐに思いました。実際に働いてみての感想は「想像していた以上に働きやすい」です。代表の人柄も尊敬していますし、これまで実際に営業で大きく成功してきた方なので、話しも凄く刺激的です。会社全体としてもフリーランスの方が集まっているので、一人ひとりが自分でなんとかするという雰囲気があり、その点も自分に合っているなと思っています。


エンジニアの仕事に関する悩みを解決したい

今まで会社に所属し働く中で感じた問題点はありましたか?

たくさんありますね(笑)一番問題に感じていたのは、個人の頑張りがなかなか給与や評価に繋がらないことです。エンジニアとして働いていたときは、経営者はお金がたくさん入るのに、実際に働いている自分達の給与には反映されないことにフラストレーションが溜まっていきました。

今までエンジニアとして活躍されてきた鈴木さんが、なぜヴァンテージポイントに所属しようと思われたのですか。

独立してからエンジニアの採用支援をしていたのですが、しばらくすると関わったシステムエンジニアの友人から転職の相談を受けるようになったんですね。相談を受けているときに、エンジニアとして働くより、会社に対して悩みを持つ方に転職支援をする方が楽しく、仕事のやりがいを感じている自分に気づいたんです。世の中の悩みの多くは仕事に関することだと思っています。そんな中で転職支援を通じて、人と人を繋いだり、会社を繋ぐことで人の悩みの解決になることが私自身凄く嬉しかったんです。

ヴァンテージポイントは強みとしていることが、悩みを抱えた多くの人に見ていただける「求人広告」だったので、実際に所属して関わってみたいと思えました。

エンジニアからフリーランス営業という異業種にチャレンジすることに不安や抵抗などは感じなかったですか。

「どんな感じで仕事をするのか」「自分でもやっていけるの」という不安は少しだけありましたが、実際にやってみるまではどうなるかわからないので、抵抗というほどの気持ちはありませんでした。異業種ですが、ヴァンテージポイントがの活動に興味をもったことには意味があると思うので、「失敗してもいいから自分の経験としてやってみよう」と考えていました。


法人の立場から採用を考えるようになった

ヴァンテージポイントに所属して、プラスになった点をお伺いしたいです。

二つあります。一つは、法人の視点で考えることができ、自分の視野が広がったことです。今まで転職支援活動を通し、実際に悩んでいる方の話を聞き働き手の視点に立つことはありましたが、ヴァンテージポイントでは求人広告を扱うので法人向けに営業をすることになります。つまり法人の立場になって採用を考えるいい機会になるんです。これまでの経験を生かしながらも、新しい視点をもつ機会が得られたことは自分に取ってプラスになると思っています。

二つ目は、ヴァンテージポイントに所属したことで、法人向けの求人広告営業の基礎的な考えができたことです。今のシステムエンジニアの多くは“即戦力”ばかり求められ教育の部分が弱く、とりあえずプロジェクトにアサインして育てるという考えが主流なんです。

つまり、未経験者をしっかり教育する制度が弱く、ここがエンジニア採用の課題なんです。
私は未経験や経験が浅いシステムエンジニアのための教育セミナーを個人的に行なっているのですが、法人向けに私自身が営業できるようになることで、この教育セミナーを企業に取り入れてもらいやすくなります。そうすることでシステムエンジニアの課題部分である未経験の教育のところから変えていけるのではと考えています。

鈴木さんが考える今後の目標

鈴木さんのヴァンテージポイントでの目標をお聞かせください。

まずは、求人広告の営業で企業に喜んでいただいて、ヴァンテージポイントからも「鈴木くんと一緒に仕事ができて良かった」と思っていただけるよう精力的に活動していきたいです。その中で、今まで職業支援を経験してきたように、ヴァンテージポイントを通して人を繋げるプラットフォームを作りたいなと考えています。

最後に人生を通しての今後の目標があればお伺いしたいです。

実は、今のIT関連の仕事とは異なるのですが、いつかゲストハウスを作りたいと思っています。
東日本大震災があったとき被災地に行ったのですが、生まれて初めてゲストハウスに泊まって、同じ釜の飯を食べる空間が凄くいいなと感じました。また、私が一貫してやりたいことは、ITエンジニアの採用支援をしていた理由にも繋がるのですが、会社のことで悩んでいる人に対して、その悩みを解決したいということです。

最終的には、ヴァンテージポイントに所属することで、今まで関わりをもてた企業と、悩んでいる多くの人達が集まれる場所を作っていきたいです。

ヴァンテージポイント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング