1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

営業一筋の男が見たこれからの“営業職”の正しいあり方



これまで感じた営業の問題点や改善点をお伺いしたいです。

会社に所属していた時は、社内のルールで決められた事が多過ぎて、もはや軍隊のようでした。
その中で、とんでもないノルマに追われながら営業すること当たり前だったんです。それに加え、会社の人間関係がある中で、上司からすると自分よりも売り上げが取れる部下は面白くないと思われていました。数字が取れたことが原因になり、人間関係で嫌な思いをしたことが何度もあります。

今までの経歴:原田さんの今までのご経歴を教えてください。

これまで、様々な商材を扱う営業代行で、営業職として約5年間勤務し、その後にインサイドセールスを約5年間経験しました。営業代行で一つの商材に偏らず、様々な商材を扱う営業を経験してから、インサイドセールスへとシフトチェンジしたことで、営業の考えを汲み取り、質の高いテレアポが可能になりました。その後、これまで培ってきた力を試したいと思うようになり、ヴァンテージポイントに所属し、今に至ります。

長年、営業として活躍されてきた原田さんが仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

長年、営業に携わってきった私が変わらず大切にしている軸は、泥くさく、粘り強い気持ちを持って営業することです。常に粘り強く営業をすることでお客様も心を開いてくれ、信頼関係を築けると考えています。

これまでに感じた仕事の問題点:これまで感じた営業の問題点や改善点をお伺いしたいです。

会社に所属していた時は、社内のルールで決められた事が多過ぎて、もはや軍隊のようでした。
その中で、とんでもないノルマに追われながら営業すること当たり前だったんです。それに加え、会社の人間関係がある中で、上司からすると自分よりも売り上げが取れる部下は面白くないと思われていました。数字が取れたことが原因になり、人間関係で嫌な思いをしたことが何度もあります。

なるほど…。なぜ、そういった問題が起こるのでしょうか。

それは、全て数字だけで評価される世界であったからだと思います。
当時は、営業として数字を取れなければ人間じゃないと言われるほどでした。数字を取ることはもちろん大切なですが、あまりにも数字に縛られすぎては、社内の空気も悪くなり、気持ち良く営業ができないとは考えていました。こう言った理由があり、今まで培ってきた営業力を生かして、フリーランスでやっていこうと思ったんです。

ヴァンテージポイントを知ったきっかけを教えてください。

求人広告を見て、知りました。
ヴァンテージポイント代表の村松さんに初めてお会いしてお話を聞いた時は、ビジネスに徹していて、即断、即決ができる方なんだなという印象を受けました。会社としても新しいことをしていて、勢いがあると感じたので、良い再スタートがきれそうだと感じた記憶があります。

ヴァンテージポイントに所属された理由をお伺いしたいです。

ヴァンテージポイントに所属した理由は、二つあります。
まずは、フリーランスなので出社義務がなく、自分のペースで自由にテレワークが出来ることです。次に、将来的に考えた時、インセンティブでかなり稼げると感じた事も大きな理由です。



ヴァンテージポイントでのポジション:今現在、原田さんはヴァンテージポイントでどういったことを担当されているんですか。

インサイドセールスを担当しています。
業務内容としては、求人を使っている会社に電話をし、人手不足で困っていたり、求人に関して課題解決する方法を知りたいと感じている求人担当の方とお話して、アポイントを取るのが主な仕事です。

インサイドセールスをする上で重要視していることはなんですか。

求人広告は、タイミングキャッチの商材だと思っています。
つまり、企業が求人媒体を変えたい、もしくは求人を増やしたいと思っているタイミングを掴むことが重要です。なので、電話では企業側が考えているタイミングをしっかり掴むことに徹し、他は営業に任せるようにしています。企業側と営業の相性もあるので、あえてがっつりと課題を聞き出すことはしないです。これまでの経験から、下手に電話で力技を使ってアポイントを取ることだけはしないよう心掛けています。

ヴァンテージポイントで働いてみての印象:実際にヴァンテージポイントで働かれてみての感想はいかがですか。

オフィス、自宅など働く場所を選択出来、自分のやり方で仕事が出来るので、働きやすいです。
ヴァンテージポイントには、マーケティング、人材紹介、コンサルが得意な人など、これまで以上に色々な経験を持った方が所属しています。なので、様々な視点からアイデアの情報交換が出来るのは、他の会社にはないことだなと思っています。

ヴァンテージポイントでの目標を聞かせてください。

ヴァンテージポイントに所属することで個人でも稼げるようになり、会社にも利益を出していくのが今の私自身の目標です。

ヴァンテージポイント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング