1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員インタビュー S I事業部 井原さん 入社1ヶ月でB I Gプロジェクトを任される!

こんにちは!

インタビューアーのコカジです!

今回は入社半年のSI事業部でシステムエンジニアとしてお仕事をする井原さんにインタビューしてきました!


          (インタビューアー:コカジ)

ー井原さんは電巧社に入社されて半年と伺いましたが、入社前は不安などありましたか?

それはもちろんありました。特に知識面での不安が大きかったです。

というのも僕自身今までソフトウェア会社やメディア系の会社で働いていたので、

電巧社のような製造業や商社といった業界への知識が全くなく入社するまでずっと不安に感じていました。


ーなるほど、実際に入社して働いてみてどうでした?

案の定、初めのほうは工場メンバーとの打ち合わせや生産管理システムで出てくる用語や仕様など分からない事だらけでした。

その都度、先輩たちがわかりやすく説明してくれて少しずつ打ち合わせの内容も理解できて意見などが言えるようになりました。

今では生産管理システムについての操作方法についての問合せにも対応できるようになったのは先輩方のおかげですね!笑

ー素敵な会社ですね!入社前と比べてイメージとのギャップとかはありました?

いい意味でイメージより賑やかでした笑

特に僕が好きなのが「殻破りカレッジ」という社員が様々なテーマでプレゼンを行うイベントなんですが、参加は任意にもかかわらず、毎回多くの方が集まって活気があり楽しいです!

仕事もイベントもみんな自発的に行動するので良い文化だなあって思っています。


(殻破りカレッジのプレゼンの様子)

ーたしかに!電巧社はFacebook、Instagramでたくさんイベントの様子を挙げているので想像しやすいですね。入社して一番印象に残っていることなどありますか?

私自身、業界のことを知らない中途採用にも関わらず、入社後すぐにチャンスをもらった事がすごく印象に残っています。

入社して1カ月ほど経った頃に、いきなり商社部門から現状業務で困っていることがあるので改善してほしいといわれました。

具体的には、得意先から送られてくる伝票内容の情報を経理システムに手入力している現状をどうにかしてほしいというものでした。特に締めの時期になると大量の伝票処理を行わなければならず、作業工数が膨大となり困っていました。

課題解決のため商社担当者の方へのヒアリングから行い、システム設計、開発、テストに至るまでと大きなプロジェクトとなりました。

最終的に、得意先から伝票だけでなく、出荷指示のファイルをもらい、そのファイルの中身を解読し、経理システムへ取込める形式のファイルを作成するシステムを構築することで、問題は解決できました。

正直、入社1ヶ月でここまで大きなプロジェクトを先導できることに驚きましたし、とてもやりがいを感じました。


(商社部門の方から入念なヒアリングをする井原さん)

ー本当に一からの大きなプロジェクトを早い機会に経験できるってなかなかないですよね。プロジェクトで一番苦労したことはなんですか?

苦労したことで言うと、得意先からもらう出荷指示ファイルから経理システムへ取込めるファイルを作成する際に、複数のデータパターンが存在するため、そのパターンを現場のユーザーとすり合わせるのは大変でしたね。

ただ、上司が相談にのってくれてどのようにプロジェクトを進めればいいかなどフォローしていただいたことで、スムーズに進行できました。

また、営業部と経理部もプロジェクトに関わっていたのですが、みなさん質問や課題に親身になって回答していただき、初めての経験でも非常にやりやすかったです。

挑戦できる環境を提供してくれること、バックアップ体制が整っていること、そして部が違ったとしても、プロジェクトを一丸となって進める事が出来る環境が電巧社の良さだと思います。

ー確かに!挑戦できる環境があることも十分素晴らしいですが、さらに誰かの挑戦に対して会社や周りがバックアップしてくれる体制が整っている環境って羨ましいです!

そしたら最後に、電巧社への入社を希望されている方へのメッセージをお聞かせください

今までと違う業界で働く事に不安があるかもしれませんが、業界未経験だった

私でも周りのサポートもあり、今では社内の色々な部署の方と仕事が出来ています。

電巧社では、仲間をサポートする環境があります。

電巧社には、自分が思い描いている通りの事を実現できる環境がありますので、

興味をお持ちの方は、まずは応募してみてください。



(編集後記)


           (電巧社の魅力に心惹かれたインタビュー後のコカジ)

井原さん、ありがとうございました!インタビュー中とてもイキイキしていて、充実していらっしゃるのがとても伝わってきました。

私は今までに多くの会社の話を聞いてきましたが、これだけ挑戦できる環境がある職場って本当に珍しいです!

挑戦できる機会があること、そして上司や周りの仲間からバックアップがあることで安心して前に進めますよね。

もっと挑戦したいエンジニアの方はぜひお話し聞いてみてください!

株式会社電巧社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう