1
/
5

【社員インタビュー2】不動産売買からマンション管理コンサルタントへのキャリアチェンジについて

こんにちは!採用担当の東良です。

今回は分譲マンションコンサルティング部の倉矢さんへのインタビューです。不動産業界、中でもカルチャーの異なる不動産売買を1社目に経験し晴耕雨耕にジョインした倉矢さん。業界経験者から見た晴耕雨耕はどんな風に映っているのでしょうか?


倉矢 将成

前職は不動産建築・売買を専門とした上場・大手企業の営業職。一生に一度の大きい買い物に携わることで自身の人間力を試したいと思い、新卒で入社する。成果を求められる環境ではあったが持ち前の顧客志向を活かし、一定の成果を上げていた。約3年前に晴耕雨耕に入社し、現在は分譲マンションの管理業務を担当している。

ライフステージが変化したため
自分のソフトスキルを活かしながら
ワークライフバランスが取れる点に惹かれて入社しました。

前職の仕事は、厳しかったもののとてもやりがいを感じていました。ただ営業成績が上がるとそれに応じて休みも取りづらくなってしまうこともあり、ライフステージの変化をきっかけに転職活動を始めました。

自分が経験した事を活かし、引き続き自分自身の人間力を活かせる/試すことが出来る仕事を探していたところ、エージェントさんから晴耕雨耕を紹介してもらいました。

数社面接は受けていましたが、自分の能力を活かしながら、転勤がなく休みもしっかり取れて家庭を大切に出来る晴耕雨耕に魅力を感じましたね。不動産業界の中でもマンション管理の仕事はワークライフバランスが整っていることも大きかったです。

社長や上司との距離がとても近く
会社が何を考えているかを理解できるのが特徴です。

前職と異なり、直接何かを売る訳ではないので最初は苦労しました。また、特に分譲マンションの運営は決定権を理事会・総会が有しているため、お客さまに寄り添って提案や準備を進めていくことが特徴的でした。

マンション管理は未経験でしたが、とても接しやすい方が多い会社です。特に社長や上司との距離が非常に近いですね。会社の考えていることが分かると、当たり前かもしれませんが、自分がどのように仕事をするべきかを理解することが出来ます。

元々は個人でガツガツ仕事をする方が好きでしたが、今のようにチームで仕事をすることで一緒に達成感を得ることが出来るのはとても素敵だなと感じています。


お客さまに寄り添い、親身になって仕事をすることで
一緒に喜びを感じることが出来る仕事です。

昔と違い、今のマンションはお住まいの方々の年齢層や家族構成も様々です。何かを決めたり、進めていくのは決して簡単ではありません。ただ、何かトラブルが発生した際やご相談をいただいた際に、誠実に、真摯に対応を続けることで、次第にお客さまから信頼いただけるようになります。

「晴耕雨耕さん」ではなく「倉矢さん」と、お客さまから頼っていただけることが、とてもやりがいに繋がっていると思います。

最後に

業界経験者から見たマンション管理業、いかがでしたか?業界知識はもちろん大切なのですが、居住者の方に親身になって仕事することにやりがいを感じられる価値観がとても重要です。

倉矢さん、本当にありがとうございました!!!!

晴耕雨耕株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング
晴耕雨耕株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?