Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

医療環境に特化した清掃コンサルティング業務を展開している会社です。 クリーンな院内環境を保つために、美観と衛生の両面から、お医者様などの施設責任者に対して継続的にアプローチしています。 主なお客様は阪神間の 小児科・眼科・薬局 など。 それぞれの環境に適したサービスの提案や打ち合わせを行うことで、環境美化の面から、高まる需要にお応えしています。 ◆弊社の事業内容一覧◆ ・病院・クリニック関連事業 建物の中でも最も清潔さが求められる「病院」が我々のお客様です。 実は、アメリカで医療施設の清掃は“Hospital Standard”と呼ばれ、高い清掃技術と知識を必要とされます。 しかし、日本では、オフィスビルと同じ水準で清掃概念が捉えられてしまい、海外とは差が生まれている実情があります。 そんな現状を打破し、院内感染を防ぐためにも、最も効果的で必要とされる5つのアプローチをコーナンは提案します。 目に見えるキレイは当然。目に見えないキレイまで。 美観と衛生の両面から日本の医療施設をキレイにする“Hospital Standard”という提案を行っています。 ・ハウスクリーニングほか清掃管理業務 普段手の行き届かない箇所から、日常のお掃除では困難な汚れまで、お掃除に関する様々なお困りごとを解決します。 ・ダストコントロール(リースキン)事業 ご家庭からショップ、事業所、病院、大規模施設まで、お客様のもとへ定期的にご訪問させていただくダストコントロール事業です。 お掃除用品や衛生用品のレンタルと販売を通じて、清潔で快適な空間作りをお手伝いさせていただきます。 ・空調・エアコン関連事業 エアコンを常に最良の状態でご使用いただくための洗浄・修理をはじめ、業務用空調機器の販売、現場の打ち合わせから工事、アフターサービスまで「安心価格・信頼施工」をモットーに、あらゆる場面での快適な空調環境をご提案いたします。 ・ビルメンテナンス事業 各種設備の管理・点検・保守や、場合によっては害虫駆除、各種内容の工事まで、お客様の環境に適した内容については、できる限りお答えする形で、幅広く対応いたします。

なぜやるのか

◆コーナンを通じて解決したい問題◆ 「医療機関に常に最高の美化環境を」 日本の医療現場を世界トップの基準まで引き上げたい。 その思いを軸として、幅広い医療現場を対象に、各種提案を行なっております。 近年、Made inJapan という言葉のブランド価値が少しずつ低下しており、医療の現場も世界トップとの差が広がりつつあると感じています。 日本には様々な領域で目立つ分野がある素晴らしい国であると考えているのですが、医療の領域については、日本人だけでなく、日本にお越しになられる様々な国籍の方が利用される可能性があるため、自国との差を痛感しやすいはずです。 その際に「日本は良い国だと思っていたが医療については自国の方が環境が良い」と思われてしまうことは非常に勿体無いことです。 また、医療現場に患者様が向かわれる際に、少しでもポジティブな気持ちをお持ちになってお越しいただける病院を1つでも増やすことができれば、今後の高齢化社会において、予防医療の促進や、定期通院の頻度をお守りいただける方がさらに増えることが考えられます。 医療施設は、何かあった時に、何気なく利用する場所だと思います。 しかし、誰もが訪れる可能性がある場所に対して、最高の美化環境を備えることができれば、将来的に日本国民の健康維持や、Made inJapan を世界に誇る1つのビジネスとして存在価値を長く世に届けることができると思い、創業から28年を迎えてなお、挑戦し続ける環境があります。

どうやっているのか

一人ひとり違った個性を尊重する風土が自慢です
◆事業の特徴◆ 弊社のお客様は、みなさんが 清潔な空間 と思われている、クリニックなどの医療機関です。 そのような環境を更に 綺麗に より 安全 に 安心 してもらえる空間にブラッシュアップしていくことが私たちのミッションです。 これまでの経験や事例を交えながら、お客様のご意向にもお応えできる形を、長くお付き合いさせていただきながら作り上げることができる存在であることが、私たちの誇りです。 ◆密なコミュニケーションがベースとなる職場環境◆ 少数精鋭ならではの相乗効果をもたらす風土があります。 弊社には創業28年間で培ってきた経験やノウハウがあります。 新しいメンバーは、それらの知識を応用することで早く仕事に慣れることができ、楽しくお客様に貢献できるワークスタイルを実現しています。 ただ、そのような好循環は、双方のコミュニケーションが円滑に進む関係が無ければ生み出すことはできません。 だからこそ社員には「メンバー同士が密にコミュニケーションを取りたい」というスタンスが求められ、役職者には「密にコミュニケーションが取りやすい振る舞い」が求められます。 また、社内での密なコミュニケーションをお客様との関係構築に応用いただけると自然と成果に繋がるため、知識やスキルだけでなく、弊社では人と人との対話を大切にしています。