1
/
5

新入社員ブログ① さや丸・イン・ワンダーランド

みなさん、こんにちは。新入社員の山本です。

わたしは那智勝浦に来てから、さや丸としてSNSに投稿しています。そこで日々感じたことを、こちらでもシェアしたいと思います。

朝6時30分。

海から吹く風の寒さと市場に並ぶマグロを見た瞬間、「那智勝浦に来たんだ」と実感しました。

脇口水産にエントリーするまで『那智勝浦』という地名すら知らなかったし、内定をいただいた時も「和歌山県で滝があって、マグロがいるところ」くらいしか本当に知りませんでした。

……『陸の孤島』と呼ばれていることも。

大阪・天王寺から特急くろしおで4時間。

わくわくと不安でいっぱいでした。進学を機に山口県を出て、10年ぶりの地方暮らし。初めての水産業。初めての土地。初めての車生活。




↑大阪〜那智勝浦への道中

地図で見るとそんなことないように見えますが、紀伊半島南東部の地域は、東京からの時間距離がもっとも遠い地域と言われています。JR特急に乗っても名古屋から3時間半、東京からは新幹線「のぞみ」を使っても5時間半ほどかかります。

そんな那智勝浦で出会ったものは数えきれません!

まず、毎日違うことが起こるおもしろさ。

晴れると抜群に空が綺麗で、山が澄んで見える。打って変わって勝浦名物の大雨の日があったり。風が強い日にはマグロのヒレがぱたぱたして、スタッフの帽子が飛んで行ったり。霧が深い日は景色が一気に幻想的に変わります。天気が変わるだけでこんなにも景色が変化するのは、自然に近い暮らしならではだと思います。


↑じっと見ているとたくさんの生き物たち行き来しているんです。

それに、何もなさそうに見えて、生きものがたっくさんいることに気づく楽しさも実感しています。

それこそ、自然の近いところに住む醍醐味ですよね。

特に磯に行くと、ヤドカリにカニにテナガエビにハゼにフナムシに、トコブシ。小魚もたくさん泳いでる。そしてたまに道路を横切ってくるカニ。

海と同じくらい山が近いので、猿や鹿もよく見ます。先輩の家の近くでは猿のケンカは日常茶飯事だとか。それに、いのししに野うさぎも一度だけ見ました。わたしはもうびっくり!

洗濯物を干そうとベランダに出たら、キジがうろうろしていることもありました。


さらに!なんと!自然の中で育った勝浦の方々は、魚をモリで突くらしいのです!!そんな地元の方との文化の違い(笑)もおもしろいです。


そんな毎日を過ごしていると、社長がよくおっしゃるの意味を実感します。

「熊野はワンダーランドだ。」

あしたどんな出会いがあって、何が起こるのかまったく検討がつきません(笑)

日常なのに、予想外のことばかり。勝浦はそんな場所です。

株式会社ヤマサ脇口水産では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう