1
/
5

なにをやっているのか

あらゆる業界ニーズにこたえる豊富なミニアプリ
マーケティングオートメーションに特化したCRM(顧客管理)
わたしたちは、「わたしたちは、「最も役に立つ・感動する接客体験を」をミッションに、 町の店長に届けられる自動化社会を目指し、幅広くビジネス活動・業務自動化をサポートしています。現在約60名の社員が在籍しており、約半数は外国籍もしくは外国生まれという様々な環境を経験してきたメンバーが在籍しています。 社員それぞれの多様性、個性を受け入れながら助け合える、強く幸せな組織を目指しています。 ********************** ◆選考について zoomを使用したweb面接を実施しています。 ◆勤務体制について 出社オフィスは新横浜駅近くにあり、近くへ引越した場合は引越代・家賃手当てがあります。 (近日中に新横浜駅近くに拡大移転を予定しております) ◆経営状況について 4年間連続でYoY200%以上のスピードで成長し、現在14カ国・60名ほどの国際色豊かで多様性あふれるメンバーを迎えています。 また、会社規模拡大に伴い2018年10月LINE/D4V/有安氏など7000万、2021年12月NetStarsと金融機関など合計3.4億円の資金調達を実施いたしました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000045103.html *********************** エボラ二では、電話、メール、LINEやfacebookなどのSNS、企業の独自アプリ、オフラインなど、オムニチャネルでの接客の自動化と顧客情報の連携を実現する「anybot(エニーボット)」(https://anybot.me/ )を運営しています。 サービス開始直後から世界的ファッションブランドの店舗検索と新商品紹介や、教育機関の進路相談、各種大学のオープンキャンパス予約など、企業のLINEアカウントで様々なビジネス活動を行う際に導入いただきました。現在は、大手化粧品メーカー、小売・卸販売業者、スーパーマーケットチェーンなど、3500社を以上の企業に導入頂いております。LINE公式アカウントの運用に導入頂いています。 <導入頂いた企業の実例> ・日比谷花壇 顧客に対する効果的なコミュニケーションが課題であったLINEアカウントで、「顧客一人一人に合った情報の配信」「記念日リマインダーからの成約率向上」を可能に。 (https://markezine.jp/article/detail/35679) ・極東産機株式会社 anybotを導入後1年で友だち数が1万8千人を超える獲得数となり、リード獲得への導線がスムーズになりました。 (https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000045103.html

なぜやるのか

エボラ二は中国出身の代表、宋瑜(song)が、「日本のIT化における深刻な課題を解決したい」という思いのもと、カナダ出身の役員(マーケティング)、日本人の役員(ビジネスサイド)の3名で創業しました。2018年3月の会社設立後同年、LINE株式会社やD4V合同会社から出資を受けてサービスを順調に拡大しています。 エボラニは「テクノロジーの力で街の商店の接客体験向上に貢献したい。 」という想いをカタチにするために1つのミッション (目標)と5つのバリュー(価値観)を制定しています。 貢献 Contribution. 街で働く人々の明日が、今日より少しでも快適で、 心躍る日になるように貢献し続けていきたい。 テクノロジーのきらめきを、私たちの情熱とぬくもりで 街のすみずみに届けていきます。 遂行  Get Things Done. リミット(期限)は超えず、リミット(限界)を超える。 守りと攻めを両立する姿勢で、 顧客が抱える課題に挑み続けます。 共感 Make People Happy. 顧客、利用者、仕事をともにするメンバー。関わるすべての人の立場になりきって、共感する。 多様性を認め、受け入れることは、イノベーションを生み出す上で欠かせません。 自省 Help Me Grow. 「いま、自分が何をやるべきなのか」冷静に、客観的に自己を見つめる力が、個人、組織、サービスの成長に繋がります。

どうやっているのか

<多国籍なオフィス環境> 全従業員の半数以上は外国籍の社員で構成されており、オフィス内で使用する言語は主に日本語と英語です(主には日本語になります)。 エボラニのカルチャーを4つの言葉で表すとフラットで柔軟性があり、国際的かつフェアであるということです。様々な国籍、様々な環境で生まれ育ったメンバーが集まっており、オフィスでは日本語、英語、中国語等が飛び交っています。 また、社内でのパーティーもよく開催されており業務以外でのコミュニケーションも大切にしています。 <充実したスキルアップサポート> ・勉強会の実施 ・書籍購入補助 ・研修/セミナー補助 ■今後の展開 「最も役に立つ・感動する接客体験を。」をミッションに、小売やサービス業を中心に、anybotのノーコード・ローコードのミニアプリの構築基盤を更に進化させ、従来より「早く・安く・ストレスのない」ソリューションを企業様に届けることで、LINEミニアプリの普及及び日本のDX化推進に大きく貢献して参ります。 同時に世界に受け入れられるようなサービス提供へのチャレンジをスタートして行きたいと思います。