1
/
5

なにをやっているのか

当社は下記の3事業を柱とし、富士通グループの一員として、官公庁や大手通信会社、自動車メーカー、医療業界など、幅広い業界の大規模プロジェクトにおいて、お客様のご要望に合わせた最適なソリューションをスピーディにご提供しています。 ■ICTインフラ構築事業(最適なICTインフラの企画提案から構築まで全てを担う) スケーラビリティ等の利便性はもちろん、強固な安全性・安定性が求められているICTインフラシステム。膨大なデータがあふれ、ビッグデータの二次利用なども注目を集め、デジタルトランスフォーメーションの時代に突入した今、要望は多様化しています。私たちはこれまでの豊富な経験や実績を通じて培ったサーバやネットワーク等のインフラ技術によって、お客様に安心してご利用いただける最適なICTインフラシステムのご提案から構築まで全てを行います。 ■ソフトウェア開発事業(高品質、高信頼、高効率なICTシステムを迅速に提供) クラウドや人口知能(AI)、ビッグデータ、IoT等デジタルサービスへ期待が高まる中、働き方改革や業務自動化へこれらの最新技術を適用するため、私たちは実践を通じたノウハウ蓄積を推進しています。一方、お客様の基幹システムの業務アプリケーション開発、さらにERPパッケージ「SAP」ではコンサル・開発・運用と幅広く対応しています。デジタルサービスから基幹システムまで私たちはアプリケーションベンダーとしてサービスを提供しています。 ■ICT運用サービス事業(世界基準「ITIL」に準拠した安全・安心な運用サービス) ICTの運用は、クラウド基盤の活用やクラウドとオンプレミスの連携など多様化し、様々なリスクに対し高度な運用サービスが求められています。私たちは世界標準であるITIL に準拠した専門技術者により、高品質な運用サービスを提供します。システムライフサイクルやご要望に応じてお客様のシステム運用を支援し、ご負担を大幅に軽減します。さらに、コンサルティングによる運用全体の最適化を図ることで、ベストパフォーマンスのICT運用サービスを提供しています。

なぜやるのか

ICTを取り巻く環境は、クラウド・ネットワーク・仮想化・IoT(Internet of Things)・人工知能(AI)・セキュリティなど多様化・高度化し、人々の働き方や日々の生活に変化を起こし続けています。 また、多くの企業はこれらのデジタル技術を活用して更なる事業の成長を図ろうとしており、これからのICT技術は新たなイノベーションを起こす役割を果たすべくますます重要になってまいります。 私たちは、変化の激しいICTの動向をいち早く捉え、お客様、パートナー様と共創し、常に卓越したサービスをご提供するプロフェッショナル集団を目指します。 そしてこれからも変革に挑戦し続けることにより、私たちのお客様が価値とするものを形にしてまいります。

どうやっているのか

1.「お客様起点」で考え行動する あらゆる発想と行動の原点をお客様に置き、高い専門技術とコンサルティング能力をもちいて、 お客様のシステムの課題をスピーディーに解決します。何事にも誠意をもって対応し、お客様との強い信頼関係構築に努めています。 2.Technology&Teamwork(高品質な技術・サービスをチームワークで提供する) 高度な専門スキルを有した社員がいるのはもちろんですが、何よりも、社員同士のチームワークをとても大切にしています。難易度が高いプロジェクトでも、チームメンバーと課題を共有し、効率的に対応し、時には部署を超えた技術協力を行い、プロジェクトを成功に導いています。 社員同士の信頼感、結束力を高めることが、組織を成長させると考えています。 3.人材こそが最も重要な財産であり、人の成長が会社の成長に直結する 当社では、「人材こそが重要な財産」、「人の成長が会社の成長に直結する」と考え、 社員教育に力を注いでいます。富士通グループならではの充実した教育制度や、新しい技術にチャレンジする社員を全面的にバックアップできる体制(資格取得制度及び社内での勉強会など)があります。