1
/
5

ソーシャルベンチャーって・・何だ!?

こんにちは!株式会社LINK コーポレート担当の中澤です。
突然ですが弊社は「ソーシャルベンチャー」です。
聞いたことは・・ある。何やら良い響きがするのを感じる。
じゃぁ説明できますか?と言われるとちょっとできない、、。

そんな方のために、「ソーシャルベンチャーとはなんぞや?」をゆる〜く解説します!

ソーシャルベンチャーとは

ソーシャルベンチャーとは、国や行政、また政治の問題とされているような社会問題に対して、ビジネスの手法を用いて問題解決を目指すベンチャー企業のことを指します。

一口に「社会問題」と言っても様々なカテゴリーがありますよね。貧困、差別、教育、介護、福祉、環境問題などなど。。。
それらの社会問題に取り組みつつ、企業として継続していくために利益も追求するという、チャレンジングな企業といえます。

LINKが解決したい社会問題

ではLINKが解決したいと思っている社会的な問題は何かというと、ズバリ「介護の課題」です。
現在、介護保険制度の規制強化の流れを受けて、介護保険制度のルールが厳格化されています。それにより、以下のような課題が解決できずにいます。

・訪問介護が利用しづらくなり、最期まで家で過ごすことができない要介護者の増加
・介護を理由に仕事を辞める介護離職者の増加と難しい再就職
・介護士の低賃金問題による慢性的な介護士不足
・新型コロナウイルス感染拡大による訪問介護員の負担増大と離職増加

このような課題を解決すべく、「イチロウ」というサービスを立ち上げました。
サービスの詳細についてはイチロウの公式サイトをご覧いただけると嬉しいです。
面談のご縁がある方には直接ご説明させていただきますね!

イチロウのサービスサイト
https://ichirou.co.jp/


様々な領域にチャレンジするソーシャルベンチャー

最後に、私が個人的に応援しているソーシャルベンチャーを紹介します。(紹介したいだけです)

・株式会社コテン
https://coten.co.jp/
コテンさんは、世界史のデータベースを作ろうとしている会社です。時期、位置、人物、功績などをデータベース化し、歴史の情報を統計的に分析できるシステムを作ろうとしています。
歴史を知ることでビジネスにも活用できる気づきがありそう!

・株式会社ボーダレス・ジャパン
https://www.borderless-japan.com/
ボーダレス・ジャパンさんは世界中様々な社会問題に取り組んでいるのですが、中でも応援している取り組みが、自然エネルギー100%の電気を届ける「ハチドリ電力」です。私の家はハチドリ電力に変えました。

「ソーシャルベンチャー」というカテゴリーに興味を持ったら、ぜひご自身が社会課題だと感じている領域に取り組まれてるソーシャルベンチャーを探してみてはいかがでしょうか。

そしてLINKが取り組んでいる介護領域の課題に共感いただけた方、ぜひお気軽にご連絡ください♪


株式会社LINKでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう