1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

『自分のキャリアは自分が一番真剣に考えている。』考えることを武器にする彼が新卒でエクスコアを選んだ理由。

『新卒2年目の社員に就活してた頃の話を聞いてみました!』企画、第四弾!!

こんにちは。人材事業部の龍田です!
今回インタビューするのは新卒2年目、Webコンサルティング事業部営業担当の村上さんです!

Webコンサルティング事業部 営業担当 村上

学生時代、計8つのアルバイトやインターンだけではなく、
個人事業主としても活動し、路上靴磨きと動画クリエイターを経験。
年間100万円以上の案件を受注から運用まで行なっていたとのこと!
得意なスポーツは野球・空手・水泳・スキースノボ・バレーボールなど多岐にわたるようです。

そんな彼がどのように就職活動を行いエクスコアに入社したのか。
また入社してからの1年間について振り返ってもらいました!

”自分の価値とは何か”考え続け、強みを活かしてきた学生時代

龍田 村上さんは学生時代に色々な活動をされていたと思いますが、就職活動に繋がった経験はありましたか?

村上 色々ありますが、1つは人材系の会社で長期インターンを経験したことだと思います。そこでは主に大手・中小問わず100名以上の採用担当者の方にインタビューをして記事を書いていました。想像していた通り、様々な業界・業種の方と接点を持つことができ、各業界の働き方やビジネスモデルについても学ぶ事ができたので、職業選択の際に活かせたと思います。また、採用担当者の気持ちを理解して就職活動に臨めたのも大きかったです。

龍田 それはすごく良い経験でしたね!様々な方の話を聞いた上で、どのようなことを軸にして就職活動を行なっていましたか?

村上 ”自分の強みを活かせる仕事”というのを軸にしていました。僕の場合は考えることが好きで得意だったので、それを活かすためにWebマーケターという仕事が良いのではないかと思っていました。

龍田 "考えることが好きで得意"というのはいつ頃から意識し始めましたか?

村上 強く意識し始めたのは高校生の時、野球部での経験からですね。ずっと野球をやっていて、中学では体格の良さとかそういうところである程度活躍できていたんです。ただ、いざ強豪校に進学したらなかなか成果が出せず…野球が好きでセンスもあって、もちろん努力も怠らないような人たちが200人も300人もいる中で、上に上がるためには頭脳プレーをするしかないと思って実行したのがきっかけですね。自分の価値を高めるために戦略的に動き始めたのはこの頃からだと思います。

龍田 なるほど。厳しい競争環境の中で身につけていったものということですね。

村上 そうですね。人並み以上に努力をしてもそれだけでは勝てない世界だったので。ベンチにいる時などはピッチャーがどのような球を投げるのか毎球考え続けていました。なので打率は結構良かったです!

龍田 野球の経験を通して”得意な領域で勝つ”ということを身につけていったんですね。

村上 はい。得意なことは理解していたので、自分の強みを活かして仕事に就くというのは自分の中で明確に決めていました。

Webマーケター以外の新たな選択肢

龍田 エクスコアのことはどのように知りましたか?

村上 採用媒体でマーケターに絞って調べていて知りました。やりたい事は明確だったので、当てはまる企業があれば、少しでも多く選択肢を持ちたいと考えていました。

龍田 なるほど。エクスコアの当時の印象はいかがでしたか?

村上 必ずしも最初から印象が強かったかと言われるとそういうわけではないです。印象も良く、希望している職種があるので選考に進んでいたという感じですね。

龍田 そうなんですね。最終的にはエクスコアに入社するわけですが、どこで大きく志望度が変わりましたか?

村上 選考の後半ですね。媒体では募集していない新規事業に誘っていただいたことで大きく志望度が変わりました。選考で初めて会った、しかもまだ学生の自分がそのような機会をいただけることは驚きましたが、素直に嬉しかったです。

龍田 当初志望していたWebマーケターとは違う職種だと思いますが、その点はいかがでしたか?

村上 職種こそ違いますが、事業を創るということはまさに考える仕事だと思ったので迷いはありませんでした。個人事業主として0→1を作り上げた経験を活かしつつ、より求められるものが多い企業レベルでの0→1に携われることは、貴重な経験だと感じました。そこに1年目から携われるということだったため、インターン時代に知り合った人事の方から直接内定をいただいたりもしていましたが、より貴重な経験ができて、自分の価値を高められる選択肢としてエクスコアを選びました。

自身も会社も大きな変貌を遂げた1年間

龍田 新規事業として挑戦した内容を改めて教えていただけますか?

村上 はい。エクスコアはもともとリスティング広告に強みを持ってここまで成長してきたと思います。僕が携わったのはより広い範囲のインターネット広告及びSNS広告やWEBサイト制作などです。あらゆる手法を用いて顧客の課題解決を行うWebマーケティング事業において、案件ベースから事業部化まで引き上げることがミッションでした。

龍田 ありがとうございます。この1年間、様々なことがあったと思いますが、新卒1年目を振り返ってみていかがですか?

村上 この1年、想像よりもたくさんの大変なことがあったと感じています新規事業ならではですが、関わるメンバーが全員手探りの状況でも評価対象はやはり数字が一番なので、早く事業を黒字化させないといけないというプレッシャーは常にありました。役割の範囲も明確に決まっていなかったため、業務範囲もかなり広かったなと。本当に大変でしたが僕にとって非常に価値ある1年だったと思っています。

龍田 期待されていた分、求められることも大きかったんですね。

村上 そうですね。ありがたいことに…!笑 新卒1年目で広告の知識もまだまだ未熟でしたが、営業として新規案件の獲得をしたり、事業部の設計を行なったり、細かい調整にも携わりました。その中で提案が上手くハマったときや想定以上の成果を出せた時、あとは改善点を洗い出して対策したことによって成果が上がったときは素直に嬉しかったです。

龍田 この1年で変化したと感じるところを教えてください!

村上 自分自身の成長ももちろんですが、会社自体も大きく変化したと感じています。僕が携わった事業が正式に事業部化して、僕自身も入社2年目でサブリーダーという役職に就くことができました。また、クリエイティブチームが拡大してきたことも大きな変化だと思います。1年前の自分が1年後の姿として思い描いていたエクスコアと今のエクスコアを比べると、目標通りうまくいっていると感じています。

龍田 それは素晴らしいですね!今後はどのようなことに挑戦していきたいですか?

村上 弊社の営業は、マーケターと共に戦略立案であったり、数値分析も行いますが、今後はよりマーケターに近い立場で業務を進めていくというのが挑戦したいことですね。

この1年を振り返る村上さんからは、積み上げてきたものに対する自信を感じることができました。

今後はより一層、成長中の事業部・会社を引っ張っていけるような存在になってもらえたらと思います。

エクスコアでは、向上心を持って成長し、顧客に価値提供できる仲間を積極的に募集しています。

▼村上さんが所属するWebコンサルティング事業部の営業担当に興味を持った方はこちらからご応募ください!

インターネット広告営業
20代でスキルを身につける!Webコンサルティング営業に挑戦しよう
弊社の「インターネット広告事業」について紹介します。 ■インターネット広告事業の概要
Google、Yahoo!の広告や各種SNS広告を用いたWebコンサルティングサービスを提供しています。
顧客のWebマーケティングの本質的な課題を解決する付加価値の高い提案にこだわり日々業務に取り組んでいます。 顧客へは「企画」「設計」「実行」「分析」の全てのフェーズで価値提供をしています。 
包括的なマーケティング戦略を基にした一貫した体制をとることで、 顧客の課題を解決するための提案から実行まで責任を負い、高い価値提案に繋がっています。 【インターネット広告事業 サービスURL】 
▪︎リスティング広告 運用代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/ ▪︎リスティング広告アカウント作成代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/sakusei-daikou/ ▪︎動画広告 運用代行サービス
https://video.xscore.co.jp/ ▪︎オウンドメディア『Webma』 https://webma.xscore.co.jp/ 弊社では「顧客主義」を掲げお客様に寄り添い、顧客が満足しながら
取引ができる環境を作り、そしてお客様にとって価値あるサービスを提供し
永く会社を繁栄させていくことを考えています。
株式会社エクスコア

みなさんのエントリーをお待ちしています!

株式会社エクスコアでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう