1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

『自分が求めるスキルを得られる環境だと感じた。』短期決戦の就活で見つけた成長できる場所。

『新卒2年目の社員に就活してた頃の話を聞いてみました!』企画、第二弾!!

こんにちは。人材事業部の龍田です!
今回インタビューするのは新卒2年目、DAS事業部営業担当の山村さんです!

DAS事業部 営業担当 山村

石川県金沢市出身の新卒2年目。
小学2年生からサッカーを始め、中学時代は本田圭佑さんと同じ星稜でプレーした経験も。
「思い出したくないほどのきつい練習」を経て、全国優勝も経験した実力者です!
大学入学後は一転、植物に興味を持ち、西洋タンポポの根っこの研究をしていたとのこと。

そんな彼がどのように就職活動を行いエクスコアに入社したのか。
また入社してからの1年間について振り返ってもらいました!

2ヶ月で80社!短期集中型の就職活動

龍田 山村さんは植物の研究をしていたんですよね。研究職に就くという選択肢はありましたか?

山村 もちろんありました。農学部だったので周りの友人も6〜7割くらいは研究職に就く予定でした。ただ漠然とではありますが、民間での就職も考えていたので就職活動は行いました。

龍田 就職活動はいつぐらいから始めたんですか?

山村 夏のインターンにも参加はしていたんですが、迷いもあったので本格的に始めたのは大学3年生の3月からです。当時はとにかく情報を集めないといけないと思い焦っていました。なので1日3社くらい説明会をはしごする日もあって、2ヶ月で70〜80社くらい参加したと思います。    

龍田 かなり短期集中ですね!笑 1日3件はすごい…!就職活動ではどんな業界を見ていましたか?

山村 まず成長業界がいいなと思っていたのでIT業界を見ていました!若いうちからそういう業界に身をおいて学んでおくことは自分にとってプラスになるかなと。

龍田 なるほど。ITと言っても色々あると思いますが、その中で特に見ていた領域はありますか?

山村 説明会に参加した内の半分くらいはインターネット広告の会社でした!どの環境でも必要不可欠なコミュニケーション能力は絶対に身につけたいと思っていたので、営業を中心に見ていました。  

エクスコアへの入社を決めた理由

龍田 山村さんはインターネット広告の会社だけでも30〜40社くらいの説明会に参加したと思いますが、数多くの企業の中で、弊社の選考に進もうと思ったのはなぜですか?

山村 まずは面接や面談を通して担当の方の発言の納得感とか、身近になかなかいないようなすごい人だなと思って、こういう能力を身につけたいと思って選考に進みました。
選考に進んでいく中で他の社員の方ともお話させていただきましたが、みなさん同様にすごいなと感じました。

龍田 "自分が身につけたいと思う能力を持っている人が多かった"というのが理由なんですね。他に印象に残っていることや入社の決め手になったことはありますか?

山村 会社の説明がオープンだったことと役職者との距離が近いことですね!
1つ目に関しては、加藤リーダーや他の社員の方から、選考中にたくさん話を聞く機会を設けてもらっていました。なので会社に対して不透明な点が少なくて安心感がありました。

2つ目は役職者との距離が近いと感じたことですね!これは今も実感していることですが、リーダーを含めた役職に付いている方々から助言をいただける機会が非常に多いです!

龍田 ではその2点が決め手になって承諾したんですね。

山村 はい!4月下旬に内定をいただいて、自分が求めている環境だと感じたので内定を承諾しました。

常に考え、行動し続けた社会人1年目

龍田 「コミュニケーション能力を身につけたい!」という思いからインターネット広告の営業職を志望していましたが、この1年で力はついてきましたか?

山村 そうですね。この1年間で少しずつ身についてきたと思います。もちろんまだまだ未熟ですが…笑
毎日営業を行っている成果だと思うのですが、仕事でもプライベートでもいろいろと考えながら話せるようになってきました。

龍田 なるほど。いいですね!反対にもっと良くしていきたいところはありますか?

山村 それはたくさんありますね…!トークのメリハリとか、正直あげたらきりがないです。笑
まだ入社して1年ですが、日々リーダーであったり、多くの方々からアドバイスをいただいているので、改善点に向き合う機会は非常に多いと感じています。

龍田 たしかに山村さんから質問して様々なアドバイスを受けている機会が多くありますね。営業活動の中でも特に大変だったことを教えてください!

山村 一番大変だと感じるのは答えがないということですね。これを伝えたら絶対に成約につながるっていうものはないですし、行動と結果が結びつかないことももちろんありますし。
大学時代、植物の研究をしていたからこそ答えを求めてしまうところがあって、そこはすごく大変だと感じるところですね。

龍田 たしかに正解がわからない中、やりきることって大変ですよね。山村さんはどのように気持ちの折り合いをつけているんですか?

山村 まずは「答えがない」ということを前提として捉えるようにしています。完璧な正解はないですが、少しでも正解に近づけるように毎日PDCAを回すことを心がけています。会話をする際は相手が何を考えているのか考え続けたり、あとは量をこなすことも大切だと思っています。

龍田 1年間を振り返ってみて、どんなところがこの仕事のやりがいだと思いますか?

山村 一番は成長を実感できていることですね。営業なので数字を達成できた時ももちろん嬉しいですが、私の場合は自分が努力をしてその成果としてどこでも通用するような能力を身につけられていることは非常に大きなやりがいです!

「まだまだ未熟なので…」と終始謙虚な姿勢を見せてくれた山村さん。
実際は誰よりも努力家なので、この1年間で自身の理想に向けて大きな一歩を踏み出せたのではないかと感じています!

既存の商品を売る力を身につけることができてきたので、今後は新たな商材の営業にも挑戦してみたいとのことでした!今後、より一層の活躍に期待しております!

エクスコアでは、向上心を持って成長し、顧客に価値提供できる仲間を積極的に募集しています。

▼山村さんが所属するDAS事業部の営業担当に興味を持った方はこちらからご応募ください!

インターネット広告営業
話題のインサイドセールスで多数実績有|ネット広告の営業に挑戦しませんか
弊社の「インターネット広告事業」について紹介します。 ■インターネット広告事業の概要
Google、Yahoo!の広告や各種SNS広告を用いたWebコンサルティングサービスを提供しています。
 顧客のWebマーケティングの本質的な課題を解決する付加価値の高い提案にこだわり日々業務に取り組んでいます。 弊社はインターネット広告の中でもとりわけ「リスティング広告」に強みを持ち会社の基盤を築いてきました。 これまで自社オリジナルのパッケージプランを日本全国約1000社以上の企業様に提供しています。 顧客へは「企画」「設計」「実行」「分析」の全てのフェーズで価値提供をしています。 
包括的なマーケティング戦略を基にした一貫した体制をとることで、 顧客の課題を解決するための提案から実行まで責任を負い、高い価値提案に繋がっています。 【インターネット広告事業 サービスURL】 
▪︎リスティング広告 運用代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/ ▪︎リスティング広告アカウント作成代行サービス
https://listing.xscore.co.jp/sakusei-daikou/ ▪︎動画広告 運用代行サービス
https://video.xscore.co.jp/ ▪︎オウンドメディア『Webma』https://webma.xscore.co.jp/ 弊社では「顧客主義」を掲げお客様に寄り添い、顧客が満足しながら
取引ができる環境を作り、そしてお客様にとって価値あるサービスを提供し
永く会社を繁栄させていくことを考えています。
株式会社エクスコア

みなさんのエントリーをお待ちしています!

株式会社エクスコアでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう