1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

1年前の私が勇気を出して社会に一歩踏み出してみた話とそこで得たもの。【営業インターン】

こんにちは。新卒2年目、人材事業部の龍田みお梨です!

今回はエクスコア社員インタビューの第一弾としてインターン生のI.Mちゃんに話を聞きました!

就活が終わってまた戻ってきてくれたI.Mちゃん。約1年間のインターンを通して得た学びなどを聞いていきたいと思います!

■ではまず自己紹介からお願いします!

法政大学4年のI.Mです。

経営学部に所属していて春からはメーカーの総務・経理を担当する予定です。


■なぜアルバイトではなくインターンをやってみようと思ったんですか?

実は、最初は長期インターンシップという存在も知らなかったんです。

ただ教授に相談した時にインターンにも色々と種類があるということを教えていただき挑戦してみたいと思うようになりました!


■なるほど。多くのインターンの中からエクスコアを選んだ理由って何ですか?

ちょうどその時に学校で広告の授業を受けていてすごく面白いと感じていたんです。

Web広告の方が身近だけど授業ではあまり触れていなかったので仕組みを知りたいと思ってweb広告系の会社で探していました!

あとは、募集記事の中で企業理念の“関わる全ての人が誇る”っていうところを全面に打ち出していたのが、私としてはすごく印象に残って応募したのを覚えています!



■実際にエクスコアではどんな業務をしていましたか?

最初は社会に出たら絶対に必要な電話対応や営業の方が架電するためのリスト作成をメインに行っていました。

自分が作成したリストが成約に繋がったりして、最終的にはアポイント獲得の電話まで任せてもらえました!


■約1年間のインターンでどんな学びがありましたか?

基本的ですが「わからないことは自分から聞くことが大切」だということ。

私はどちらかというと1人で頑張るタイプでなんでもかんでも聞くっていう感じじゃないんですけど。

業務の一環として業界研究のプレゼンテーションをした時に、自分なりの解釈ややり方で進めてしまって、結局すごく時間がかかってしまうということがありました。

それからは時には遠慮しないで聞くこともすごく大切だなと思うようになりました!


■エクスコアは質問しやすい雰囲気でしたか?

はい!自分から少しずつ質問するようになって気づいたのは「誰に聞いてもちゃんと答えてくれる」ということ。

当たり前のように聞こえるかもしれないですが、ほったらかしにしないというか面倒見の良さはすごく感じました。

特に教育担当の河野さんと椎さんにはたくさんアドバイスもいただきました。


■入ってみて気づいたエクスコアの良さって他にもありましたか?

1番はオンとオフの切り替えがすごくしっかりしていること

特に休憩から戻る時に一瞬で切り替わるのはすごく印象的でした。

他にも、仕事と業務後の切り替えもすごいなと思って。

仕事の時に真剣な人ほど業務後に気さくに話しかけてくれたのでびっくりしました。

■最後にエクスコアに興味がある人にメッセージを!

入社前は、勝手に緊張してましたが、実際に入ってみたらみんなすごく優しい会社だと感じました!

なので安心して入っていただけたらいいかなと自信を持って言えます!

株式会社エクスコアでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう