1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

小田原市「eemo(イーモ)」が、小泉環境大臣会見で、地域と企業の協業事例として紹介されました!
地元企業・自治体に協力いただき、福島県でも事業を展開しています。現地に出向くことも多いです!
私たちREXEV(レクシヴ)は、電気自動車(EV)に特化したカーシェアリングの事業を展開しているエネルギー企業です。2020年6月のカーシェアリング事業スタートに向けて、まさに立ち上げフェーズにあります。 カーシェアリングと聞くと、レンタカーのような企業イメージを持たれるかと思います。ただ実はREXEVは、エネルギー業界出身の3人で立ち上げた『EVを活用したエネルギー企業』です。 再生可能エネルギーとカーシェアを掛け合わせたサービスを構築し、地域の課題をビジネスで解決を目指しています! ❐ ビジネスコンセプト 私たちのビジネスは、主に3つのコンセプトによって構成されています。 1. e-モビリティ特化型カーシェアリングサービス事業を展開する 2. e-モビリティ駆動のための電気エネルギーには極力再生可能エネルギーを充電して利用する 3. 複数のe-モビリティをネットワーク化することで、e-モビリティを単なる移動手段としてだけでなく、バーチャルパワープラント(VPP)として再生可能エネルギーの調整力や地域ライフラインとして付加価値を創出する ❐ ロードマップ 【Step1:2019年〜 EVシェアリングの実現】 ●EVを用いたカーシェアリングの小田原での実証 ●充電設備の配備 ●エネマネをにらんだ予約・車両管理システムの開発 ●再エネの企画・営業・普及 【Step2:2020年〜 他地域へのサービス展開とEVエネマネの実現】 ●小田原以外の地区へのサービス展開 ●再エネ普及に向けたエネルギーの効率利用 ●EVのVPP利用 ●V2Xによるロードカーブ調整 ●他者管理EVもマネジメントできるプラットフォーム開発 ●再エネ発電量を環境価値としてトークン化して取引 【Step3:2022年〜 EV自動運転の実現】 ●移動サービスの効率化 ●自動運転を用いた移動サービスの実施 ●公共交通のEV自動運転化 ●物流業務のEV自動運転化 【Step4:2030年〜 長期ビジョンの実現】 ●移動コストゼロ社会と再エネによるクリーンエネルギー社会の実現 ●自動運転および限界費用ゼロの再エネをモビリティへ100%利用し、移動コストをゼロへ ●再エネ100%利用による完全脱炭素化

なぜやるのか

脱炭素、コスト削減、地域貢献、CSR、防災。eモビリティの可能性は無限だと思っています。
電気自動車は、単なる移動手段ではなく、小さな発電所だと思っています!
〜「移動の限界費用0社会」を目指して〜 再生可能エネルギーが普及すれば、発電コストは限りなく0に近づいていきます。 その電力を使ったEVで移動をすると、移動コストが0にはならなくても、限界費用は0にできる。つまり、近所に移動するのと同じコストで遠くまで移動できるようになります。 私たちの究極の目的は「タダで移動できる社会を作る」ということです。経済的にも、地域社会にも、環境にも負担やコストをかけずに自由が移動できる時代。そんな時代を切り開こうとしています。 これを私たちは「全ての人が限界費用ゼロで移動できる、持続可能な社会インフラの実現」と表現して、ビジョンに掲げています。 ❐ 3つのミッション 1. 再生可能エネルギーを利用したeモビリティの普及 2. 自動運転技術を利用したeモビリティの利用による新しい移動サービスの創造と普及 3.地域資源を活かした移動サービスプラットフォームの提供による地域循環共生社会の構築になります。

どうやっているのか

シェアオフィスのビジネスラウンジ。ここで作業することが多いです。
まだ6人の小さな組織です。役員3名は、全員エネルギー業界出身の専門家です。
〜地球環境に優しく、持続可能な働き方を目指したい!〜 東京オフィスは神田のシェアオフィスを利用しており、担当するプロジェクトにもよりますが、基本的な働き方は東京オフィスとアサインされた地域に1:4で出勤するイメージです。 現在は、シェアオフィスに入居していますが、メンバーが増えるとともにどこかにオフィスをかまえなければなりません。しかし、私個人は「オフィスって必要なのかな?」と思い始めています。それぞれが都合のいい場所、心地よく感じられる場所で仕事をすればいいのではないか。打ち合わせはオンラインでもいいし、どこかに集まってシェアリング会議室をその時だけ借りればいい。自社のオフィスを持ち、稼働率が決して高くない会議室を寝かしておくというのは、シェアリングエコノミーを事業とする企業としてどうなんだろうとも思います。 〜 一緒に事業をつくっていく創業メンバーを募集! 〜 現在は社員5人、インターン3人の小さな組織です。 私たちはまだ小さなベンチャー企業なので、自分たちで事業を作っていく環境を楽しめる方が合っていると思います。 私たちREXEVの働き方は自由です。原則、出勤時間も退社時間も定めていません。それぞれがワークライフバランスを考えて、いろいろな場所で仕事をしています。小田原の事業責任者は、すでに小田原に移住をしてしまいました。 プロフェッショナルである部分を尊重し合い、ビジョン達成に向けて一緒に走れる仲間を求めています!