1
/
5

お客様の求人に対する悩みを解決する”プロフェッショナル”になりたい

セールスマーケティング部 沼津営業課 19年新卒入社
大橋 望実 Ohhashi Nozomi 文化政策学部

静岡県富士市出身。大学時代は浜松で独り暮らし。大学時代は、商品開発プロジェクトやテレビ、雑誌等のメディアに関する「企画」について学び、広告やメディアが周りに与える影響力に衝撃を受ける。

その後、自らが広告を作成し、求職者へ届けることのできる求人広告であれば自分の学びを活かせるとアルバイトタイムスへ入社。今は顧客の想いを求職者に分かりやすく伝えられるよう、顧客目線、求職者目線どちらも叶えたヒアリングやご提案、原稿作成を心掛けている。


どんな仕事をしていますか?

自分の担当エリアのお客様である企業に対して、求人に関する悩みを解決するために、自分ができる最良の方法を考え提案する仕事です。

私の所属する営業課では、お客様の採用支援をメインで行っているため、主に求人媒体を取り扱っており、求人誌やウェブ媒体等をご提案することが多いです。「アルバイトタイムスならでは!」と感じる部分は、”対話と奉仕”を実現するための行動があることだと私は感じています。

例えばお客様の事を考え、”最適な時期にどんなうち出し方をするのか”、と売ることだけを考えるのではなく、”お客様の悩みを解決するために最適な方法を選ぶこと”を意識した活動が必要となります。

お客様の抱える悩みを伺うには、信頼関係が不可欠。日々、どんな活動をすればお客様からの信頼を獲得できるのか、勉強している真っ最中です。

またお客様のもとへ車でまわるため運転が多い仕事です。現在も初心者マークの私ですが、なんとか運転できてます…!運転だけでなく営業活動は不安も多いですが、やりがいを感じる仕事です。



入社したきっかけは?

入社を決める前に、アルバイトタイムスで実際に働く方々を見る機会を何度もいただきました。その際、優しく熱い人柄の方が多かったことがきっかけです。

具体的には…
・選考途中に年の近い先輩と面談(軽い感じです!)の時間があった
・営業同行ができた
・各地で行われるシゴトフェアに参加し、一緒にシゴトができた

複数の機会によって、「この会社はどんな人が働いているんだろう」という疑問を解消することができました。どの方も優しく接してくださるのはもちろん、仕事に対して熱くチャレンジ精神がある方が多いなと感じ、「私もこの環境で働いてみたい。」と思い入社を決心しました。

そして入社後も、右も左も分からない私に優しく丁寧に教えてくださったり、目標達成のためにどんな行動をすべきか考え行動する先輩方を見て、「この会社に入って間違ってなかった。」とよく感じます。


「一番印象に残っているエピソードは?」または「アルバイトタイムスの魅力は?」

一番印象に残っているのは、先輩方との同行です。2か月半の新人研修を終えた後、いよいよ配属先での仕事が始まりました。配属直後は、様々な先輩との同行からです。

初めにチームリーダーや育担(※1)との同行、先輩からのエリア引継ぎ、また違う課・部署で活躍する先輩方との同行機会もありました。

同行中の商談では、研修で学んだことが実践されている様子を間近で見ることができ、先輩方がお客様のお悩みを解決するために様々な工夫をしている様子がわかりました。自分なりにどう行動すべきかを学ぶポイントでもありますし、一人では気づけない事だと感じました。

一人で行動することが多い仕事ですが、同じ会社として働く先輩方の様子に刺激を受け、もっと頑張ろうと感じ、これからは、自分も社内に刺激を与えるべく、社内での情報発信等も積極的に行い、成長していきたいと感じます。

※1:育担=育成担当のこと。
アルバイトタイムスでは、新入社員1名に対して育成担当社員が1名つく制度があります。


休日の過ごし方や趣味を教えてください。

私は大学時代、県東部の実家から離れて、浜松で一人暮らしをしていました。今は実家に戻ってきて、久しく会う友達が多くいるため、休日は毎回いろんな友達と会う予定を入れています。

他にも、同期と会うこともよくあり、特に最近の出来事は同期とディズニーランドに行ったことです。実は、会社の懇親会で行われたビンゴでまさかの一番抜けをし、ディズニーペアチケットを当てましたので、同じ沼津営業課の同期、辻さんと一緒に楽しんできました。

土日はしっかりとお休みを頂けるので、仕事のことは忘れて息抜きができます。これは仕事との両立を図るために必要だとよく感じます。辻さんだけでなく同じスタートラインで始めた同期みんなでよくご飯に行きます。同じ悩みを共有し共に頑張っている同期との時間は仕事のモチベーションにも繋がります。



今後の目標は?(挑戦したいことや実現したいことなど)

今後の目標は、恐縮ではありますが、お客様の求人に対する悩みを解決するために最適な方法をお応えできる”営業のプロフェッショナル”になりたいと思っています。

そのために、改めて自分自身の強みや弱みを明らかにし、どんな営業スタイルが合っているのか模索中です。様々な先輩方の営業スタイルや、課題解決までのプロセスパターン等をもっと多く知る機会を自分からつくり出し、自分の引き出しを増やしていきたいです。

まだ入社して2年ですが、お客様から「採用できたよ」とお声がけいただくのは大変嬉しいです。そんな機会をもっと頻度高くつくれるように、さらに自分のスキル・自信を高め、お客様のお役立ちができる存在になりたいです。


就活生へのメッセージ

1年前、就活が本格的に始まった頃、私は自分がどんな仕事に就きたいのか迷走していました。そんな中、周りの就活生がしっかり考えて行動している様子を見て、焦りしか感じませんでした。

ただ、就活経験を経て、私が就活をする際に一番大切だと感じたのは、そんな時に焦って人の真似をするのではなく(いい出会いが生まれる偶然はあるかもしれませんが)、「自分と向き合う時間を作ること」だと思います。今までどんなことに喜びや辛さを感じたのか、やりがいを感じる瞬間は何か、自分に向き合い、そしてそれぞれの会社に向き合い、双方が合致したときが自分に合った就職先なのかなと今振り返ると思います。

就活は分からないことだらけが当たり前だと思います。しっかりと周りも頼りつつ、息抜きしつつ、自分に合った就職先を見つけられることを願っております。頑張ってください!

株式会社アルバイトタイムスでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう