1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「マーケティングライター」ってどんな仕事?「創業メンバー」に語ってもらいました【社員インタビュー】

◆Profile◆

日高 明

2016年みらいきれいに中途入社。
創業期から会社と共に歩んできたマーケティングライター。

所属部署:記事部
趣味  :お酒を飲むこと、食べること
生態  :オフィスの酸素カプセルでよくお昼寝している。社内のムードメーカー的存在。

そんなみらいきれい筆頭マーケティングライターの日高さんに

「マーケティングライター職のお仕事って?」
「みらいきれいってどんな会社?」


などなどインタビューしました!(インタビュー 7月某日)

みらいきれいを支える「マーケティングライター職」

-マーケティングライター職は、社内でどのようなポジションですか?

売り上げを立てている部署は「マーケティング部」と「記事部」の2つあって、私は記事部で「マーケティングライター」をしてます。

みらいきれいの “売り” は何と言っても「記事」なので正直1番重要なポジションだと思ってます。
記事を制すものは全てを制すといっても過言ではない!


-具体的なお仕事内容を教えてください。

「記事」を書くのはもちろん、「画像のデザイン」から最終的な「コーディング」、そして「ヒートマップ分析」まで行います。

単に記事を書くだけであれば「ライター」ですが、
私たちは記事を書くだけでなく、「ヒートマップ」や「広告の状況」を分析した上で、次にどのように記事を修正すべきかという点まで見ているので「マーケティングライター」という職種です。

自分が書いた記事でめちゃめちゃ獲得できた時はすごくやりがいを感じます。
クライアント様の商品が売れすぎて在庫切れにになった時はもう最高ですね!

クライアント様からも「ありがとう!」と言ってもらえることに喜びを感じますね。

-画像やコーディングまで、全てを社内で手がけることには理由があるのですか?

そうですね。一部業務を外部にお願いするのは作業効率の観点から考えれば良いと思います。

でも広告運用をしていると「ちょっとここ直したい」っていうところがちょくちょく出てきたりするんですよね。

そのとき社内で対応できたほうが絶対圧倒的に早い。社外に頼むと1~2日の工数がかかります。
広告は24時間365日回っているので、それに追いつくスピードを求めると、社内で全部できるっていいな!と感じます。

成長し続けるみらいきれい

-日高さん、実は社員第一号なんですよね?

そうですね。前職を辞めて「何かECに携わりたい」と思っていた時に、知人からみらいきれいを紹介してもらいまして。その時は応募した10人ぐらいの中から受かりました。選ばれし日高です(笑)

最初は石渡さん(代表)と私2人でリモートでやっていて、数ヶ月後に西村さんが加わり3人になりました。初期メンバーです。


-現在に至るまで、会社はどのように成長してきたのですか?

今は広告運用もしていますが、創業当初は本当に「記事LP」を作るのがメインでした。
創業時は九段下ではなく錦糸町のレンタルオフィスだったんですけど、4畳半くらいのスペースで卓球台を机の代わりに作業してましたね。

そのときからインターン生の採用を始めて、ちょっと狭くなったねってことで倍くらいの広さのレンタルオフィスに移り、さらに売り上げが大きくなったので今の場所(九段下)に来たっていう感じです。

前のオフィスはMAX10人程だったのが、今はインターン生も合わせると26人とかになってきてますね。本当に増えたな~と思います。

当時は部署もなくてみんなで一つのチームみたいな感じだったんですけど、人が増えるにつれてだんだん部署が分かれて、マーケ部や人事部ができて、私は記事部に行って。

部署やシステムができあがってくると、何か組織っぽくなってきたなと感じます。それを見ていると成長したなという感じがしますね。


-今後、記事部でライター部隊をどのように率いていきたいですか?是非ビジョンを教えてください!

記事部をさらに細分化して、もっと効率的にお仕事を回せたらなと思っています!

例えば記事部の中でも「コーディング専門のチーム」や「画像制作専門のチーム」ができれば、それぞれのスペシャリストが育ってスピードも更に上がるはず。

今はまだまだ人が足りていないので、もっと人を増やしていけたらなって思います。
組織化を進めてより “強い組織” を目指していきたいですね。


日高さんの夢とみらいきれい

-みらいきれいは一人一人の「夢」をすごく大事にされていますよね。この文化は初期からずっとあったのですか?

ありました(笑)
私の夢は “何か” で起業することでした。

今はちょっと変わったのですが、最初はマタニティー服のレンタルで起業をしようと友達と思っていて、業界に飛び込む知識や経験を得るために石渡さんの下で働き始めました。
そのことはもう最初から石渡さんに伝えていましたね。

今は人も増えてきたんですが、社員の夢をシェアする会(ナレッジ共有会)があったり、この文化は大切にしていきたいなって思ってます。

夢を共有することで、それを聞いた人が「良さそうな知り合いがいるから紹介しよう」みたいな繋がりを持ってきてくれるかもしれないし、夢を叶えるための情報をくれるかもしれない。

夢のシェアは自分にとっても周りにとっても刺激になるしすごくいいことだなー!って思ってます。


-日高さんの現在の夢を教えてください。

webマーケの力を活かして、地方創生のお手伝いが出来たらいいなと思っています。

私地方の出身者なんですけど、地方って「就職できる場所もないから帰ってこなくていいよ」みたいなムードがあったりするんですよね。

「じゃあ私がその雇用を作ろう」と考えたときに、広まっていない地域のものを広めることができたら世の中もよくなるし生産者もよくなる、みんなよくなるんじゃないかなと思って。

そういうことをwebマーケの力でやりたいなと思っています。

そしてもう一つあって。もう一つは飲食業界をサポートすることです。

私は食べるのも飲みに行くのも好きなんですけど、お店の人と話していると集客に関して「今日はこれだけしか来なかった」「週末はいっぱい来る」みたいなことを仰っていて。

それってもっとお店側がコントロールできるんじゃないかなと思いました。

でも飲食業界ではマーケティングの部分はあんまり進んでないんですよね。
だからそこもコンサルできるようになりたいというのがあります。
これも人生を通してやっていきたいことの1つです。

ですがみらいきれいには恩があるし会社のことも大好きなので、会社の目指しているところまでなるべく自分が引っ張っていくつもりです!


-最後に、みらいきれいのアピールをお願いします!

マーケティングで何かをやりたいとか夢を持ってる人、すごく待ってます!

会社のビジョンや働いてる人たちの考えとマッチしてると思う子は一緒に頑張っていけるんじゃないかなと思います。なので、うちでやってみたいなってことがある人は来ていただけたらなと思います!!


-本日はありがとうございました!


◆『みらいきれい』の他の記事はこちら

【代表インタビュー】「夢を応援できる環境でいたい」 代表石渡が語る "みらいきれい" 論 | 株式会社みらいきれい
今回は、株式会社みらいきれいの代表をつとめる石渡 祐児(いしわた ゆうじ)さんにインタビュー。 社長から見た 「みらいきれい社員の様子」、 「起業までの長い道のり」、社長自身が持ち続けている 「夢」 についてお聞きしました。 ・『みらいきれい』ってどんなところ?・『働く』ってどんなこと?・ 将来は『起業』したい! そんな想いをお持ちの方、是非ご一読ください! 36歳。1983年千葉県生まれ。2006年に社員200名の「紙袋メーカー」に就職。その後、起業を志し、社員3名のwebメディアマーケティング「ベンチ
https://www.wantedly.com/companies/company_5458302/post_articles/229089


◆『みらいきれい』の募集/採用はこちら

セールスライティング
モノの魅力を文字で届ける、関わる人の心を動かす広告記事ライター
◆事業内容 制作実績300社以上の「育てる記事」の制作をはじめとしたWebプロモーション事業を行っています。 「育てる」とは、 記事を納品して終わりではなく、納品後も独自のヒートマップ分析をおこない、作成した記事のどこが読まれていないか、どこで離脱してしまっているかを分析し、記事の修正を行っていきます。 このロジカルに記事を修正する「PDCA」を行っていくことで、徐々に読まれる記事へと成長し、 商品の魅力を “最大限に” 伝えることができる記事 へと育てられます。 弊社ライターはいわば、豊富なノウハウと知識を持った「記事制作のプロ」。 消費者に商品・サービスの魅力を伝え、クライアント様の売上向上のご支援を行っております。 また、弊社の記事制作ノウハウを最大活用し、サービス紹介によって「企業ブランディング」・「採用支援」に特化した経済マガジン『epinote(エピノート)』のメディア運営も行っております。 ◆今後の展望 これまで培った弊社のノウハウを活かして「魅力を伝える力」を横展開し、さらなる事業拡大を目指します。 ・メディア事業 ・自社通販 などひとつの事業にこだわるのではなく、世の中の流れやニーズを読み取り、新たな未来を提示していく株式会社みらいきれいは、より一層面白い会社になってまいります。
株式会社みらいきれい
コンテンツマーケティング
夢を100%実現させるWEBマーケティングベンチャー
◆事業内容 制作実績300社以上の「育てる記事」の制作をはじめとしたWebプロモーション事業を行っています。 「育てる」とは、 記事を納品して終わりではなく、納品後も独自のヒートマップ分析をおこない、作成した記事のどこが読まれていないか、どこで離脱してしまっているかを分析し、記事の修正を行っていきます。 このロジカルに記事を修正する「PDCA」を行っていくことで、徐々に読まれる記事へと成長し、 商品の魅力を “最大限に” 伝えることができる記事 へと育てられます。 弊社ライターはいわば、豊富なノウハウと知識を持った「記事制作のプロ」。 消費者に商品・サービスの魅力を伝え、クライアント様の売上向上のご支援を行っております。 また、弊社の記事制作ノウハウを最大活用し、サービス紹介によって「企業ブランディング」・「採用支援」に特化した経済マガジン『epinote(エピノート)』のメディア運営も行っております。 ◆今後の展望 これまで培った弊社のノウハウを活かして「魅力を伝える力」を横展開し、さらなる事業拡大を目指します。 ・メディア事業 ・自社通販 などひとつの事業にこだわるのではなく、世の中の流れやニーズを読み取り、新たな未来を提示していく株式会社みらいきれいは、より一層面白い会社になってまいります。
株式会社みらいきれい
株式会社みらいきれいでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう