1
/
5

19歳で正社員になった現役大学生はバックオフィスの統括をしている

こんにちは、JPYC株式会社広報部です!

今回は19歳で社員として弊社で働いているみなみさん(https://twitter.com/minami_on_tw)にお話を伺いました!金融、経済が大好きな彼女の、会社にかける想い、業務にかける想いとは??

初仕事は財務モデリング「最初はEXCELすら触れなかった、、」

ーーまずは簡単に自己紹介をお願いします!

JPYC株式会社で時短正社員として働いているみなみです。普段は慶應義塾大学商学部に通っていたり、中小企業診断士の勉強をしていたりと3つの属性をもっています。

今は財務・総務部長としてバックオフィスの統括をしつつ、個別の業務もこなしています。最近は前払式支払手段の届出とか商号変更等の変更登記申請とか、届出や手続関係のものを大体やっています。3月にはこれまでのバックオフィスの詰めの甘さが明るみになって、100個くらいの課題を洗い出してそれに対して対策を考えたり、バックオフィスの権限と責任の割り当てを考えたりしていました。

入社当初は財務系に特化していました。初仕事が半年分の予測を含んだ財務三表のモデリングで、本当にこの仕事は大変でしたね。結果的にはある程度のインプットを入力したら財務三表が自動で出てくるものを作ることができました。当時はExcelに文字が打てない状態だったところからだったので、この時期にかなり急成長していたんだと思います!

ーーもともと財務には興味があったんですか?

両親が二人でお店を経営しているのもあって、昔からお金とか経済の話は面白そうだと思っていました。食卓で「固定資産税ちゃんと払ったのか」とかって会話を日常的に聞いていたので(笑)

あとはその興味が高じて、高校2年生のときにエコノミクス甲子園に出場して優勝しました。その優勝商品でニューヨークに研修に行かせていただいて、Bloomberg社や、大和総研等の日本の金融機関のニューヨーク支社に研修にいきました。本当に夢みたいなことを経験しましたね、、、。エコノミクス甲子園では覚えることも無限にあって辛かったんですが、これでニューヨーク行けるならお得だと思って頑張りました(笑)

入社してからもさらに興味が湧いて、東京大学大学院のフィンテックに関する講義にの外部聴講生に応募したら採用していただきました。大学院生や社会人の方と一緒に講義を受けています。会社で色んな刺激を受けて本当に楽しい生活を送っています!



「経済社会を自由に渡り歩きたい」

ーー入社のきっかけを教えて下さい!

Wantedly経由でスカウトをもらって話を聞きに行ったことがことの発端ですが、事業説明を聞いたときに「あっ、この会社に入りたい」って確信しました。というのも私の目指してるもののコンセプトに近かったからです。私は経済社会において不可欠な存在になりたいと思っていて、経済社会という生態系の中を自由に渡り歩きたいと思っています。JPYCは「日本人が仮想通貨を手に入れやすくなる」という側面があって、それってJPYCが血液となって仮想通貨とかブロックチェーンとかの大きな生態系の血液になり得るということだと思うんですね。だからそのJPYCはエコシステムの血液になり得る、それって私のなりたい姿に本当に似ているなと思ったんです。

ーー「経済社会を自由に渡り歩きたい」って強い女すぎて好きです!!

ありがとうございます(笑) 自分で渡り歩くためには知識とか考え方とか経験が必要だと思っているので、いまはそれらを蓄える時間だと思って中小企業診断士とか会計士の勉強をしています。

公認会計士を目指そうと思ったのもこの会社がきっかけです。この会社にいなかったらスカスカの大学生活を送っていた気がします(笑) 会社の業務が自分の勉強にいい影響を与えて、自分の勉強も業務にいい影響を与えて、というように好循環ができていそういう仕事が出来て本当にありがたいです。



「バック」だけどマイナスをゼロにする重要な仕事

ーーこの半年はどうでしたか?

半年で任せられる程度じゃないくらい仕事を任せていただきました。この会社に入れたから東京に来てよかったと思うくらいです。この会社は年齢性別関係なくフラットにみてくれて、学ぶ機会を無限に与えてくれるところが好きです。文化としても心理的安全性の高さ(何でも言い合える環境のこと)がものすごく好きです。好きだからフィットしてるし、フィットしてるから好き。本当に居心地がいいと感じています。

あとは岡部さんの人徳というか、経営者として学ぶことが多いですね。もちろんほかの人も。会社にいる全員が面白いし、尊敬できる部分が沢山あって、私も頑張らないとなってモチベーションを与えてもらっています。特に岡部さんからは色んな考え方や知識を盗ませてもらっていてとても感謝してます!

ーーバックオフィスにかける想いを教えてください!

バックオフィスはほかの業務とは性質が違って、目に見える成果としてはゼロをプラスにするよりはマイナスをゼロにする仕事だなと感じています。フロントが何もしなかったらプラスがゼロになるだけだけど、バックオフィスが機能しなかったらゼロがマイナスになってしまうんです。バックオフィスを基盤としてフロントが動くことをこの会社に入って日々実感しています。バックオフィスは名の通り「光が当たらない」っていうイメージが強いですが、会社にとってはものすごく重要な部分であることを知りましたね。

フロントを攻めとするとバックオフィスは守りにあたるので、これからもバックオフィスを強固なものにしていきたいと思っています。


ーーこの記事を見た人に一言お願いします!

フィットする人にとっては本当に楽しくてワクワクする環境だと思うので、是非気軽に話を聞きに来てほしいです!

JPYC株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
24 いいね!
24 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう