1
/
5

2年目ベンチャーが本当に実現したい想いを3分で知る

皆さんこんにちは、日本暗号資産市場株式会社広報部です!今回は、先日アップデートした企業理念のご紹介をしていきます!こちらのアップデートはサインコサイン株式会社と共創したものになります。

そもそも企業理念って?

そもそも企業理念とは、会社が最も大切にする基本的な考え方を意味します。「なぜこの会社が存在するのか」「何のために経営をするのか」という根本の考え方のことで、方針や方向性はもちろんのこと、社員の行動規範や社風の良質化を図るための文言が含まれています。

また、弊社はこれまでにもご紹介してきた通り、採用時にもカルチャーフィット を非常に大事にしています。その観点から、社内にすでに広まっている価値観を明文化して周知していく必要があったため、従来の企業理念からより明確で馴染むものを新たに設定する必要がありました。


この会社が果たすべき使命とは?

創業当初から掲げていたミッションは「すべてのニワトリ・タマゴ問題を解決する」というものでした。ニワトリ・タマゴ問題とは「ニワトリとタマゴのどちらが先にできたのか」という因果関係のジレンマのことです。経済的に解決できる社会課題の多くはイノベーションで解決することができますが、現在残っている未解決の社会課題の多くは経済的に解決が難しいニワトリタマゴ問題に帰着するため、それを解決したいとの思いでミッションが設定されていました。

しかし、社内から「わかりにくい」との声が相次いだこともあり「ニワトリ・タマゴ問題」を「ジレンマ」に言い換えて「社会のジレンマを突破する」という新たなミッションを掲げることになりました。


メンバーが理想とする姿とは?

自律分散とは自分の意志をしっかりと持って、自ら定めたルールに従って行動を選択できる状態です。そしてこの会社のメンバー全員が目指している姿(ビジョン)でもあります。自律分散的に動ける組織とは、従業員全員が誰からの指示も動ける組織ということなので、会社全体の成長スピードが圧倒的に早かったりキャパオーバーになりずらかったりという利点があります。

自律分散はICSという組織体系のもと成り立っていますが、このICSを取り入れているのは日本でも弊社だけです。ICSに関する記事はこちら!


そしてその行動指針とは?

「急成長」と「即行動」も大事にしているもので、行動指針(バリュー)として設定しています。あえてリスクを取ることや学ぶ姿勢を称賛することで会社のみならず個人のチャレンジを支援し、急成長を応援しています。また、チャンスを諦めないことや最初の一歩を躊躇しないことを指針とし、即行動するようにしています。これらの2つは創業当初から設定しており、Slackのスタンプにしてしまうほど浸透しています。


やっぱりカルチャーフィットが大事

これまで見てきた通り、弊社の企業文化はかなり明確なものに生まれ変わりました。これにより、日本暗号資産市場に興味を持ってくださっている皆さんもカルチャーフィットしているかどうか判断つきやすくなったのではないでしょうか?

「この会社、自分にあってそう!」と思った方はぜひ応募してみてください!

日本暗号資産市場では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング