1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

物の価値を再定義し、無駄をなくすサービス「オクリマ」が解決する社会課題

こんにちは、日本暗号資産市場株式会社の古物商責任者である原沢です。本日は、弊社が運営するオンラインかんたん買取サービス「オクリマ」についてご紹介致します。

この記事では、オクリマが解決しようとしている社会課題、そして弊社がどのような事業に取り組んでいるのかについて書きます。

人が減り、モノが溢れ出す日本と世界

オクリマが解決する事柄の前に、日本が抱える問題の1つを簡単にご紹介致します。

日本は課題先進国と呼ばれることが多いですが、大抵の問題の根本にあるのは少子高齢化による超高齢化社会の到来です。日本は年間130万人の死者を出しており、今後もその傾向は続いていくでしょう。

死者数に比例し、市場に溢れ出すモノも多くなっていきます。モノに対するヒトの割合が少なくなり、相対的にモノが溢れ出していくことになります。

リサイクル業界の専門誌である「リサイクル通信」では、リユース市場の規模は2025年までで3.25兆円まで拡大すると予想しています。(2009年時では1.12兆円)

これは、市場規模(金額)で見ると盛況であるということですが、2009年から2025年のたった16年間で物が単純計算で3倍になるということです。

リユース市場のプレイヤーが受け止められるのがこの量だということであり、裏側には空き家などを解体した時に価値あるものがゴミとして捨てられてしまうことも多くあるでしょう。

こういった社会課題としての意識は日本だけではなく、世界的にも取り上げられています。

2015年に国連の会議にて採択されたSDGs(Sustainable Development Goals)では「つくる責任、つかう責任」として、12個目の目標として掲げられています。

オクリマはモノが溢れる社会においてモノの価値を再定義し、モノと人を繋げることで無駄をなくします。

オンラインかんたん買取サービス「オクリマ」とは

オクリマは家から出ずに掃除を完結できる、オンラインかんたん買取サービスです。購入者との面倒なメッセージのやりとりも必要とせず、プロ向けのオークションにて落札されることで、通常の買取よりもかんたんに売ることができます。

オクリマの特徴

オクリマは手数料が安く、かんたんに売れることが特徴です。

"かんたん"に金額確定
写真撮影や商品紹介など面倒な作業は必要ありません!オクリマにお任せ下さい!
4stepで発送したら、売り上げ確定を待つだけ!
お家で全て完結
オクリマはお家から一歩も出る必要はありません!
物を箱に詰めて、玄関で渡すだけです。
販売手数料0% ✖️売上確定まで最短0営業日 ✖️集荷依頼0円
販売手数料0%!オクリマオークションでの落札金額は全てお客様の売上金になります。
売り上げ確定まで最短0日!早く金額確定したい方、是非オクリマをご利用下さい。
集荷依頼0円!発送の手間は殆どいりません。

箱に詰めたらオクるだけ

オクリマはこれまでモノを売る時のようにメッセージのやりとりをしたり、わざわざ家から車で運ぶ必要もありません。

家にある余分なモノはオクリマでささっと売り、楽しみのために時間を取っていただけたらなと思っています。だからこそ、箱に詰めて送ってもらうだけという簡単なフローにしています。

オクリマのようなビジネスモデルはこれまでにない新しいものですので、実務も全く新しいものになります。社内では毎日新しいことへ挑戦し、毎月新しい仕組みを生み出しています。

送られてきたものはプロによって価値が再定義される

通常、モノの買取依頼をすると売り手と買い手が1:1になりますが、オクリマの構造上、オークションによって価格が決定するため、売り手と買い手が1:nになり、市場原理により適正な価格まで売値が上がることになります。

そのため、価値が再定義され、価値あるモノが不当な価格で買い上げられることが少なくなり、本当に欲している人に行き届く可能性も高くなります。

最後に

オクリマが解決する社会課題とオクリマというサービスについての記事でした。弊社はオペレーション、エンジニア、バックオフィス問わず、常に優秀な人を募集しています。

弊社のバリューや事業内容にご興味お持ちいただけた方は、ぜひ一緒に働き、事業を大きくしていきましょう。

日本暗号資産市場では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう