1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【新卒インタビューvol.1】漠然とものづくりに関わりたい思いから就活軸をコンサルファーム→OStechへ。やりたいことが決まってから選べる環境を選びました。

こんにちは!アウトソーシングテクノロジー人事の豊岡です。
弊社に新卒入社した社員が、なぜアウトソーシングテクノロジーを選び、どんな将来を描いているのかお伝えしたく新卒向けのインタビューをUPします。

山本 悠友 Yamamoto Yusuke
学際融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻
2016年新卒入社

自分の道は自分で決めて歩む

 大学では、産学官の連携によるアレルギー検査装置の開発に関わる基礎研究に携わっていました。機械工学とバイオを融合したような分野で、少量の血液検査によりスギ花粉の成分を検出する装置を開発しようというものでした。しかし、就職活動当初は研究開発職よりも、技術の知識を活かした営業職に興味があり、コンサルタント会社などを中心に回っていました。
 そうして就職活動を続けていたのですが、途中で「やはりモノづくりに携わっていきたい」と思い直し、改めてモノづくりに関われる業界・業種を見るようになりました。そんな時、合同説明会で知人の先輩社員に出会い、OSTechの存在を知りました。OSTechを知れば知るほど、モノづくりの現場で仕事をする機会が多いことが分かってきました。採用担当者の方が、最終面談までとても親身になって相談に乗ってくれたこともあり、ここなら自分の道は自分で決めて歩めると思い入社を決めました。

将来の選択肢の広さが、OSTechの魅力

 今、何をやりたいかを無理に決める必要はないのではないか。さまざまな経験を通して自分がやりたいこと、自分が進むべき道を決めてもいいはずだ、そんな思いもあり、フィールドの選択肢が広いOSTechを選んだ理由の一つでした。 大学で学際色の強い分野の研究をやっていたので、半導体メーカーへの配属は、とても自分に合っていると思いました。ある意味、半導体もさまざまな技術が結集したもので、自分が大学で学んだ知識を活かしつつ、他の分野の技術や知識も学べるチャンスが多いフィールドだと感じました。
配属直後のプロジェクトでは、新技術を用いてのカメラの解像度や感度などを向上させる業務に携わりました。半導体の世界は、半導体が使われるさまざまな機器の多様化・高度化にともない、半導体技術も進化していきますので、つねに新しい技術に触れることができるのも、OSTechの魅力の一つです。

一人前の半導体エンジニアを目指し、格闘中

現在の派遣先である半導体メーカーは、世界的な電気メーカーの半導体を手がけていることもあり、日々、最先端の半導体技術に触れながら、仕事に携わっています。
現在、半導体開発の最も上流にあたる仕様の検討・決定を担当しています。どのような半導体デバイスを作るかを決める工程です。半導体のサイズや形を決め、各工程のスケジュール管理なども行っています。大学で得た半導体の基礎知識はあったものの、工程の数が多く、全工程を完全にマスターするまでには至っていません。同じ部署にOSTechも先輩や同期もいるので、先輩からのアドバイスを受けたり、同期とは切磋琢磨したりしながら、一人前の半導体エンジニアを目指して、日々、格闘中です。

将来の夢・ビジョン

あの人に聞けば間違いないと、誰からも思われるエンジニアになることが理想です。将来的には、開発プロジェクト全体を統括するようなマネジメントをやりたいと思っています。その意味で、現在、携わっている半導体の開発は、多くのことを学べる機会です。半導体の開発には、さまざまな要素技術を必要とし、電気・電子に加え、化学や物理、材料などの幅広い技術や知識が不可欠と言われています。開発の工程も数多く、そのタスク管理やスケジュール管理も、非常に重要になります。現在の業務は、各工程を俯瞰する立場にありますので、とても勉強になっています。

以上、山本さんインタビューでした!
インタビューで山本さんが言っていましたが、まだ働いたことがない中でやりたいことを明確に絞ることって難しいですよね。でも漠然と「ものづくり」に関わりたいといった思いはあるはずです。やりたいことは、実際に取り組んでみてはじめて決まると思います。この考え方に共感いただける学生さんがいれば、自信をもって弊社をお勧めできます。やりたいことを見つけ、極める環境が弊社にはありますよ!


少しでも気になった方は、一度フランクにお話ししましょう♪

株式会社アウトソーシングテクノロジー 技術職では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング