1
/
5

【おうち時間】おすすめ本の紹介!Part2!

ストーリーをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
Part1の森川さんに引き続き、Part2では私中澤がインタビューの続きをお送りします!
ではさっそく!!




【Wさんオススメ】
書籍名:アファメーション
おすすめの理由:日本人に特に欠けている自己肯定感を、文字通り根本から植え付け直してくれる良書です。自分に自信がない、周りの意見が怖い、新しい挑戦をする勇気がない。
社会という新しい環境に初めて突入する方にとって、この「自信」こそが一番の課題なのではないでしょうか。こちらの本はまさに自己愛の文化が根強いアメリカ(USA)の、さらにメンタルコーチングを専門とする方の著書です。
アメリカ人がなぜそこまで力強く自らの意思を通せるのか、自分の意見を堂々と言えない日本人に足りないものは何か。それを知ることができるバイブルです。


(中澤コメント)
タイトルである、アファーメーションという言葉は、簡単に言うと、「自己肯定感のある言葉」を自分自身へ向けて語りかける。という意味のようです。
私も日常の中で自分の意見を持つことや堂々と話すことを難しく感じることがあります。自分の意見を堂々と言えない日本人に足りないものは何か。とても気になりますね。
また、著者はコーチングの概念を作りその元祖であるそうなので、読み終えた後の自己肯定感に対する自分の変化が楽しみです。


【Oさんオススメ】
書籍名:科学的に自分を変える39の方法
おすすめの理由:この本は、人が抱えている代表的な39種類の癖や欠点を科学的に解消する方法を教えてくれる本になっています。
科学的にとか言われたら難しい本だと思われるかもしれませんが、文章量もそこまで多くなくイラストも描いてあるので、本を読むのが苦手な人でも読み切ることができると思います。
また、癖や欠点を治す方法は誰でも簡単に実践できるので、是非読んでみて実践してください。


(中澤コメント)
ポップなイラストがとっつきやすいです。39種類のクセや欠点は誰もが悩む代表的なものばかりで、その解消方法がわかれば癖を修正でき、こうなりたいと思う自分に近づけそうですね。
私は誘惑に弱いという習慣が気になっているのですが、本にはその理由がわかりやすく書いてあり、改善するためのアクションはとても自分の生活に取り入れやすいものなので、是非実践していきたいと思います。


【Nさんオススメ】
書籍名:大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした
仕事で悩んでるときに紹介してもらった本で、32編のエッセイ集です。
こちらは、仕事するうえで下記のような人におすすめです。
・完璧主義
・繊細さん
・他人からの評価が気になってしょうがない人

この本を一言で要約すると、
『人生、まぁ気楽に生きてこ』です。
仕事で思い悩んだとしても、できることを一つずつやっていけば問題ないと気づかせてくれましたし、
まさにチームリーダーの『気楽にやってこ』精神にも合ってるなと思いました。


(中澤コメント)
忙しくしていたりするといつの間にか頑張りすぎていることに気づかないこともあります。
語りかけるような文章が読みやすく、読み終えた後に心が軽くなる感覚がありました。私は第1章がおすすめです。
思い悩んでいることが無いと思っている時に読んでも、自分の心に響く言葉が見つかり気楽に、前向きになれるかもしれません。


【まとめ】
皆さま、フォーブス社員のオススメ本の紹介いかがでしたか?
森川さんも言っていたように、おうち時間が増えたことにより読書する時間も増えましたね。
普段仕事で接している皆さんのオススメ本を知る機会はなかなか無かったので、今回知ることができてとても興味が湧きました。
気になった本があった方は是非読んでみてください !

フォーブス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう