1
/
5

社員の健康増進、病気の予防が企業の経営にも大きな成果をもたらす「健康経営」を推進します!

Photo by LYFE Fuel on Unsplash

おはようございます。経営管理部の吉田です。

GWが終わりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私はずーーーっと自宅におりましたので、研修を受講し資格をひとつGETいたしました。

「健康経営アドバイザー」

健康経営を推進していくにあたり、必要だと思い受講しました。

自宅で1日で研修、確認テストが受講できるので、お勧めです!

健康経営アドバイザーは、健康経営の必要性を伝え、実施へのきっかけを作る人材を育成するための研修プログラムです。経済産業省からの委託を受けて2016年に誕生し、これまでに延べ3万人以上が受講しています。
健康経営アドバイザーとは |東京商工会議所
健康経営アドバイザーは、健康経営の必要性を伝え、実施へのきっかけを作る人材を育成するための研修プログラムです。経済産業省からの委託を受けて2016年に誕生し、これまでに延べ3万人以上が受講しています。 本研修は、日本が抱える構造的な課題など健康経営に注目が集まる背景、健康経営への取り組みがもたらすメリット、具体的に実践する際のポイントなどの基礎的な知識を分かりやすく学ぶことができることが特徴です。 本研修はいつでもどこでも受講できる環境を整えた「e-learning」研修になっています。修了し、効果測定に
https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/03/

健康経営は、「1992年にアメリカの心理学者ロバート・H・ローゼンが自身の著書によって提唱した概念」です。

「従業員の健康管理を企業が取り組むべき経営上の問題と捉え、積極的に健康増進への取り組みを行っていく経営手法」のことをいいます。

弊社も健康経営を推進しており、在宅勤務や時差出勤の活用、有給休暇取得推進等の過重労働対策などの様々な施策を通じて、社員の健康増進に取り組んでおります。

中小規模法人部門の上位500の法人のみに付与される

「健康経営優良法人2021(ブライト500)」

にも認定されているんですよ。

現在はウィズコロナの時代になり、健康に興味関心がなかった若い世代も、健康への関心が非常に高まっています。
安全で健康的に働くことができ、個人のパフォーマンスを上げることができる企業を目指し続きます!

ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング