1
/
5

入社1年目社員インタビュー「Dropで働くこと」

Dropで活躍中のメンバーに、Dropで働くことについてお話を伺いました。

記念すべき2番目は、入社1年目の寺田尚礼さん。

Dropに入ろうと思ったきっかけ/どんなところに魅力を感じて入社を決めてくれたのか

前職でクライアントだった米田さん(社長)からたまたま声をかけていただいたのがきっかけです。

そこから会社のことを自分なりに調べて、やってみたいという気持ちが大きくなり、社長のもとで働いてみたいと思ったんです。

また、今まで社会課題は考えたことがなかったのですが、自分にもできることがあると思えるようになって、入社を決めました。

入社してよかったと思うところ

社会課題に関してあまり詳しくなかったので、たくさんのことを知るきっかけになりました。
また、ものを一つ買うにしても、果たしてそれが環境や人権に悪影響が出ていないかを考えるようになりました。

会社のおすすめポイント

とにかく風とおしがいいんです。

自己を尊重してくれるし、親身になって色々教えてくれます。

定期的にメンバー全員で合宿をするので、みんなの気持ちがひとつになれるほか、ときには柔軟な対応をしてくれる(リモートワークなど)ので、とても働きやすいです。

どんな人がフィットすると思うか

社会課題に興味がある人や、これから社会課題について勉強していきたいと思っている人におすすめです。

また、思いやりがある人ですね。

その他、逆にネガティブなことも気にせず教えてください。

う〜ん、本当にないんです。

みんなで一緒に作り上げているという実感があるので、教育制度などが遅れているのも、自分たちで作ってくくらいの気持ちでいます。


Dropでは現在、メンバーの募集をおこなっています。

ぜひ応募ページからエントリーください!

株式会社Dropでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう