1
/
5

なにをやっているのか

【医療 / 福祉 / ヘルスケア領域に特化】 ProReachは、医療・福祉・ヘルスケア領域を前進させるべく事業展開しております。 ソリューションを軸とした営業とマーケティングに注力しており、 インターネットをはじめリアルビジネス領域も含めた成長産業支援事業を推進しています。 <事業1: 人材プラットフォーム事業> 転職希望者と会社をつなげる架け橋として、転職希望者がより良い環境で働けるように、初回面談から求人の提案、面接設定まで一括してサポートを行なっております。 現在は主に看護師と保育士のキャリアサポートを行い、病院や保育園とのマッチング支援を行っております。 <事業2: 医療プラットフォーム事業> 昨今、病院の病床数は逼迫しており、新規の患者さんを受け入れられない病院が増えてきています。そうした中、国主導で積極的に訪問看護ステーションを展開しようという試みがなされ、回復期の患者さんはできるだけ自宅療養へ移行できるように推進しています。こうした流れから近年訪問看護ステーションの新規開設が増え始めております。ただ、需要のある訪問看護ステーションの開業といえど、立ち上げのノウハウのある方が少なく、初めから立ち上げるのに苦労している事業所が多数あります。そうした、新しい訪問看護ステーションに対して、1から10までサポートするコンサルティング事業を行なっております。 <事業3:コミュニティサイト事業> 看護師のためのコミュニティサイトを開設し、企画・運営を行なっております。 【運営サービス】 ▼ 人材プラットフォーム事業 └(https://hoiku-reach.jp/) └(https://www.kango-reach.jp/) ▼医療プラットフォーム事業 └訪問看護ステーションへのコンサルティング事業 ▼コミュニティサイト事業 └(http://kangoshi-note.net/

なぜやるのか

ProReachでは、インターネットを活用し医療ヘルスケアを前進させることを Missonに事業を展開しています。 華やかなイメージとはかけ離れた過酷な労働環境で働く看護師・保育士の職場環境の改善と 医療・福祉施設とのスムーズなマッチングを目指しています。 今後の医療ヘルスケア領域への課題解決として 人材プラットフォーム事業 / 医療プラットフォーム事業 / コミュニティサイト事業を展開しています。

どうやっているのか

現在プロリーチは10名、平均年齢24歳。 メンバーは早稲田、慶應出身者を中心に、 各々が明確な目標を持って挑戦し続ける野心に溢れた会社です。 「人は失敗を重ねて強くなる、失敗しても打席に立ち続ければ負けることはない」という理念のもと日々挑戦し続けるという文化が根付いております。 医療ヘルスケア領域で抱えている課題の解決。 可能性を広げることで、あらゆるのヒトに、社会に選択肢を増やせたらと考えています。 良質なインプット・アウトプットを行うことで、高い訴求力と情報のマッチング精度を実現。 さまざまなキャリアフェイズやライフプランに合わせたサポートをしております。