1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

メガテクノロジーは、 教育を基盤にしたITビジネスを行っています。 具体的には、 弊社の充実した研修制度によって育成されたIT技術者を中心に 以下の事業を行っています。 ◆客先常駐型の開発◆ →販売・製造・サービス業を中心としたシステム開発 ◆一括請負型の社内開発◆ →ITシステムの要件定義、設計~開発まで  【開発実績】 ・製造業  アプリ台帳システム  原価管理データ入力システム  在庫分析システム ・印刷業  異動はがきエントリーシステム  Webアンケートシステム  不動産信託電子交付サービス  チラシ作成サイト ・サービス業  キッズスマイルサポートシステム   ◆自社サービスの開発◆ →AIを用いたITシステムの開発・運用 【製品概要】 ・i-Rims  放射線部門の収支管理と費用削減を行うシステム ・ヒヤリハットの予測・周知システム AIを用いた工場・事務所の安全向上の支援 ・IT技術者のマッチングサービス(現在開発中) AIを用いてIT技術者と求人企業をマッチングするサービス ◆新規技術分野への展開◆ AIを用いたITシステムを活用して、DX分野への進出を図っています。 現在は、スクラムマスターの資格者を増やし、育成を行っています。 ただ利益を追求するのではなく、 「IT技術者を育てることで日本の社会に貢献する!!」 そんな思いで仕事をしています。

なぜやるのか

―――――――――――――――― 人を幸福にして社会を豊かにする ―――――――――――――――― これがメガテクノロジーの最大の目標です。 具体的には、 様々なことが原因で生きる目標を失い“ニート”や“失業者”になってしまった人たちが、再び社会に貢献できるような手助けをしています。 「このような方々に手に職をつけて自立してもらいたい」 これがメガテクノロジー代表の想いです。 では、なぜIT教育なのでしょうか。 それは、IT技術者の人材不足は日本の大きな社会問題の1つだからです。 急速に成長を続けるIT産業に対して、人口減少の進む日本のIT人材は足りなくなっていくと考えています。 その状況を変えるのがIT教育事業です。 ただITシステムを開発するだけでなく、“ニート”や“失業者”の居場所をつくることで、その人の幸福のみならず、人材不足と言われている日本のIT業界に貢献する。これがメガテクノロジーの存在意義だと考えています。 そして、海外から後れを取っている日本のIT業界に最も貢献できるのがAI事業だと考えています。 AIを用いて日本技術力を底上げする。 その中心的な役割を担うことがメガテクノロジーのビジョンです。

どうやっているのか

新入社員研修の表彰
新入社員研修にてチームプレゼン!
ITによって人・日本を元気にするために会社としては、 「やる気があれば誰でもIT技術者になれる環境」 を作ることに力を入れています。 【資格例】 ・情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト試験 ・LPIC レベル2 ・Oracle認定 JavaプログラマSilver 他にも様々な資格が資格手当支給に該当します。 詳しくは説明会で社員にお尋ねください! ◆キャリア◆ ・入社2年でプロジェクトリーダー ・入社4年で課長 ・30代で支社長 といったメンバーが在籍しています。 弊社の充実した研修制度を経て様々な環境、ポジションで活躍することができます。 (講師としてのキャリアもあります) ◆働き方◆ ・残業時間(0~10時間/月) ・有給休暇残日数15.16日(東京平均18.84日) といった数字からもわかるように、強制的に仕事をする環境ではありません。 「自ら学び成長することができる」そんな職場です! ◆社内部活◆ ・麻雀部 ・ゲーム部(社内でゲーム大会を開催することも!) ・プログラミング部(発表会をすることも!) ・ゴルフ部 ・バーテンダー部 ・マジシャン部 などなどたくさんの部活があります。 手を挙げれば誰でも部活を作ることができます。