1
/
5

新卒4年目のグループリーダーが描く、サイバーエースの未来に迫る|社員インタビュー 猪川さん

皆さんこんにちは!サイバーエース採用担当です!

社員インタビュー第9弾は、17新卒・アカウントプランナーの猪川さんにインタビューをしました!

※このインタビューはコロナ自粛期間前に実施した内容です。

早速ですが、猪川さんの入社理由を教えてください。

「私はもともと、サイバーエージェントのプロパーで入社しました。“DRAFT”というインターンに参加した際、同期や先輩の人となりや熱さを体感しました。インターンを通して一緒に働いているイメージが湧いたんです。一緒に働きたい!と伝えたところ、ご縁がありそのまま入社することになりました。結局、選考を受けたのもサイバーエージェント1社のみでした。サイバーエージェントに入社後、3部署目としてサイバーエースに配属されました。」


アカウントプランナーとして、どんなお仕事をしていますか?

「広告の営業をしています。1年前、CyberQでは採用広告を担当していたのですが、CyberQで扱っていた媒体だけでは、お客様の事業課題の解決や満足度向上に貢献できないこともありました。知識や扱える媒体を増やして、お客様の事業課題の解決に寄与できるように頑張っています。」


やりがいはどんな時に感じますか?

「いろいろなお客様の事業課題やWebでの集客課題に対し、解決策を提示して実行し、結果が出た時にやりがいを感じます。振り返って施策がお客様のお役に立つことがでできた瞬間にやりがいを感じます。」


グループリーダーとしてはどんなお仕事をしていますか?

「私は、営業局の第1グループのリーダーとして、グループ目標を達成するために動いたり、メンバーの困りごとを一緒に解決したりといった仕事をしています。とはいえ実際は、私が何もしなくても熱く動いてくれていて、お客様の課題解決に真摯に取り組んでくれています。なので今後は、この熱さや姿勢がより伝播するように仕組み化をしたりノウハウの体系化を進めていきたいです。」



サイバーエースの良いところはどこにあると思いますか?

「2つあります。1つ目は、人の良さです。風通しが良く、仲が良いです。働くというよりは、部活をやっているような感覚です。2つ目は、市場価値を高められる環境であることです。ネット広告はまさに成長産業であると思います。成長産業に身を置き、市場価値を高めていくにはとても良い環境だと感じます。」


サイバーエースに向いている人はどんな人ですか?

「前提として、挑戦心を持ちいろいろなことにチャレンジしていく人、探求心がある人は向いていると思います。自分で考えて仕事を進める力はベースとして大切だと思います。その上で、営業は和気あいあいとした中でも周りの人を巻き込み、結果を出していける人が向いていると思います。コンサルは、新しいことを知ったり、考えたりするのが好きな人が向いていると思います。」


サイバーエースの改善点はありますか?

「サイバーエースは設立2年目の会社です。そのため、知識・ノウハウの体系化ができていない部分があります。ベースとして土台となるネット広告の知識をつけるための研修はありますが、基本的には現場に出てトレーナーと共に覚えていくというのが現状です。なので今後は、どんな方が入社しても高いクオリティが出せるように知識・ノウハウの体系化に取り組んでいきたいです。


今後チャレンジしたいことを教えてください。

「今と変わらず、『ACEさんがいたから課題が解決できた』と言ってもらえるようにベストを尽くしていくだけだと思います。提案の幅を広げる努力を惜しまず、結果が出るように挑戦していきたいです。また、現在サイバーエースでは都内以外のお客様にも営業ができる仕組みを整えています。Web集客に力を入れたい成長性のある中堅企業・スタートアップは、日本全国にまだまだいると思います。そうしたお客様に対し、インターネット広告を使用して集客のお手伝いをしていきたいです。


では最後に、この記事を見ている方にひと言お願いします!

「サイバーエースには、挑戦できる環境が整っています。エキサイティングな日々を一緒に過ごせると思いますので、挑戦したい方は是非一緒に働きましょう!


ありがとうございました!
株式会社CyberACEでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング