1
/
5

ハイレベルな環境で見つけた、「本物の安定」とは?|社員インタビュー 久慈さん

皆さんこんにちは!サイバーエース採用担当です!

社員インタビュー第8弾は、17新卒・コンサルタントの久慈さんにインタビューをしました!

※このインタビューはコロナ自粛期間前に実施した内容です。

早速ですが、久慈さんの入社理由を教えてください。

「新卒でサイバーエージェントに入社しました。まずHR領域の事業を営んでいたサイバーQに出向となり、その後サイバーエースに入りました。サイバーエージェントに入ろうと思った理由は3つあります。1つ目は、インターネット広告業界という市場が伸びているからです。2つ目は、事業の多様性があるからです。インターネット広告やゲーム、AbemaTV、さらにスタートアップがどんどん立ち上がっていく多様性が魅力的でした。3つ目は、裁量権があるからです。サイバーエージェントには、新卒が社長を務めたり、事業責任者を務めたりしています。若手への裁量権を謳うベンチャーは多いとは思います。しかし、サイバーエージェントは実例がベースだったので、より裁量権があると感じられました。」


久慈さんがコンサル職を志望した理由を教えてください。

「もともと考えることが好きであり、また強みでもあったのでコンサル職を志望しました。現在の仕事は、新規営業とコンサルの中間のような仕事をしています。お客様に対し、どのメディアを使うのが適切かを考えたり、目標に対し取り組むべきことに優先順位をつけたりといったような、戦略を担っています。そのため、より深い知見が求められます。Google、facebook、LINEといった各媒体の特徴から、画像のサイズ、クリックされやすい画像の特徴といった知見を、専任コンサルと共に日々深めています。」


やりがいはどんな時に感じますか?

お客様の課題解決や目標達成ができたときです。課題解決のためにはただの物売りにならず、課題にフォーカスした企画型のセールスをしていく必要があります。そのために、メディアやマーケティングのトレンドは常にキャッチアップしていく必要があります。好奇心を満たしたり、常に新しいことを知ることができたりといった点も楽しいし、やりがいと言えるかもしれないです。


入社理由の一つに裁量権がありました。実際に入社してみていかがですか?

裁量権はあると感じます。サイバーエースは同じフロアに社長や役員がいます。顔が見える環境の中で代表の西島に相談したり、チャットでもフラットに相談したりできます。そうした中で、例えばこのインタビューのようなWantedlyのクオリティの向上など、自分の業務以外にもフラットに提案できるのはとてもいいと思います。」



サイバーエースの良いところはどこにあると思いますか?

業界自体が成長しているので、チャンスが溢れている点だと思います。業界自体が成長していないとイスが減っていってしまいます。業界が成長している中、最先端の会社でWebマーケティングについて知ることができるのは、なかなか無い価値だと思います。また、GAFAと呼ばれる会社の方たちと週1とか月1でミーティングできるのも価値があると感じています。もちろん他社の方でもこうした機会はあると思います。ですが、インターネット広告業界でもナンバー1の会社の一員としてやっていけるのが良いと思います。また、サイバーエースは日本でもトップクラスの成長率であると思うので、こうした環境に身を置けるのもいい経験だと感じています。おそらく、業界内では日本でも10番以内に入るような成長率なのではないでしょうか。


サイバーエースに向いている人はどんな人ですか?

オーナーシップがある人だと思います。分からないことがあったときに自分から解決策を求めたり、逆に周りに困っている人がいたら助けたりできるのが大事だと思います。逆に向いていないのは、待ちの状態でいる人かもしれないです。前提として、トレンドの移り変わりは早いです。月1のアップデートなんか当たり前です。そうした環境の中で、自分で情報を取りにいったり、周りを巻き込んで情報を取ったりするのは大事になります。また、自分の中でこうしたい、こうしたら社会が良くなるといった意思があるのも大事だと思います。ただ言われたことをやるだけなのが嫌な人は、向いていると思います。」


サイバーエースの改善点はありますか?

「知識の体系化ができていないことです。研修プログラムはありますが、それを経ただけでは完全に活躍できるというわけでもないので、ここは取り組んでいく必要があります。あと、広告業界は忙しいと言われますが、サイバーエースは生産性を上げる仕組みを整えています。RPAやレポートをブラウザ上で表示できるダッシュボードを活用し、生産性を向上させる『オンライングロース』を実践していきます。」


今後チャレンジしたいことを教えてください。

「この先10年のビジョンは『売上1,000億円の企業になる』というものです。現在の事業だけではこのビジョンは達成できないと思っていて、グローバル展開や広告以外の新規事業といった分野にチャレンジしていきたいです。」


では最後に、この記事を見ている方にひと言お願いします!

「インターネット広告は成長産業であるからこそ、サイバーエースに入れば成長できると思います。実際中途で入社した方に話を聞くと、前職の1年とサイバーエースでの1年は全然違うと言っていました。私自身、明日から会社に来なくてもいいと言われても困らないと思います。それは、自分が成長しているからです。GAFAといったグローバルのトッププレーヤーと仕事をしたり、ハイレベルなベンチャーのお客様と仕事をしたりすることで、自分のレベルは上がっていると感じます。市場価値を上げることで、会社に安定を求めるのではなく、安定を自分で担保できていると感じます。成長したい人には向いている環境です。」


ありがとうございました!
株式会社CyberACEでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング