1
/
5

【リフレッシュ休暇】有給とは別で平日5日間休み!?社員のQOLを高める魅力的な制度とは!

こんにちは!D2C R人事の萩原良太です。

気付けばあっという間に年の瀬にもなり、年末年始をどう過ごすのか考えている方も多いかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は弊社の福利厚生制度のひとつ、【リフレッシュ休暇】についてご紹介させていただきます!

リフレッシュ休暇とは?

リフレッシュ休暇とは「1年に1回、連続で平日5日間休暇を取得することができる制度」です。

この制度があることによって社員がリフレッシュできる機会が作られ、仕事にも良い影響を与えられると考えております。「全力で働き、全力で休む」といった働き方が可能です。
また、長期休暇を取得することで、チーム内やメンバー間で案件・業務をカバーし合うため、個人的には組織としての力をつけることができるというメリットも感じています。

ちなみに萩原は2020年2月にリフレッシュ休暇を利用したのですが、前半は伊豆大島へ趣味の釣りに行き、後半は軽井沢へデジタルデトックス旅行に行きました。

【↑】萩原が伊豆大島で釣ったアカハタ(約35cm)

リフレッシュ休暇のここがすごい!

リフレッシュ休暇のここがすごい!というポイントは以下の通りです。
・有給とは別に支給される特別休暇!
・前後の土日を合わせると9連休になる(祝日を含む3連休とつなげればもっと連休が長い!)
・年度更新で毎年付与される!(年度の繰り越しはできない)

なお、注意事項として以下の条件があります。

・入社から1年以上を経過した社員が対象
・5日連続の休みを分割して利用することはできない(週を分けて2日休み・3日休みのような取得はできない)
・担当業務は前もってチーム内やプロジェクトメンバーへしっかりと引継ぎをする

【↑】旧軽井沢にある行きつけのフレンチレストラン「カズラベ」(地元野菜を使った料理が絶品!)

リフレッシュ休暇中は何するの?

社会人になると9連休を取るということはなかなかできません。

その為、弊社社員はリフレッシュ休暇を利用して海外旅行や帰省、その他普段できなかったことをしたりと、社員それぞれが有意義に利用しております。

実際にどのように利用しているか過去に集計したアンケートがありますのでその一部をご紹介します。
その他リフレッシュ休暇の利用に関する情報は以下のリンクをご覧くださいませ。

こちらをクリック!

ちなみに萩原は来月2021年1月末にリフレッシュ休暇を使用予定です。
GOTOトラベルキャンペーンを使用して趣味であるスノーボードに泊りで行きたいと計画していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、スノーボードは当分諦めることにしました。

その為、家でのんびりしながら家計の見直しをしたり、歯科検診に行ったり、自宅の模様替えなど普段やりたいと思っているけど後回しにしていることに時間を使おうかなと考えております!

あとがき

D2C Rのリフレッシュ休暇はいかがでしたでしょうか。
改めて素敵な制度だと感じることができました!

今後もリフレッシュ休暇を通して、仕事もプライベートも充実した生活を送りながら、社員一人一人がモチベーション高く仕事に臨んでいける環境がございます。

この記事を読んでいただいた皆さんも今一度、ご自身におけるQOLを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

【↑】伊豆大島のシンボル「三原山」

株式会社D2C Rでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング