1
/
5

【JUT JOY story #1】設立2年目へ!CEO 原島が語る会社の未来について

➥採用担当です!まずは、代表の経歴を教えていただきたいです!

2007年

大学在学時にインターンで入った某営業会社にて管理マネージャーとして約30名の社員管理を経験。また通信系商材のBtoC営業も経験し、その際に出会った仲間とプログラミングを学びながらIT業界へ進出。2012年に仲間と独立を経験する。

2015年

沖縄拠点の大手IT会社に入社。入社後1か月で有名スマホゲームタイトルのリーダーを経て、MVPを獲得。その後、広告事業(SEM)に移動し、予算1億越えのクライアントを3つ掛け持ち、運用とディレクションを行う。

2017年

東京へ戻り、2012年に共に独立したメンバーの元で、営業部長兼技術部PMとして活躍。

在籍1年で会社全体の予算統制・営業統括部長に任命され、年間で3億円規模の売上向上を行い、社員数170名規模の会社に拡大。

2019年

某通信/営業会社にヘッドハンティングを受け、新規のSI事業部事業責任者としてゼロから採用/教育/管理/営業まで行い、開始3か月で黒字転換させた。また年間で社員100名の採用を行い、売上2億1000万を達成するなどの大きな功績を残した。その後、株式会社JUT JOYを立ち上げるに至る。

初の代表取締役を経験した激動の第1期

ご自身のキャリアの中で初の代表取締役を経験されたということですが、その第1期目で特に力を入れられたことはありますか?

初めての代表取締役ということもあり、設立まもない会社を経営していくために銀行からの融資関係に力を入れたことです。設立初期ということもあり経営資金を枯渇させないように、資金周りは誰よりもシビアに管理と調達を行いました。

銀行まわりで苦戦したことはありますか?

事前準備をしっかりして銀行へ行っていましたので、苦労したという感覚は特になかったですね。

なるほど。ちなみに設立してから1年未満のSES企業さまへ、事業を経営するにあたってアドバイス等はありますか?

アドバイスとしては、会社を経営していくための資金であったりフォローしてくれる人脈も含めて、どれだけ事前準備できるかを重視して経営していくことが大切だと思います。JUT JOYでは教育/採用/バックオフィスなどのコンサルをしているので、お気軽にお声掛けいただければと思います。

年間営業利益前年比2000%を目指す2期目の秘策

➥2期目は、会社としてどのような戦略を考えていますか?

2期目ではPHP/Javaの教育カリキュラムを外販できるように特化していくことと、ゲームデバック/テスト系のQA領域/クリエイティブ領域の強化をしていこうと考えています。

➥2期目ではクリエイティブな方向へ力を入れていくということですね。ちなみにクリエイティブに力を入れていくということは、採用においてもクリエイティブに強い方を採用していくということでしょうか?

そうですね。未経験の採用ではなく、エンジニアにおいては経験者、またクリエイティブな発想力をもったマーケターやクリエイティブディレクターの採用や教育にも力を入れていくつもりです。

経験者の方をメインで採用していかれるのですね。ちなみに口コミを読ませていただいたところ、会社に対する想いや感謝が溢れるコメントが多い点が印象的だったのですが、社員の方々が働きやすい環境つくりで力を入れられている点はありますか?

例えば、女性社員の方が育休/産休、体調が変化してしまった際に現場が臨機応変に対応できる状態は整えています。また何時間働いてほしいという時間給の形ではなく、産休中/育休中の限られた時間でも質の高いパフォーマンスをしていただければ、働いている時間は問題はないと考えています。もし僕が家庭を持つことがあった際には、女性社員のママさん方からアドバイスをもらえる環境に出来れば最高だと思っています。

女性社員の方から将来的に育児のアドバイスをもらいやすい会社はとても良いですね。2期目は1期目よりもさらに貴社の名前であるJUT(突出した)JOY(喜び)を体現できる結果になりそうですね。

ありがとうございます。1期目の業績は黒字で着地ができたので、2期目も事前準備を着実に進めていき年間営業利益前年比2000%以上を達成を目指しています。

原島社長が考える株式会社JUT JOYの5年後、10年後の未来

たった1年で黒字着地をするほど業績が安定しているSES事業に関してですが、5年後、10年後もSES事業は続けて行かれるのでしょうか?

いえ、続ける予定はありません。先程もお伝えした通り、今後は未経験の採用を減らし、実績のある方や実力のついてきている方をメインで採用していきます。理由はクリエイティブに特化して、音楽や動画制作の業界へ進出していきたいからです。そのため音楽制作や動画制作のデザインであったりマーケティングを組める方も採用していこうと考えております。大きく言ってしまうと、「第2のNetflix」を目指しています。

第2のNetflix」はワクワクしますね。リリースされる日にはぜひ教えていただきたいです。

はい。あまり詳しいことはお話しできないのですが、今後の株式会社JUT JOYの動きにご注目いただければと思います。

代表、ありがとうございました!私も更なる成長のために頑張っていきます!

株式会社JUTJOYでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング