1
/
5

「クライアントと徹底的に向き合う会社を創る」タガタメ創業ストーリー

こんにちは。タガタメ採用担当です。今回は代表の酒井にインタビューしました。

タガタメの創業ストーリーや、タガタメが創業時から大切にしている価値観、メンバーに期待することなどが分かる内容となっています。ぜひ最後までご覧ください!

■いままでの経歴を教えてください。

学生時代の小、中学校はサッカーに明け暮れていました。キャプテンなどを任されたこともあり、今思えばリーダーなどの経験は早くしていたほうかもしれませんね。

高校からアルバイトでお金を稼ぐ楽しさを知り、卒業後も7~8個のアルバイトをやりました。

2005年に株式会社ジオコードでインターネット業界に入り、営業、マネージメントなどビジネスのイロハを学ばせて頂きました。

何となく「インターネットの時代だ」と思い入社して、がむしゃらに頑張っていくうちに、自分の中で譲れないものが出てきました。その思いが日を追うごとにどんどん膨らんで今のタガタメを作ることになりました。

■タガタメを創業したきっかけを教えてください。

前述した譲れないものが出てきたからなんです。仕事をしていく中で売上を上げることばかり優先され、クライアントへのサービス提供が二の次になっているような感覚を覚えました。

私はクライアントにしっかり寄り添って、一緒に成果をあげる仕事がしたいと思って日々従事していたのですが、組織にいるとなかなかそうもいかなくて。

それが譲れないものとなり、自分で会社をつくるしかないなと思いました。

■いつごろ起業しようと考えたのですか?

いつごろ起業しよう!という明確なビジョンは特に無かったですね。転職し色々な会社をみましたがなかなか自分の考えと一致する会社がなく、転職という選択肢が無くなって自分でやるしかないかなと思ったタイミングで起業しました。

■創業したときはやはり苦労はありましたか?

あまり苦労と思ったことはないですが苦労したといえば、意識統一かな。自分の想いや理想を伝えることで、メンバーが勝手に行動してくれると高を括っていたのですが、もちろんそううまくいかず。

価値観や想いをいかにメンバーに伝え、理解してもらうかという点は課題に感じることが多かったです。

現状は、ある程度明文化して伝達するようにしていますが、もっとわかりやすくしたいですね。

■軌道に乗ったタイミングはいつでしたか?

2014年第一期目の終わり頃ですかね。初めて紹介ではなく新規の受注ができたときです。

創業当時はクライアントやパートナーからの紹介のみで仕事を受注できていたのですが、2014年の終わりに初めてWEBサイトから問い合わせがあり、紹介以外で初めて新規受注にいたりました。

私たちのやり方や理念に共感していただいて仕事を任せて頂ける人がいるとわかったときに、大きな山をひとつ乗り越えたなと実感しましたね。

■創業時に描いていた未来と現在のギャップはありますか?

創業当時は未来計画はあまり立ててなかったんですよね(笑)2014年に創業したんですけど、その年の年末までしか計画は立ててませんでした。

もちろん色んな苦労はありましたが、いろいろな諸先輩方からビジネスについて学ばせて頂いていたので、足りない部分もありますが概ね計画に対しては及第点というところでしょうか。

大きなギャップはあまりないですが、タガタメのブランディングを向上させるような施策をうっておけばセールスやリクルーティングがもっと楽だったかなと。

■タガタメには創業時から「一業種一社制」という制度がありますが、そこにこだわる理由を教えてください。

クライアントと一緒に売上、利益を上げ共に成長していくという私たちなりの意思表明です。

弊社で取り扱っている運用型広告という特性上、社内競合が生まれることにより、クライアントへの成果を私たちがコントロールできてしまう可能性があり、その状態が不誠実ではないかと感じました。

社内競合が生まれている状況を起業前の自分が経験しており、それをメンバーにもやらせたくなかったんですよね。

また、一業種一社制だとお客様の売上を上げないと私たちにも還元されません。私たちはよりまっすぐクライアントやエンドユーザーに対して、一生懸命になることができるし、パートナーという立場で深くつながることができるんです。

「自分たちの売上は自分たちで作る」

創業当時からよく言っている言葉で、クライアントから預けてもらった費用に対して最大限の成果をお返しする努力を続けています。

一業種一社制で得られた成功事例を社内で共有できていれば、他業種事例をかけ合わせたイノベイティブな発想も生まれると考えており、弊社独自のメリットを生み続ける制度だと自負しており、これからもこだわっていきたいですね。

■今後のビジョンを教えてください。

ビジョンという大きなものではないですが、直近の課題を一つ一つ解決していくことがビジョンに近づいていくと考えており、現在セールスに力を入れていますので、新規のクライアントが増えていくような仕組み作りに注力していきたいと考えています。

それと同時にお付き合い頂くクライアントのことを日本で1番考えられるチームになりたいですね。メンバーにはクライアントに真っ正面から向き合うことだけを考えて仕事してもらえるように、私自身いろいろな仕組みや体制を整えていきたいですね。

■最後に、どのようなメンバーを求めていますか?

タガタメの理念や考え方に共感していただいて、行動力のある方と一緒に働きたいですね。

当社の理念に共感して、少しでも興味をもって頂いた方がいらっしゃればぜひ一度お話できれば嬉しいです。

株式会社タガタメでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング