Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

代表の生方です。
当社は、2013年に世界初のコンシューマー向け全天球カメラを開発・事業化したメンバーが中核となり、2019年8月に発足しました。 現状、親会社が大半の出資をしていますが、スタートアップカンパニーとして独自性を尊重した「特別自治区」的な運営を行っています。 ユニークな光学技術やAIによる画像処理技術など先端技術によって、今後コンシューマー市場に対して卓越した全天球カメラなどのハードウェアとアプリ・サービスを提供し、映像体験の革命、新しい感動を届けます。

なぜやるのか

「映像体験の革命、新しい感動をみなさんに」 2020年に予定されている世界初の商品。詳細についてはまだ多く語ることが出来ませんが、これまでの光学技術やAIによる画像処理技術などの最先端の技術によって、アプリ・サービスを通じて、今までに体験したことない革命、感動をみなさんに与えることができると思います。 また、今はない市場を創造する為に2019年8月に立ち上がったベクノスは、はじめから世界を狙っています。 日本の大企業に眠っているポテンシャルを解き放つような新規事業創出のスキームを作成し、有効性を実証していきたいと考えています。今の日本は昔と違い、新しくスタートアップを立ち上げること自体はハードルが低くなっていると感じます。反面、大企業からイノベーションが創出されるようなモデルは生まれていない。大企業発でも、次々に新しい価値が創造されるということを世の中の当たり前にしていきたいですね。 そして、何より自分達がワクワクして楽しいと思うモノを作ること。そして、それを世の中に提案し、社会全体が良い方向に変わっていくことができれば、みんな幸せになるはずです。

どうやっているのか

世界初のコンシューマー向け全天球カメラを開発・事業化したメンバーから結成されております。 来年の新商品発表に向けて、開発メンバーは開発をメインに活動し、その他マーケティング担当は新商品の発売方法や販売管理をどのようにするのか、など事前準備に追われております。 立ち上げたばかりなので、まだチームとして不足ポジションが多数ありますので、今回の募集に至りました。 どのポジションも決められたことがあるわけではなく、イチから自分たちの手で作り上げていく、スタートアップならではの経験ができます。