Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

2013年設立の当社は、中古車VANNINGの作業会社としてスタート。 中古車輸出物流を体系化し、設立 3年で全国展開達成。 アグレッシブなマーケティングスタイルが持ち味です。 https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=xUgihEBVvGA
船積みコミュニケーションツール La-Plus 2016年からフルスクラッチで開発をスタート。 顧客-協力会社-自社スタッフと情報をリアルタイムに共有できる。 今夏、Saasとしてサービスをローンチ予定。
2019年で創業6周年を迎えるSYNC LOGISTICSは 「全貿易事業者のパートナーへ」というビジョンのもと、 世界40カ国へ国際物流サービスを展開しています。 2018年以降、自社の管理システムを Saas化し サービスの提供を開始。 スタッフ 32名。「貿易 × ICT」を具現化する 貿易テクノロジーカンパニーです。 中古車輸出業界の物流事業からスタートした当社。業界トップクラスのスマートな船積みを創造した経験から、短期的な自社のみの利益に固執せず、長期的な業界の発展、そして社会の発展に繋がるサービス展開へと舵を切り、日本のみならず世界から必要とされる企業を目指しビジネスを展開しています。 ~事業内容~ ◎自動車輸出物流サービス https://www.sync-logi.com/ \年間輸送台数 70,000 台/ ◎貿易情報共有 プラットフォーム「La-Plus」 https://la-plus2.sync-logi.com/ \登録事業者数 700社/ ◎海上コンテナのWEB予約システム「Goship」 https://www.goship.jp/ モンゴル向け 船積み本数トップシェア ※2019年3月期 売上高 22億円

なぜやるのか

日本の国際物流業界には解決すべき課題が山積み
☆「人材不足」「ドライバーの高齢化」「貿易手続きの効率化」、物流業界の課題解決に貢献 現在、日本の貿易手配はメール、電話、FAXによるツールが主流で 情報が分断しているため ・ 度重なる状況確認 ・ 同一データ転記作業 ・ データ不備(誤入力、未入力)による船積みの中断 が定常的に発生しています。 各輸出事業者様のビジネススキーム及び、輸出物流を理解し 適切な情報を共有できれば、 よりスマートでより効率的にモノが流れる世界を実現出来ると信じています。 SYNC LOGISTICSが生み出すサービスには、 全貿易事業者のパートナーへというビジョンがあります。 例えば、国際物流データを繋ぎ可視化することで、全貿易事業者の最適な意思決定を支える。 例えば、お客様の既存業務をIT化する際ともにオーナーシップを持って取り組む。 これまでの物流業界では実現できなかった『仕組み』を、私たちの手によって構築することで、世界の発展に貢献していきます。

どうやっているのか

代表の一木です。 一木は25歳の時に、物流のビジネスモデルをスタート。 一年後の2013年にシンク ロジスティクスを設立致しました。 業界未経験でありながら、参入障壁の高い業界に参入し 実績を残せたのは、社内外のお力添えがあってからこそ。 今でも、人のつながりは大事にしています。
開発チーム
【個性的な人材が共存するカルチャー】 川崎、福岡のオフィスを合わせて全体でも30名程度。 物流サービスの提供と、開発における上流を担当しています。 実開発に関しては、外部ベンダー10名と共同で進めています。 スタッフは20代半ばから30代前半が多く在籍しており 半数以上がバイリンガルで、外国人スタッフの採用も増やしています。 ※英語、中国語、モンゴル語 国籍、スキル、キャラクター、様々なバックグラウンドを持つ個人が 「チーム」として、課題解決を目指します。 私たちが目指すミッションを具現化していくには、 より多くの力が必要です。 チャレンジ精神溢れる仲間を大募集します!