1
/
5

当社の評価制度を解説!ベンチャーはなんてったって昇給スピードが魅力♪

ベンチャーの給与は【昇給スピード】が魅力!

当社の評価制度は"明朗会計"です。目標に対してどれだけ達成すればどれだけ昇給できるかがハッキリしています。そしてベンチャーが大手に対して勝るものは「スピード感」があると思います。役職アップのスピード感、裁量ある仕事のスピード感、自分の成果が会社成長に直結するスピード感など様々ありますが、何よりも活躍に応じての評価と昇給スピードです。当社ももれなくベンチャーらしくスピード感のある昇給制度になっています。

キャライフの評価制度は年4回!給与と目標が連動しています。

一般的な企業では年2回の評価制度が多いですね。当社では年4回、クオーターごとに昇給チャンスがあります。昇給条件は目標に対しての達成率なので明確です。上司の好き嫌いに左右されません。また、達成率に応じて昇給額の幅も上がります。つまり実績・結果に応じて相応の昇給が得られる制度になっています。

個人の目標は、グレードに応じて決まるため[月給]と[目標]が連動しています。私たちも転職エージェントとして数多くの転職希望者の話を伺う機会がありますが、上司や先輩が自分より実績を出していないにも関わらず給与が高く、納得感がないという転職理由は少なくありません。そのため当社では月給に対して目標が連動することで、誰がなぜそのグレード(給与)なのかが明確なため納得感を得やすいです。

新人さん限定スタートアップキャンペーンがあります。

年4回あるといっても3ヶ月単位はやはり長く感じてしまうと考え、当社では入社から6ヶ月間は毎月昇給のチャンスがあります。1ヶ月目で目標達成は簡単ではありませんが、2ヶ月目からは達成しているメンバーもいるため早ければこの半年間で10ランクのグレードを上げることが可能です。

当社での実績はインセンティブだけじゃなく“月給”が上がります!

実績評価主義の会社はベンチャーや営業会社ではよくありますが、その多くはインセンティブでの報酬がという印象はありませんか?ある月は100万円を超えるようなインセンティブがもらえる会社もありますが、その翌月は20万円になってしまう可能性もある制度だったりします。毎月の給与が不安定だと生活も心配ですね。インセンティブ重視は稼げる金額の幅が大きい反面、不安定。逆に固定給を上げる重視の制度では劇的な昇給を目指すには時間がかかってしまいます。そのため当社では一挙両得できる制度はないかと考えた結果、スピード感のある月給の昇給を目指せる制度と、インセンティブ制度を共存させることにしました。そして一年で二倍以上の年収を上げることが可能な制度になりました。

当社の評価制度に対しての想いはなんなのか?

今の日本の評価制度は、当社を含めてまだまだ課題が多いと当社の経営陣は考えています。仕事は給与が全てではないと思いますが、大事な要素の一つであることは間違いありません。自分らしく働きながら活躍し、実績に見合った報酬を得ることができる。とても大切なことだと考えています。

そして一つの企業には様々な人が組織を形成しており、様々な職種で仕事をしています。営業系は数字が出るためまだわかりやすいですが、バックオフィス職やサポート職は数字にしにくいため評価基準が難しく、特にエンジニアやデザイナーのような技術系・クリエイティブ系の職種の評価制度は非常に難しいです。私たちはこの課題に今後も取り組み続けることを決めています。

そのため当社が今あるポジションである営業やコンサルタント職に対して、まずは徹底的に考えたいと思っています。もし当社で働くご縁がある方には、ぜひ評価制度のブラッシュアップも一緒に取り組んでいただきたいと考えています。こうした組織作りや環境作りに早期に携わることができるのもベンチャーの魅力の一つですね!

ご応募お待ちしております!

株式会社キャライフでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社キャライフからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?