1
/
5

「創業に込めた思い、日本を変える使命感 」代表中井が語るアジリスの創業ストーリー

今回は、業務変革を通じて進化し続ける会社づくりを行うアジリス・イノベーションの代表取締役社長の中井憲雄さんにインタビューさせていただきました!

プロフィール


アジリス・イノベーション株式会社取締役社長  中井憲雄                    元IT専門商社の役員。アジリス・イノベーション創設メンバー                    

創業メンバーの思い。
本当の意味でITを活用することのできる日本を創りたい

今日はアジリス・イノベーション株式会社の中井社長に創業秘話や会社の魅力まで、色々お話し聞きたく思います。よろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

まずは創業メンバーについてお聞かせください。

そうですね。創業メンバーは白井、河井、方堂、私の4人になります。白井は製造業のメーカー出身、
河井と方堂の2人はともに製造業に強いコンサル会社の出身で、私自身は元IT専門商社出身です。

その4人でなぜアジリス・イノベーションを立ち上げようと思ったのですか?

今の日本ってどう思います?

世界的に見ても様々な優れた技術を有してはいますが、ことITに関して言えば、
実は「ITがうまく使いこなせていない」と我々は感じています。

それはなぜかというと、実務を遂行する実務部門と情シスと呼ばれるIT部門の間には見えない「壁」が
あるんですよね。にも関わらずIT導入はIT部門と彼らから依頼を受けたSIer主導で行われます。
その結果、ITは導入されるんですが実務部門の業務パフォーマンスはそれほど変わっていないです。
その状態が数十年続いていると思っています。

我々はこの状況を打破したいんですよ。この問題意識を強く持ち、かつ解決できる能力をもった
創業メンバー集まったことでアジリスが生まれたんです。

アジリスならこの問題を解決できる、ということなんですね。すごく気になります!

そのあたりは白井の経験がベースにはなっております。

彼は製造業のメーカーでITを用いた実務改善を長いこと実践してきているんですが、
実務部門とIT部門のなかなか埋まらない溝の中で思考錯誤を繰り返していました。

あるとき、アジリス創業メンバーである河井、方堂が当時働いていたコンサル会社と出会うんですよ。
製造業を中心としたコンサルを行っていたのですが、技術者の頭の中にある、言語化が非常に難しい
「実務経験に基づく人の判断」を可視化することがものすごくうまい集団で、白井が「この技術だ!」と驚いていたのを覚えています。

確かに、長年の経験や感とかって言語化するのすごい難しそうです・・・
でもそれができるならばいろいろな可能性を感じます!

実務を徹底的に可視化し、組織に埋もれている暗黙知を紐解いた上でITを導入する。
そうすることで本当の意味でのIT活用ができる、その確信が生まれた瞬間ですね。
その確信を実現すべく、アジリスを立ち上げたわけです。

まだまだ若い会社ですが、アジリスには河井、方堂を中心にスピード感を持って徹底的に可視化できる
優秀なコンサル人材が揃っていますよ。


テクノロジーありきではなく、
実務主導のアジャイルな変革を!

そもそもの質問になってしまいますが、実務部門とIT部門の溝っていうのは
どうして生まれてしまうのですか?

実務主導での変革が行われていない、という部分は大きな原因だと思いますね。
ITを活用して実務がより良くならなければいけないのですが、その変革活動の主導権の多くは
IT部門が握っています。IT部門内に実務を熟知しているような人がいれば良いのですが、
そういうケースは本当に少ないです。

その中で"業務を可視化する"ことは当たり前に行われているように思われますが、我々からすると、
その「可視化が不十分」な状態なのです。また"実務がより良くなること"が目的なのですが、
IT部門はテクノロジーに長けた人材集団なのでいつのまにかテクノロジーありきの「IT導入が目的」と
なった変革活動に変わってしまいます。

この「IT導入が目的」×「可視化が不十分」の構図が実務部門とIT部門の溝を深めていると感じています。

なるほど。ITは効率化の手段であって目的ではない、ということですね!

そうですね。

実務をより良くするという目的に向かって「緻密な可視化」を一番最初にすべき事なんですが、日本企業の中にまだ浸透していない部分があるのかなと思いますね。だからこそ私たちのような会社が必要なんだと確信をもって言えます。

テクノロジーはものすごい勢いで進化してますし、企業を取り巻く環境も日々変わっています。
それらの変化をしっかりと捉え、アジャイルに価値提供していきたいと思います。
「アジリス・イノベーション」という社名にはそのような思いも込めております。



イチから急成長しようと考えているあなたへ。

社名にはそんな思いが込められていたのですね!お聞かせいただき本当にありがとうございました。
では、そんなアジリス・イノベーションで働く魅力を教えてください!

やはり一番大きいのは、圧倒的に成長できる環境に身を置けることですかね。
トップレベルのコンサルタントのフォローを受けながら、早い段階でコンサルの上流からの経験を積むことができるため、一気に成長することができます。

経営との距離が非常に近いのも魅力の一つです。
経営陣含めて毎週全員で会社の状況を共有していますし、経営直下で業務を学ぶことが出来ます。
コンサルタントやエンジニアとしてのキャリアだけでなく、アジリスそのものを大きくしていける。
会社の経営に近い関わり方ができるので、とても貴重な経験を与えられると思います。

私としては、その頑張りに誠心誠意向き合い一人ひとりの成長の手助けをしたいと考えています。

何かに本気で取り組みたいと考えている人にとっては、素晴らしい環境ですね!          最後に、求職者様へのメッセージをお願いします!

現時点でコンサルやITの経験が浅くても貪欲に成長機会を求めてる方であったり、理念に共感してくれる人を求めています!また、ベンチャー要素もあるので積極的に自社をつくっていくところに魅力を感じてくれる方も大歓迎です!

私たちと一緒に、未来ある会社づくりをしていきませんか?

アジリス・イノベーション株式会社では、一緒に働く仲間を探しています。

コンサルタント

シニアコンサルタント

Salesforceエンジニア

Salesforceスペシャリスト 

アジリス・イノベーション株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう