1
/
5

同じ志が可能性を広げる/Syuhei Niro

みなさん、こんにちは!
株式会社グッド・クルーの採用担当 小島です。

本日は弊社の人材紹介部リーダーの丹路の記事を展開します!



さて、本日は‘‘同じ志が可能性を広げる‘‘でず!
仕事で熱い想いを持って働いている人っていますよね。その方たちと話をすると、色んなところに派生して(もちろん本質はブレずに)可能性が広がるなあと感じています。
改めて、最近感じた出来事があったのでそれをnoteに記載していこうと思います。noteが習慣づいて23週目ですが、今回のnoteも良い時間になりそうです^^

目次

  1. 皆さんは仕事をどのように捉えていますか??
  2. Twitterの140字からあふれ出る人柄


皆さんは仕事をどのように捉えていますか??

これ、人よって違いますよね。
お金の為に働いている人、家族の為に働いている人、趣味や何かを欲しい為に働いている人、将来のありたい姿を叶える手段として働いている人、様々な人がいますよね。
どれも正解だと思います。いろんな価値観があり、生きてきた環境で価値観は変わるものだと思っているので。

僕自身も最初はお金や、何か欲しいものを買う為に働いていました。というかそれが正しいと思っていました。世の中の人がそのように考えているとしか思ってませんでした。そういった環境でしたからね。いろんな環境を知ることをしなかったというか、そこを疑う事をしないんですよね。その環境がすべて正しいと思うんです。まあ当たり前だと思いますし、社会に出たら上司がすべてみたいなもんですから。世の上司は部下の数だけ人生を背負っている、それくらいの覚悟を持った方が良いと僕は思いますね。

そんな狭い価値観で生きてきた私も、転職し今の会社で働いたときに同じチームであった野村さん(@naoshi_nomura)や小島さん(@goodcrewkojima)大橋さん(@yuma_ohashi)や三品さん(@Mishinakaori00)と同じチームになったことによって視野が大きく広がりました。

その中でも当時上司であった野村さんにはたくさんのことを学びました。何回も1on1を実施し、愛ある厳しいことを言われ、涙を流しながらそれでも前を向く、そんな環境で働いていくと、気付いたら僕の働く目的がお金やモノの為から、将来のありたい姿を叶える手段になっていたんです。

もちろんそこにいきつくまでに別のきっかけもありましたが(それは下記のnoteに記しています。)


目先よりもその環境をどう使うか、利用するかに思考が変わっていったんです。ここで言う‘‘同じ志‘‘とは上記にある‘‘仕事は将来のありたい姿を叶える手段‘‘になっている人のことをさします。そんなん無いよ~って人もいると思いますが、話をしていくと強い想いを持っている人もいますよね、そういった人も同じ志だと思っています。


Twitterの140字からあふれ出る人柄

僕はTwitterでリアルに会いたい人が何人かいます。野球部飲みの人はもう特別枠なので省きますが、、、
その方とTwitter上のTLでやり取りをしている時に、僕から飲みたいです!って声をかけたんです。そこからとんとん拍子に話が進み、先日一緒にお酒を交わすことになりました。

そうです。とこよださんです(飲んだ後、お店の前で写真を撮りました)
とこよださんのTwitter(@tokoyon28


会った冒頭から話が弾み、もう楽しくなる気しかしなかったですね。会った時のTwitterの話はまじで笑いましたけどww
(気になる方はとこよださんに直接確認をしていただきたく思います。笑)

2時間という時間を、お互いのこと、仕事の話で語り尽くしました。そこで感じたのは、「ああ、やっぱりめちゃくちゃ熱い人なんだな」ということ。Twitterは140字しかないので、なかなか人柄や本当のその人が見えにくいと思うし、それが本当かも分からないことが多い中で、なんかとこよださんは熱い人なんだろうなと勝手に感じていました。

こうしていきたい、あんなことをしてきたい、今の会社はこうで自分はこうしていきたい、そのために今の会社でまずは与えられた役割を全うする、今を全力で生きる、信頼を募る、ここに着地したんです。
その中で、お互いで協業できる話も生まれ、新たな可能性をたくさん感じた時間だったんです。【GC】Learningにも参加してくれる運びとなり、こうした動きから外部とのつながりで仕事が生まれて価値が生まれていくんだなと体感しました。コンテンツに関しは今度考えて展開しようと思っています。
本当に素敵な時間だったし、有意義な時間でした。
※余談ですが、気を遣う時間や飲み会ほど無駄な事は無いですよね。


今回改めて感じたのは、強く熱い、同じ志を持った人と関わることで、たくさんの可能性が生まれ、価値がうまれる可能性があるという事です。
というか、そのような人と仕事をしていきたいと強く思いました。
全てが生まれるわけではないと思っています。ですがそのような想いを持っていないと可能性すらも生まれず、ただただ仕事をするだけになるんだなと。
冒頭にもお伝えしたように、それが悪いと言っているわけではないです。ですが、せっかく1日の3分の1を使い、1年の3分の2が仕事に費やす中で、楽しみながらたくさんの価値を生み出したいなと僕は思うんです。
それが結果的にかっこいい大人になり、それを見た学生や求職者が刺激を受け、その子たちの可能性も結果的に広げることができるんじゃないかなと。
自分の為に仕事をしていることが結果的に誰かのためになるんです。これって最高ですよね。


類は友を呼ぶ、この言葉、僕は結構信じています。自身の在り方が変わってくると、仕事やプライベートでも関わる人が変わるなと痛感しています。
今回とこよださんとの出会いも、自身の在り方がより明確に変わってきたタイミングなのかなと感じました。

今回の時間でさらに価値提供していきたいと思いました。信頼できる人と仕事をするにはもっと自分の価値を上げていかなければならないと。そのためにはもっとインプットしてアウトプットして、知見を広めて思考を深くして、一人のビジネスパーソンとして向上していかないと何もできません。
今は会社に守られています。会社がなくなったら僕の収入源はなくなります。会社がなくなっても価値提供できる、そんな荒波にも乗り越えていける人材になっていかなければ自身の在りたい姿はつかめません。

自身の在り方を徹底して追求し、たくさんの協力者を創り、より成長していきたいですね^^

改めて3,333文字、良い時間でした!
今週書くnoteを決めていたんですが、とこよださんとのご飯で話したアウトプットをもう一度まとめて発信したいと思いnoteに記載しました。


ただの想い溢れるやつみたいになってしまいましたが、熱い想いを持っている人はやっぱり素敵ですね!
外部の人とも関係値を創り、たくさんのモノを築いていきたいです!



今回は熱い丹路の想いを紹介しました!

次回もまたお楽しみに✨

株式会社グッド・クルーでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング