1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

『Inputを増やして大活躍!』インターンを始めるのが不安な大学生におすすめの書籍3冊!!

Wantedlyでインターンを探している方も多い時期かと思います。

そんな大学生の皆様の中にはアルバイトの経験しかなく、トラブルなく働きはじめられるか不安な方が多いのではないでしょうか?

私、現在ダイナミックプラスでインターンをしている菊川も漏れなくそういった大学生の1人でした...!そんな私が、今や数ヶ月もインターンを続けられております!

そんな私のような心配症な方に向けて、インターンを始める前に読んでおいて良かった・読んでおけば良かった本を3冊紹介致します!この記事が同じような悩みを抱えている学生の方に届けば嬉しいなと思っております!それでは早速紹介して行きます!

①『仮説思考』内田和成 (著)

この本ではタイトルの通り、ビジネスにおける仮説の使い方を学ぶことが出来ます。

著者の内田氏はBoston Consulting Groupという外資系コンサルティング企業の日本代表にまでなった方です!

私はそれまでの大学生活では、与えられた課題に沿って必要となる情報をネットや書籍から集め、それを要約するという事ばかりを行っていました。しかし、内田氏はそうした闇雲なリサーチは時間を浪費してしまうと指摘しています。与えられた課題を元に、いち早く自分なりの仮説構築を行い、最低限の仮説検証をすることが最優先課題なのです!

特にビジネスですと、そもそも情報がネット・書籍に存在しないことも多いです。そういった状況においては、自分自身が最もらしいと考える仮説を立て、それをサポートする最大限の情報を効率的に収集することが必要不可欠です。

この本の凄い所は、ビジネスでも大学生活でもその威力を発揮する点です!私はこの本を読み、大学のレポートなどでこのやり方を取り入れ、以前よりも少ない時間で質の高いレポートを完成できるようになりました。こうした思考法はもちろん、現在のインターンでのリサーチ作業でも非常に活きていると感じております!


②『ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる』國貞克則 (著)

この本を通じて、財務の基礎を勉強出来ます。

著者の國貞氏は財務関連のわかりやすい本を数多く出版されている方です!

多くの学生にとって会社の財務諸表というものを見る機会は、ほぼ無いと思います。私も全く見た事ない中で、ただ少し数字が好きという理由から学んでみたいなと思うようになりました。そのため、大学のゼミの先輩から紹介されたこちらの本を足掛かりに勉強を開始しました!

こちらの本は、主人公がある日思い立って友達とビジネスを立ち上げる所から始まります。そこから少しずつ、会計初心者である主人公が学んでいくストーリー仕立ての本となっています。この本の凄い所は、小説ような気持ちで読み進められるほどわかりやすく、会計への興味を引き立ててくれる点です。実際、私はこの本を読んだ後に同じ著者の本である『【増補改訂】 財務3表一体理解法』をすぐさまアマゾンで購入してしまいました(笑)。

インターンをしている中で、とある企業についてざっくり事業内容や財務状況を知りたいという場面が頻繁にあります。そんな時に、特に上場企業ですとIR資料というものの中に決算説明会資料というものがあります。そういった資料が物怖じせずに読めるだけで、その会社の理解が早く進むと実感しています。よかったら是非こちらの本を読み、気になる企業のIR資料の決算報告書を読んでみてください!

③『究極の鍛錬』ジョフ・コルヴァン (著) 米田隆 (訳)

個人的にあまり自己啓発のような本は読まないのですが、こちらの本はいわゆる「自己啓発本」より説得力があり、日々の仕事への向き合い方やキャリア観の形成に役立つと感じました!

著者のジョフ・コルヴァン氏はアメリカで有名なジャーナリストで、膨大な学術論文とインタビューを組み合わせてこの本を書かれています。そのためこの本は、一定信頼できる内容かと思います!

皆さんの周囲に「この人なんでこんなに優秀なのだろう?」という人がいたりしませんか?また、「自分には才能が無い」と学生生活や就活を通じて落ち込んでしまっている方もいるのでは無いでしょうか?私も大学生活を通じ、何度もそういった感情を持ったことがありました。

そんな中、本書でコルヴァン氏は「天才などこの世に存在しない」「天才がいるとしたら、それは究極の鍛錬の賜物だ」と主張します。この主張は筆者の独断に基づいたものでは無く、モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットといったいわゆる天才のストーリーに基づいたものです。「究極の鍛錬とは一体何をすればいいの?」と思った方は是非、本書を手に取って頂けたらと思います!私は本書を通じて、ただ「闇雲に頑張る」という姿勢から「どんな目的のために何をどのように頑張るか決めた上で頑張る」ということを日々考えるようになりました!

最後に

皆様いかがでしたでしょうか?こちらの本3冊の紹介をお楽しみ頂けましたら、大変嬉しいです!

是非あまりインターンに対して過剰に怖がらず、上記のような本を通じ、着々と心の準備を進めて頂けたらと思います!

弊社では毎月インターンを希望される皆様向けにカジュアルな説明会(通称ミートアップ)を開催しております!是非一度ご参加いただけると嬉しいです!皆様とお会い出来る日を楽しみにしております!!

ミートアップ参加者募集中!

弊社社員おすすめの本はこちらから!


経済学からデータサイエンスへの接続に役立った知識・必要になった知識をまとめてみた | ダイナミックプラス株式会社's post
こんにちは!ダイナミックプラス社(以下DP社)で広報を担当しております、インターン生の林です。今回はデータサイエンティストとして働かれている松島さんに記事を書いていただきました。 大学院で経済学を専攻されている松島さんが、データ分析業務に携わっていることから、 「経済学からデータサイエンスへの接続として役立った知識・必要になった知識」 というテーマでお聞きしました。それではまいります! ...
https://www.wantedly.com/companies/company_4812749/post_articles/204147


ダイナミックプラス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう